La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たまにはSFネタでも書きますか。
PGだしね。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

かけ算の向きと電流の向きと遠心力

別に専門家でも何でもないので、眉唾……で聞いてくださいね(はぁと

よくかけ算の向きを逆にして×を食らった……って話題になるじゃないですか。
えっと、どっちが正しいの?
逆にしても正解?不正解?
でも、直方体の体積とかさぁ……みたいな。
まあ、数学以上(=中学生以上)の課程に行った人間なら、通常交換則が成立するから、で笑い止め、って感じなのですが。

つづきを表示

PageTop

修羅場の数学

ラノベには修羅場物なんてジャンルもあって(いや、ジャンルとして確立してるのだろうか……)
修羅場って(客観的に)見てると楽しいよね!
いや、ラノベの修羅場は大抵甘修羅であって、本当の修羅場じゃないだろう!
本物の修羅場なら、端で見ていても背中が凍えて、
夏の暑い日の定番は稲川淳二じゃなくて修羅場だよね♪って言えるくらいにならなければダメだろう!
みたいな?

コホン、
そんな修羅場が書ければいいのですが、難しいので、
なら単純に質より量、修羅場が沢山発生できる状況について考えてみましょう。

つづきを表示

PageTop

小型のベビーカーとか

んー、最近、たとえば満員電車でベビーカーとかネタになっていましたが。
(さすがに満員電車じゃ小学生でもどうにもならないと思うのですが)
狭い歩道とか、デパートの狭い売り場とかで鉢合わせたりすると、どう避けた物かとか困っちゃうことはありますよね。
別に避けるのが面倒な訳じゃないのですが、相手の動きが予測できないと避けようがなかったり。
あるいはもうちょっと道とか売り場配置とか何とかならんものかとか。
でも、そもそも……昔からベビーカーって巨大化することはあっても(二人乗りとかw)小型化されませんよね。

つづきを表示

PageTop

人工知能に幾何学は理解できるのか?

んー、何となく漠然と、
コンピュータに数の理解さえさせられれば、数学の理解はそれなりに早く進む、と思っていたのですが。
ふと、幾何学って理解できるのだろうか、と思ったわけです。

まあ、自分が数学は途中でリタイアしちゃってる人間なので、幾何学の造詣が深いわけでも何でもないわけですが、
それでも、かじるくらいには理解してるつもり……な気分にはなってるわけですw(ずいぶん弱気)

で、あるいはだからかも知れませんが、三平方の定理って代数的に証明できたっけ?と悩んでしまったわけです。
たぶん、幾何学を扱うなら、平面を定義できないと話にならないような。
しかし、コンピュータに「平面」は理解できるのでしょうか。

まあ、公理を与えて、これが成立するのが幾何学だ、って話から進めてしまえば、コンピュータに推論は
させられると思うのです。でも、それってそのまま「中国人の部屋」でしょう。
私たちは、たとえば平行線は交わらないのは、そういう公理(公準)だから、ではなくて、作図したりして、
感覚的に納得できる法則に、裏付けをとってきたはずなのです。

すると、コンピュータに平面を理解させるにはどうすればいいのか。
データで表現される「平面」は、それこそ、球面だろうがドーナツ面だろうが、無矛盾で推論できてしまうはず。それらの非合理性は「彼」の中に存在しないはずなのです。

結局、我々と同じ視覚、あるいはそれこそ触覚、いや、もしかすると移動手段を持って初めて、平面や空間の
理解を得られるのかも知れない。
そう考えると、コンピュータに幾何学を教えるというのは、ソフトウェアをがんばれば何とかなるレベルではないのかも知れません。

って考えて、それって、化学の原子にも同じ事がいえるよな……と推し進めていくと、実は中学生くらいの学問の理解力をコンピュータに与えるのは、どの教科に限ってもものすごく難しいことなのかも知れない。
あるいは、簡単に理解できそうに見える数字一つとっても……

そう思うと、軽く絶望できた、ある夏の一日なのでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。