La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

STYLE+FIT MEISTER 3色ホルダー(回転式) ブラウン UE3H-1008.21(MITSUBISHI PENCIL)

UE3H-1008 (1)
写り(&調整)が微妙ですが、茶軸です。軸質感はイマイチかな……OHTO的wというか。

メーカーページ

スタフィの回転式3色軸です。基本ボールペンは使わないのですが、シャープリフィルがあるので試したくなる罠。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

uni 0.5 COLOR ME3-605(MITSUBISHI PENCIL)

ME3-605 (1)
フォルダ番号が199になりました。といいつつ、途中結構撮影をサボってるんですよね……

メーカーページ(ニュースリリース)

あれ、やってなかったっけ?
黒と青赤の色芯が選べる、シャープのみ回転式多機能、という珍しいペンです。
一応、色芯は消しで消せるらしい。

てか、新製品の色芯にあわせて出したみたいですね。
一応黒・赤・青と三色あったようです。

つづきを表示

PageTop

DOUBLE R3 ACTION メタリックブルー MWB-800RS#53(PLATINUM)

メーカーページ

MWB-800RS#53 (1) ちょっと短めボディのはずなのですが、プラチナの低価格多機能ペンがほとんど短い件w

プラチナの3機能はR3で統一なのかな?
前にシャープ×3をやりましたが、これは割と最近出た、ショートボディのです。
あ、安いモデルも出てますね。あとR4とか。

つづきを表示

PageTop

シャーボ伸縮タイプ?(ZEBRA)

sharbo-short.jpg 縮めた時は約12cm
sharbo-short (1) 延ばした時は約14cm

シャーボをネットで調べていたら、伸縮するタイプが昔あったという情報を見たのですが、
欲しいのう……と思っていたら、通勤途中の文房具屋であっさり発見。
見つけた時はさすがにびっくりしました。
銀と黒、2本ずつあるし……とりあえず銀だけお持ち帰りしたのですが。

つづきを表示

PageTop

uni ClipturnEV MSE1509CT(MITSUBISHI)

メーカーページにはありませんね。ふぅ。
たしか数年前、国分寺で買ったと思うのですが、昼にふらっと寄ったら見つけてしまって。
Clipturnを持ってたのでどうしようかなとも思ったのですが。
でもシャアレッド(小豆色?)だしなぁ……と購入。
いやしかし、そのスペックは期待を裏切らない物でした。

見た目は割とノーマルのClipturnと同じです。むしろ少し短くて細い。
が、いくつかノーマルにはない特徴があります。
まあ、先端から。

口金は紡錘型。ちょっと段差がありますね。
これは一体でしょうか?内側に少し段差があるみたいですが。
というか、内側見ると判りますが、口金の後ろは表面プラ+ゴムグリップですが、内側は金属になっています。
まあ、これはノーマルのもそうですが。(グリップの裏は、ね)

グリップはノーマルより若干細いかな?
ただ、ノーマルの6本のくぼみはただの筋になっていて、握った感触はあまり太さの差を感じません。
この辺は好みかと思いますが、個人的にはノーマル……とも思ったんだけど、指で転がすとやっぱり太いんですよね。絶対的に。なので一応改良なのかな?

で、外し方ですが、グリップ前後が回転……かと思ったら、そうじゃなくて引っこ抜きですね。
考えてみれば、ストップ無しの回転なので当たり前かも。
それと併せて、ノーマルと違ってロータリー式です。回転も、ペンのロック周りがなめらかになっていて(ノーマルはかなりガチャガチャうるさい)気持ちいいです。持ってるペンの中ではかなりいい方ですね。
(尤も、ロータリー式はあまり持ってませんが)

リフィルはノーマルと同じみたいです。シャープのノック感も相変わらず。
シャープの遊びなのですが、横方向がノーマルよりちょっと悪いですね。金属で音が立ちやすい、だけでもないようです。(これは、ノーマルの出来が良過ぎなのかも)まあ、芯のぶれがちょっと気になります。

重心はほぼ中央。中央リング部の3本溝の一番前辺り。
中央のリングは若干デザインが違うのもありますが、一番の違いは窓がインジケータ機能になっていることです。ノーマルでは、赤い窓が下の0.5-Red-Blackの表示を指示するようになっていますが、こちらは、窓の中に黒、赤、二本黒(シャープ)の表示が出るようになっています。

そして!何をトチ狂ったか、クリップが更に巨大化しています。ここまで来るとBIG1ガムのおまけ状態です。(それはさすがに大げさ)クリップはバネが仕込んであって、しかも金属で縁取りされています。土台の方は、裏に滑り止め(つまむときの)が3本入ってますね。もう至れり尽くせり。
ここがストラップホールにもなりますが、さらに、ノーマルでストラップホールだった場所にカラビナが着いています。もう何でもござれ感ですね。メカメカしいというか、過剰重装備というか。

後ろのキャップは今度こそねじ込み式です。キャップに穴は6個。ただ、ケシは軸が若干細いせいかノーマルより小さいです。

というわけで筆記感ですが……値段が倍の割に重くないんですよね。(というか、測ったらわずかだけど軽いみたい)ボディノックは相変わらずで、結構便利です。ただ、指がちょっと痛くなるので、グリップに横向きに軽く段差があると良かったかなとは思いますが。
まあ、値段が倍で、どことなくなんでこんなに高いんじゃー!って感じですが(表面処理+クリップのグレードアップ+カラビナ、かな?)まあ、確かにかっこよくはあるので(あと、ほんのり省スペース……クリップ以外)財布に余裕があるなら、こっちを選択するのも有りでしょう。まだ、ある場所では普通に売ってるみたいですし。

しかし、ボディノックって……あまり受けなかったのかな?もうちょっとスライドの摩擦が無くなれば結構使い勝手いいのにね。

つづきを表示

PageTop