La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

GLAMOUR(PLATINUM)

おっと、ノーマルのグラマーがあったので。
200円のモデルですね。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

knitknit RUBBER BODY MA8-OR(ZEBRA)

何か探していたら、エスピナコンパチなのがあったので。
てか、同じゼブラですね。
値段は200円でちょっぴり安い。

口金は透明プラになっています。ここが値段差の主要因でしょうか。
回しやすく……じゃ無いと思いますが、縦に筋が入っています。
内部のメカはエスぴなと同じですね。プラの色は違うけど。チャックは金属3分割。

スリーブは固定。金属パイプです。長さは2.5mm。若干エスピナより短いかな。

グリップ、およびボディはニットパターン(かな?)の入った合成樹脂になっています。
滑り止め、としてはちょっとグリップ感が弱いのですが、手触りはそこそこです。
エスピナと違って、ストレートではなくて若干くびれと膨らみがあります。僅かですが。(もしかすると経年変化?)

クリップは透明です。完全透明じゃないですが、エスピナより透明度が高いです。
ケシはちょっと変色してますが白。少しざらざら。キャップは色つきの透明。エスピナより濃いですね。
あ、考えてみれば……両方ともオレンジ買ってますね。

重心は中央やや後ろ。5mmくらい?
ボディ中央の透明リングのほんの少し前です。

使用感ですが……口金の大きさが特徴的ですが、普通の安いシャープですね。
チャックは金属だし、安定感はありますが。
まあ、エスピナのラバーがいまいち、と思う人は交換してみると良いかも。
そんなとこかな。

PageTop

uni α・gel M5507GG1PS(MITSUBISHI PENCIL)

メーカーページ
たぶん、初代のノーマル。
スリムのは0.3でやったかな。
軸が太いとつい「フレフレ?」と思うのですが、ありません。
でも、入ってるバージョンも出ているようで。

口金は弾丸型……ではなくて、途中で傾きが変わってますね。
後ろの部分に、ゴムのリングが入ってますね。
口金がばらしにくい。グリップ後ろをしっかり握って回せばいいみたいです。
チャックリングが二重っぽい変わった構造です。2020っぽいと言うか。
チャックは3分割の金属製。

グリップは、売りのゲル状素材ですね。
触り心地はいいのですが……ちょっと柔らかすぎかな。
まあ、そう思う人が多かったのか、硬めのHDなるものも出てますね。

ボディ後ろは二重構造になっています。透明軸にアルミのカバーが被ってる形。
上の回転防止の突起部分を握って回せば分離します。
アルミのカバーを外して使うのも面白いかも。重さは変わらないと思いますが。

重心は中央やや前。5mmほど。グリップ後ろの銀のリング辺りです。
クリップは無し。後ろの透明リング部に転がり防止の突起があります。これは穴が開いていてストラップホール兼、ですね。
ノック部は透明キャップ。ケシは白で針はありません。

使用感ですが……個人的にはちょっと柔らかいのが、コントロール感が無くて。
あと、ハンドクルトガすると、ぐにに……と動くことがあって違和感を感じることがあります。
まあ、これは強く握った場合の話。
というか、疲れてかなり強く握っても、傷みがないので、長時間殴り書きする際はいいかもしれません。

PageTop

透視カメラ

「服が透けて裸が見える」透視メガネiPhoneアプリ「NUDE IT」(スラド)
まあ、これ……ジョークらしいですが。

でも、顔認識や類似画像検索が大分進化した今近では、もどきで良いなら出来るのも時間の問題ですよね。
勿論……体型の似てる人を検索して重ねるだけですがw
検索時間を考えると、最初はカメラのみ(ビデオは難しい)かな。
あ、ポリゴンの裸素体を重ねても良いのか。これはすでにPS3とかで(あれはお面でしたが)ある技術ですし。

だけど、たとえ嘘ヌードでも、撮られて裸合成されると恥ずかしい感じがするような。
てか、アイコラが犯罪なら、そう言うソフトも犯罪になるのかにゃ?

PageTop

AT-MATIC 0.5 ATS 300(SAKURA)

たまに出てくるサクラのシャープ。
これはオートマチックだからと言うより、廉価シャープの割にいい感じのデザインかな、と購入した覚えが。
廉価とはいえ、まあ……型番から300円くらいなのかな?

口金はプラです。回せば分解できますが……パイプ後部が引っかかりますね。引っ張れば取れそうですが……ちょっと怖いのでパス。もっとも、口金とメカ部も回して分解できそうな気はします。
スリーブは、珍しく普通?のシャープのような、パイプ状のスリーブです。オートマチックではあまり見かけませんよね?斜めにしたときに引っかかりやすいんでしょうか?あるいは、曲がりやすいとか?ちょっと理由が良く解りませんが。

胴体は全部ラバーコーティングされてる感じです。グリップ部分も例に漏れず。
で、円周方向を4分して、2面は平ら(印刷面とかも)、残り2面は縦のストライプ状に溝が掘ってあります。
グリップ感としてはまあ普通。回すときは引っかかりがあるというか、変化があっていい感じでしょうか。

重心はほぼ中央。AT-MATICの-Mの辺りです。
クリップはプラの突起に、針金を細工したものを引っかけてある形状です。
まあ、チープなのですが、デザイン上はいい感じの処理ではないでしょうか。
位置は高めで引っかかりにくいでしょう。(全く当たらないわけではないですが)
まあ、でも、シャツのポケットなどに引っかけるのはちょっと苦しいかもしれませんね。片側ゴムだし、結構針金も硬いですし。(クリップ全体が短いので)

後ろのキャップ内には大型のゴムが仕込んであります。針は無し。

で、書き味ですが、太さは鉛筆並みで、普通に書き方持ち出来ます。握っても特に痛いって事はないですね。
それと、オートマチックですが……結構違和感が少ないです。スリーブの引っかかり感も少ないですし(皆無、出はないですが)ぐらつきも少ないです。うーん……持っているオートマチックの中では一番書き味がいい気がするのですが、なんでこのスリーブは採用されないんでしょうかね?やっぱり強度なのかな……?

まあ、それ除いても、割と好きなデザインのシャープです。もっとも、オートマチックじゃないなら、他にも(ゼブラだったかな?)近いデザインのシャープがあった気もしますけどね。

PageTop