La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

vista使ってて思うこと

vista使ってて思うのですが。(愚痴ばっかで済みません)

最近のOS(xp以降)ってハードディスク回しっぱなしですよね。
ちょっとファイルの追加・変更するとindexが裏で作りに行くし、ウイルススキャンは検索に来るし、他にもなにやらいろいろ……
ウイルスが悪さしてもなかなか見つけられない気がする、と言うのもありますし、ノートのバッテリ寿命が縮むのもあるし、ハードディスクの寿命も縮む罠、とか……なんか解せない物があったり。

それと、これは日本語環境限定ですが、IMEがディスクに行こうとするとバッティングするのでストレスを感じるとか。どんなに優先順位を下げて……とか言ったって、ディスク回す時点でやっぱりメインスレッドの足を引っ張るわけです。(メモリ触ってる時点でアウト、って噂もありますが)
あ、こういうのって英語環境だとあんまり感じないんですかね?IME関係ないし。もしかして日本と中国限定の悩み?

でも、たとえばVisualStudioでプログラム組んでるプログラマはInteliSence(だっけ?インラインのヘルプ)が引っかかってウキーとか。
何というか、最近のマイクロソフトの努力ってこう……思い処理を軽くしました!と売りにして、他の軽かった処理が足を引っ張られてるイメージがあるんですが、気のせいですかね?なんか力の入れ方を間違ってるというか……いや、設定でとか判るんですが、でも完全に切るの難しいよね→index(てか昔のindexと違ってとか、訳わかんない感じです)

そうそう、重くなったと言えば、VisualStudioのヘルプ、年々重くなるよね。てか、2003以降?なんであんなになっちゃったんだろ?そりゃ多機能って言うのは判るんだけど、単語1つ検索するだけで前の数倍時間がかかる(マシンが速くなってもあまり改善しない)んじゃ使えないって。てか、Google使った方が早いって言うの、どういう事だろ?(内容に因るけど)なんか気が滅入ってきます。こんなことだからデスクトップアプリよりWebアプリがいいって言われちゃうんだろうなぁ。

最後にもういっちょ。今日もOSのアップデートがあったのですが、このアップデートで時々タスクバーの通知領域のシステムアイコンが消えることがあるのですが。てか、設定し直そうと思ってもグレーになってるし。ノートの場合、無線LANがころころ変わったり、サウンドのONOFFしたかったりで困るんだけど。んー、こっちは使わないでランチャ使えって感じですかね?なんか相変わらず信用できないOSな訳でした。

スポンサーサイト

PageTop

タッチペン

ちょっと秋葉のヨドバシ行って、タッチペン+シャーペン+ボールペン2つ入りのマルチペンがあったので買ってみた。
サンワサプライのPDA-PEN11BKってやつだけど。
まあ、ネタで買ったんですが……これが結構いい書き味。
というか、LooxPって入力に力がいる割に、力を入れるとするする滑るんですよね。で、今までは付属……のは嫌で、コクヨのclicktouch(PK-T500D)を使ってたんですが、太さはいいんだけど、するする滑るので、クリックはいいんだけど、手書き入力は凄く疲れる。

で、いい感じ……と思っていたんですが、考えてみると、書く時に抵抗があって、ちょっと音がする……ので見てみたら、結構傷が付いてたり。
これは保護シートを消耗品と考えないと使えないかも。でも抵抗感がある方が書き味がいい、っていうのは結局シートかペン先が減るって事なんですよね。でなければ抵抗がない=するする、なわけで。

あと、ワコムのフェルトのペン先とか試したこともあるんだけど、書いたときの抵抗感はいいんだけど、ちょっともちっとした感じなのと、書いててペン先が減ってく感じがするんだよね。シートとペン先、どっちが大事かというと……うーん、実は金額で言うといい勝負のような……

それと、若松通商でThumbType買ってみた。まあ、LooxPにはキーボードあるし、本当はVAIOtypeUでヤル遊びなんだろうけど、これなら指タッチで入力できるソフトウェアキーボード作れるかな?と。でも、実際貼ってみると……親指で打つには小さいような(本当にアメリカの人は打てるのか?これ)それに力もいるような……(これはLooxPのせいだけど)結局人差し指で使うことになりそうな。使い物になるかなぁ……

PageTop

ひどいよvistaさん

DOSのころからツールの背景は透過させるのが趣味な訳で、普段Dynaというファイラーを愛用しているのですが、これがVista入りのLooxPでは調子が悪いのです。
て言うのも別にツールが悪いわけではなくて、Aero+縦画面という劣悪環境のなせる技なのですが。

てか、MicrosoftってタブレットPCまじめに普及させる気あるんですかね?現状縦画面をストレス無く実現するビデオカードを見たこと無いんですけど。(あー、Xabreとかサポート予定じゃなかったっけ?出たのかな?)

それはさておき、まあ……何とかならんもんかな、と思うのですが、ファイラーって結構種類があっても単純に「2画面インターフェイス」「背景透過」ってだけで選択しないんですよね。ほとんど。
で、仕方ないから実験で作ってみようかな……と思ったんですが。

まあ、Vistaって画面周りの仕様が変わってて、やっちゃった感ありまくりなのですが。と言うか、とりあえずXP+Vistaオンリーで攻めようと思ったんですが、(使ってる環境はこれだけなので。あ、xpはx64含む)画面周りは以下のアプローチがあるんですよね……
1)DirectX10→xpで動かない。
2)DirectX9→他アプリとの相性が怖い。縦画面化するとパフォーマンスが落ちやすい気がする。VistaではサーフェイスがGDI?と共用ですぐメモリサーフェイスになる。
3)GDI→今更感がする。半透明処理はとても苦手。
4)GDI+→半透明は出来るけど、GDIに比べて足かせが増える気がするし、基本的にGDIより重いらしい。(そうでもない?)というか、実は使ってないのでよくわからない。
5)WPF→まだあんまり調べてないけど、なんか物騒。というかxp。
何が頭が痛いのかというと、「Win98で重くなる、動かない」ならまだしも、「xpと共用できるいい環境」が無い気がするのですが……

まあ、当たり前というか、そもそもVistaは「基本」バックバッファにメモリ転送でゴリ書き……なアーキテクチャなわけで……これじゃ、ノートのバッテリも縮むって。(ノートでAero使うなと言われればそれまでですが)

ただでさえ、今までさんざん互換性とか何やらで頭を抱えていたのですが(たとえばゲームエンジンはGDI+DirectDraw+Direct3Dの切り替え実行とかやっていたし、色数サポートもまじめに書いていた。最近やめたけど)それがここに来てさらに+2されてるわけで。●ね、ゲイツな気分です。(世界でもっともこういう呪詛をはかれた歴史上の人物に、彼は絶対ノミネートされるね、きっと)

なにやら長くなってしまいましたが、あ、最後に。
いろいろ調べてて、Vistaの拡大鏡はベクタデータを拡大するので凄い、って話があってやってみたら……固まるんですけど。うーん、使えるOS作ろうよ、ゲイツ……
なんか、昔は軽快だったNT3.5が見るも無惨って感じ……(割り込みも止まりまくりだし)

PageTop

一番重要?な数学

なんか風呂入ってて思った事。

まあ、理数離れが叫ばれて久しいですが、
よく言われるのは「学校で習う数学(てか全般?)はあまり実生活に役立たない」って事だったり。

因数分解が日常生活の何に役立つんだー!とかネタにされてますが、それって単純に役立てる場面が分かってないだけだったり。
じゃあ、何に?と言われても答えに窮してしまいますが、でも因数分解は「そこら中で支えるネタ」だから困る……とも思うわけです。簡単な例なら速算術とかはその辺使ってるし。

それはおいておいて、では中学高校で習う数学で一番重要(役に立つ)なのって?と考えてみると……
実は確率(+統計)ではないかなって思ったりします。まあ、事務職に役立ちそうだぜ!ってのもありますが、もっと単純に
>たとえば株に強くなりそうだし(自分はやりませんが)
>たとえば競馬に強くなりそうだし(自分は(ry)
>たとえばパチンコに(自分は(ry)
……
>たとえば人間関係に……
とと、人間関係は確率なのだろうか?実は、私たちのしでかしてる事柄、ほとんどは確率だと思うのです。人間関係が潤滑に行く、ダメになる、それをフォローする……それらは確率で、もちろん数字では計算出来ませんが、でもどんな事ならフォロー出来て、どんな事なら(がんばらないと、あるいはがんばっても)ダメになる……それって感覚的に確率で把握出来るのかな、と。
あ、最近なら原発事故がありますね。この世に「絶対」はない。じゃあ、その「わずかな危険性」は「十分安全」なのか「十分危険」なのか……確率の感覚が無いと「0」と言わない限り危険だと判断するわけです。(まあ、立地条件とか……それ以前にいろいろ難しい問題がありますけど)

で、確率を感覚的に把握していれば、賭け事の勝ち負け、その引き際さえ感覚的に把握出来るかもしれない。そうすれば、目先の快楽で大金をすったりしなくなるわけです。(経験則じゃないですよ?)ま、こんなの一例だけど、日常生活ですべてそういう感覚が身に付いてたら……なんか違うモノが見えてくる気もするし、周囲の人全員が出来たらそれはそれで世界が変わる気もするし。
(そもそも、賭博が成立しないかも。あ……税源が一つ減りますね)

なんて事書きながら思うに、自分は数学が好き(だった?)クチなのですが、実は数学の中で一番苦手(いや、キライ)だったのが確率だったりするんですよね。うーん。(だって、なんかスッキリしないじゃん)
さらに言うと、仕事(プログラマー)で役立っている数学の知識って三角関数と行列なんだけど……こいつらは二番目、三番目にキライでしたね。
世の中うまくいかないモノです。

PageTop

ジョイパッド

前にちょろっと書いたのですが、BGC-UAM801ってパッドを使ってみているのですが。でも細かいところで(マウス代わりに使うには)いろいろいまいちなところがあるんですよね。
>アナログスティックの外側の遊びが大きい(すぐレベルが振り切ってしまう)
>ケーブルがちょっと邪魔(収納できるのはいいけど、リールがちょっとね)細くて短いケーブルあるといいんだけど。
と、あんまり関係ないけど分解してみてびっくりしたのは……げ、モーター入ってる!振動対応だったのか!(マニュアル嫁よ)
でも、気づかないのには理由があって、動かないんですよ。コンパネでテストしても。でも、モーター取り出して手でぐりぐり動かしてたら動くようになりました。うーん、何だかな。
ついでに?アナログのスティックのパーツをはずして、トラックポイントのキャップ入れてみました。(LOOXSのかな?ま、KOOXPのでも同じはず)なんか……いい感じかも。つまんで動かせるので微調整できそうだし。

PageTop

仮想環境を判定するプログラム

今日は精神的に疲れているので、ちょっと「ぱ系」な話を。

プロテクトとかだと、たまに「仮想環境」をはじくチェックルーチンというモノが存在します。たとえば、仮想CDを弾くとか。仮想PCの判定となるとプロテクトだけでなく動作環境の判定(サポートの可否ですね)でされることもあるかもしれません。

しかし、「仮想環境」と言うモノは厳密に判定できるのでしょうか?CDは「早すぎる」のを判定しますが、これはキャッシュに入るとアウトですし(キャッシュをOFFに出来ないと判定できない)CPUは逆に通常遅くなります。

というか、そもそも「仮想環境」ってなんなんでしょう?たとえばPentium2以降は内部にμOPを持っていて、RISC的に実行するわけです。広義に言うCISCの仮想環境になってしまいます。

と言うわけで、「仮想環境」が厳密に定義できない以上、それを判別するプログラムは作れそうにないのですが、それでも論理的にそれを作れないか夢想してしまうのです。なぜなら……「現実世界」でそれを実行して、この世界が「仮想環境」と判別されたら……きっと宗教を信じる気になれるでしょうから。(何教が正解なのかはよくわかりませんが)

PageTop

VistaとDirectX

で、LooxPをVistaのままで使っているのですが、ちょっと困ったのが自作のテキストエディタ。
これが常識はずれにDirectDraw(7)を使っているのですが、Aeroだと重くて……さらに、縦画面にすると二重苦で、LooxSの環境に負ける勢いだったり。素直にデスクトップ環境(64X2の4400+)に戻ればいいのですが、なんというか……それなりに使えてるので、テキスト打ちもここでしたいなと。Aero切るのは却下。(Vistaやせ我慢して使ってる恩恵の大半な気がする)

まあ、ちまたの解説によると、一応DirectXは直接blitしているらしいのですが、やっぱり重くなるのはDrawというか7インターフェースのせいですかね?
と言うことでとりあえず(面倒なので)GDIに変更したら、少し軽くなりました。でもなぁ……レート3025程度しか出ないんじゃいやーん。(@1200x1600)(8/7追記:さすがに30は出てませんでした。ハハ……)
Direct3D9使えば早くなるかなぁ?(DirectX10はxpで使えなくなるからヤダ)GDIでも、工夫の余地があるのですが、あまり手を入れるとDirectDrawと完全に処理系統が別になるのでメンテを考えるといやなのです。

おまけ:スムーススクロール実現したテキストエディタってあまり無いですよね?DOSの時代には98,68,TOWNSすべて出来のいいテキストエディタ、ビューアがあったモノですが。あと壁紙機能とか。(これはたまにあったかな?)Windowsになって退化した分野の一つですな。

PageTop

vistaのこととか

ちょっと酔ってるので今日は辛口。

ま、LooxPにVistaが入ってきたので……というか諸般の都合もあってそのまま使っているのですが。
世間の評判ではVistaは重いって事でびくびくしてたんですが……思ったほど重くないですよ。ええ。
まあ、xpとあまり体感変わらない重さって感じで使えてます。まあ、メモリが一応1GB入っているからですかね。
……重さは。

えっと、まあ……常々Windows使ってると思うところはあるわけですが、なんて言うんだろ、ちょっとまずいでしょ、Vistaは。
変なところで重いって言うか……まあ、インデックスサービスでいろいろしているのは解るんですが、たとえば、セットアップとかでプログラムを起動すると妙に反応が遅くて、しかもその上ダイアログがウィンドウの後ろに出ててとか。この手の不具合いつになったら直るんだろ。(まあ、アプリのせいも少しありますが……仕様ころころ変えてるからなあ)
それに、エクスプローラいじってて思ったんですが、カーソルキーでスクロールして(手を)止めると、マウスカーソルのところにバルーンが出るんですよ。で、キャレット(?)がそっち行っちゃって……なんか凄いストレスたまるし。
あとは、ファイルのコピー。UACがらみでコピー禁止はまあ譲るとして、未対応のアプリとかでコピーや展開をすると何も言わずに(エラーを出さずに)終了したり。いや……アプリでエラー出すべきとか解るけど、それじゃ互換性の意味無いじゃんというか。
何が言いたいのかというと、OSなのにユーザーの言うこと無視してどうするんじゃと。ユーザーのすることが聞けない(セキュリティーに問題あるからetcで)というのは解るけど、適切なレスポンスを返さないのはOSの意味無いでしょ。この辺はもうMS-DOSから退化の一途かもしれない。(とわざと大げさに言ってみる)

ふぅ。まあ、要するに重さ以前に変なところでストレスたまりまくりなOSだな、と。もう、いつかWindowsが破綻するんだろうけど、でもこれにいつまで付き合うことになるんだろう。

おっと、一つ追加。デバイスドライバっていつまで変更入れるんだろうね?やっぱりバージョンアップごとに毎回?これもちゃんと古い機械使えれば地球環境に優しいのにね。(とイヤミたっぷりに言ってみる。てか、使えなくなったハードが二つほど……T_T)

って、実は今日はこれを書きたかった訳じゃなかったけど、長くなったからこれでおしまい。

ふぅ。ちょっとふらふら♪

PageTop