La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

ボスケテ

検索ネタは前にも書いた気がするけど、余りに許せないので再掲。

てか、SDカードにセーブしてたフォルダがいきなり消えまして。ちょっと真っ青。
ウイルス?あるいはウイルスバスターのせい!?w
でまあ、偶然2日ほど前にばっかっぷ取ってたのでまあ、ちょい泣きくらいで済んだのですが。
よくありがちなのは「エクスプローラでうっかりどこかに移動した」なので検索しようと思ったのです。
はい。

しかし、未だに検索の使い方が解らん。
たとえば"1.txt"を検索するとしてだ。
普通に入れるとあんまり関係ないファイルがずらずらでる。
絞り込みとかあルってったってねぇ……
で、調べてみると。
>最初にでてる枠は名前、内容何でもこい
 高度な検索にしても、その説明(てかタイトル)は出てこないので何が何だか。
>高度な検索の「名前」はファイル名みたい。
 でも、勝手にワイルドカードが付くので"1.txt"なら"~1.txt"も"1~.txt"もヒットする。
 たとえ""でくくっても。
……なんじゃこりゃ~~~~~!!
神様、僕は金の斧も銀の斧も要らないんです。
だから、普通の斧を返してください。

……しかし、一介のOSがユーザーに使用法を押しつけるようになるとは、
ゲイツも良い身分になったよな。(だから、ゲイツは会社を(ry

あと言わせてもらうけど、「タグ」とか「作成者」ってファイルがVistaマシンで完結してないと機能しないよね?(たとえばFAT使ってるSDカードとかさ)
新規ユーザーにこび売ってるのは解るんだけど、色々問題起きない?

スポンサーサイト

PageTop

hddのプラッタ

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20080830/etc_hgst.html

ふと思うんだけど、容量がプラッタの1/2とか2/3くらいのとかどうなってんだろう?
いや、1/2のとかは片面なのか?
でも、中途のサイズのって……

プラッタ使い切ってないのって、消費電力(ほぼモーター出力?プラッタ枚数で違うみたいなので)当たりのパフォーマンスで言うと無駄遣いだよね。(容量小さい方が)
最近はやりのCO2削減量で言うとマイナス効果ですかね。あはは。
でも、容量が小さいと、それだけヘッドの移動量が少ないので、シークが早いことになるんだろうか。

結局、こういうのって2.5インチとか1.8インチのプラッタで作った方が効率は良いんだろうけど、生産コストを考えるとそうもいかないんでしょうね。

PageTop

ジャーナリズム?

なんかちょっといろいろ。
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/60769/diary.html

・ジャーナリズムって受け手があって成立するものかと。
 受け手が信用するしないはかってですが、でも、送り手がそれを気にして下手に出たらたぶんそれはジャーナリズムじゃないよね?
 もっとも、最近のマスコミ関連はそれ以前だけど。てか、こんな環境下でジャーナリズムって生き延びれるぬ?
・てか、人間性って?
 こういう話になると人間性がうんぬんって良くなるけど、果たしてそれって成立するの?
 行ってみ?現地に。(いや、自分もそういう経験はしたこと無いけどさ)

てか、ジャーナリストってある意味公人だよね。
政治家が人間性で……なんて言い始めたら、地元振興バンジャイになっちゃうのと同じで。

PageTop

ポインタの回避の仕方

ちょっとはまってたのがrubyにはポインタ(リファレンス)がないってこと。
ま、当たり前って言えば当たり前なんだろうけど。

何ではまったのかというと……説明しにくいのですが、たとえば
>スタックに値を積む
>変数だったら<変数名,実体>のペアだけど、実体のみ積む
 (実体は通常配列かプロシージャ)
>スタックに積んだ値に操作して、元の値を変更したい
って感じの処理をしたくて。rubyの場合、
>スタックに積んだ値が整数以外なら破壊操作できる(<<とか!系)
>でも、上書きは出来ない
(この辺はちょっと中途半端)
で、なんでポインタが欲しくなるのかというと
>スタックに参照積んでおけばいいじゃーん
って発想になるんですな。C(++)な人間だと。

結局……こういう場合は多態型用のクラスを一つ作っておけ、というのが解決だったわけで。
なんでしなかったのかというと……まだclass型の書き方をお勉強してなかったんですな。
あはは。
いや、なんか説明見てると結構C++と勝手が違いそうで手を出しあぐねたというか、その……


いや、何が言いたかったのかというと、言語とか乗り換える時のはまるパターンってこんな感じなのかな、と。
前の言語と全く同じ機能はない。でも代わりになりそうな機能はある。だけど、全く同じ動作はしないからこう……妙に不安が残るというか。(上の場合、機構としてはポインタの方がシンプルなわけで)
まあ、でも代替の機能ですっきり書けるので、よく考えられてる……って感じなのかな。

PageTop

rubyでforthもどき

を書いてみようかな~とかふと思って。
だって、なんか楽に書けそうじゃん。

と思ったら、案の定、楽に書けるわ。なんかぬるぬる書ける。
気持ち悪いくらい。
だって、文法ろくに読んでないのに。
ま、おかげでエラー出しまくるけど。

てか、前にもちょっと触ろうと思ったんだけど、なんか手につかなかったんだよね。
何か書けないかな?的に触るととっかかる場所がないのと、
逆引きを見つけたからかな?これは便利だわ。
まあ、最近の言語は大抵の処理を楽に書けるので、たとえば「すべての要素を××して……」とか書くときに、「メソッドが解らないから手書きでGo!」って気分にならないんだよね。(それでいいんだけど)
でも、そのメソッドを探せないとやっぱり億劫になっちゃう。
横着するな、ってだけだけど……まあ、ちょっとした暇に始めようとするとどうしても萎えるんだよね。

あー、しかしやっぱりモダンな言語にも触れとかないとダメだね。
まあ、お仕事ではあまり使う機会無いから……って訳でもないか。反省。

て、forthはまだ「スタック積んで実行」までしか書いてないんだよね。(……)
関数定義どうしようかな~。

PageTop

うちの91UBK

たまには画像を貼りつつ。
別に新しく買った訳じゃないけど。

91ubk

なんか、まあshiftの下にキーがあるのがイヤで(98だって68だって無かったじゃん!)ちぇすとぁ!と引っこ抜いたのですが。
昔ALPS系のキーボードでもやったことがありますが、東プレはハンダレスで出来ていいね。
現状黒テープでふさいでますが、蓋でも作るか。
てか、押すと反応したり。バネ入ってるんで。

あ、そうそう。今まで試そうとしてやったこと無かったんですが、ディップスイッチのパターン、短絡するとちゃんと機能するんですね。(どうも、一旦USBを外す必要があるっぽいケド)
で、ホチキスのハリ入れてあります。やー、手頃な短絡機材が無くて。
ホチキスのハリは導通するので、昔ポケコン使ってた頃はACをそれ使って繋いでた記憶があるなぁ。(……)
まあ、注意しないと基板に傷がつくので。てか、ちゃんとスイッチかジャンパでも買ってこないと。

てな訳で、上みたいな状態(CapsはCtrl化してありますよ)が一つの個人的理想な配列だったり。
……(無)変換とカタカナは使ってないけど、別にスペース短くても許せる人なので。

PageTop

感情変化速度

コレで良いのか?→ジャンル
は置いておいて。

前に、シナリオ書いてて思ったことなのですが。
まあ、プロット切り慣れてないと(今だに慣れませんが)シナリオ書いている途中でキャラが思い通りに動かないことがまま出てくるわけです。
「なんで?」と考えて、ふと思いついたのが、要するにコレ。
プロットでは、結構因果だけ考えていて、その経過時間を忘れてしまうのですが、要するにキャラの感情がコロコロ変わってしまっては説得力が無くなるわけです。

で、思ったのが……感情の変化速度を観察するとおもしろい結果が出ないかな?と。
感情の定量化っていろいろ考えられてる気もするのですが、でも測るのは難しいですよね?
だけど、変化時間なら、結構計れる気もするのですが。
激しい感情は、沈静化するのに時間が掛かるとか、
「悲しみ→怒り」の時間と「悲しみ→沈静化」の時間を比較してみるとか。
とは言え、大体大人になると感情制御がうまくなっちゃうからなぁ……気持ちを切り替えて忘れちゃうとか。(あ、忘れっぽくなっただけかorz)

と言いつつ、今まで自分で実験したか……というと、やってないんだよね。
過去の経験を紐解けばいろいろ解りそうなものですが、でも感情があるときって体感時間も変化するし。
と言う前に、最近は感情変化の少ないダルな生活送ってる気がするなぁ……あはは。

PageTop

ロト6の確率論

なんかふと気になって調べてみたんですが……
なんかロト6ってすごいルールですな。
>1~43(!)の数字を6つ
>6つ当たれば一等(1億円!)、5つ+ボーナス数字で二等、5つで三等……
う~ん、これどうなんだろう。
一等は(43×42×41×40×39×38)÷6!で……あ、面倒
まあ、要するにすごく気が遠くなるな、と。
実際はもっと下のが当たればもうけなんだからどうでもいいんだろうけど……
個人的には(優柔不断なので)43から選べ!と言われたら頭を抱えてしまいます。

で、ふと思うわけです。
これって、競馬と比べて、どっちが「やる気になる」博打なんでしょう?
単純に考えて競馬の場合
>馬のコンディション、騎手のコンディション、(あと八百長?)が読めるデータがあると有利そう
>枠は8つ
>倍率が高いのを望むなら、順序を当てないとダメ
ロトの場合は
>相手は数字。機械で決定(実際の決定方法は知らないけど、「質の良い乱数」で決めてる限りアルゴリズムを気にするだけ無駄)逆に言うと、情報の優劣では決定しない
>枠は43。無茶言うな。
>ただ、順不同。
客の心理はどうなんだろう?情報が読めさえすれば当たりそうな気がする競馬の方が手応えがあるのだろうか?それとも機械と自分だけで結果が決まる(ハズ)のロトの方がやりがいがあるのだろうか?
と考えると、こういうルールを決める人というのもなかなかクレバーだなぁ、と思います。

しかし、どちらにせよ、言うまでもなく胴元は絶対儲かるわけです。
と言うと、客は絶対勝てない印象を持ちますが、そんなことはないです。勝つ人がいる、のは負ける客がいるから、と言うだけのことです。
でも、競馬の場合はそれが簡潔に解りますが(情報強者と弱者)、ロトの場合はそれがないわけですよね?う~ん。

でもでも、それはあくまで「機械的な、理想乱数の場合」と言う前提でです。
もし、その乱数にある程度の規則性があるなら、もちろん競馬と同じ前提が成立します。
まあ、必勝法、とやらも意味を持つでしょう。

でもでもでも(ぉ~ぃ)逆に言えば、「必勝法がない」のに「必勝法が出てる」ほうが、客は増えるかもしれません。う~ん、裏の裏の裏を読まされてる気持ち。

しかし、こう考えていくと、人間って浅ましいと思いますよね。
……いや、博打をする人がじゃなくて。
人間は感情があるから、「もうけたい」と思うのは自然だし、勝手だと思うのです。(対価払ってるし)
問題なのは、その胴元が国とか銀行とか……まあ、機関だと言うことです。
手を変え品を変え、博打をさせると言うことは、まあ……一種の霊感商法じゃないですか。(数字にすれば、大して変わらない構造なのだし……掛け率が違うか!?)
それをまあ……こう色々考えて税収や利益に変換するのだから。なんというか。と思ったり。

いや、カジノに税金掛けてると思えばそのままなんだけど……
でも、カジノはダメで、でも、こういう賭け事は胴元が↑でやってるわけで。
まあ、所得税を上げるよりは反感少ないのかもしれないけどさ。

PageTop

仮想水って?

ニュース系のネタ見てるとたまに見かける仮想水。
なんかプログラマとしては妙にわくわく?する単語なのですが。
でも、いったいコレって何なのでしょう?

大抵、簡単な説明を付けてくれてるところの話を総括すると、
「農産・畜産物には生産に大量の水が使われているので、それ(農畜産物)を大量に輸入してる日本はまずいから、輸入(消費)を抑えよう!」となるのですが。
でも、これって……それで解決する問題なの?

正攻法で考えると「現地の灌漑に協力する」のが解決策になりそうな気もするのですが……
というか、そもそも、ここで取り上げているのは「(現状)消費できる水の量に上限があること」なんですよね。
ま、だから輸入、輸出がまずい……という前に水を無駄遣いする産業を止めろ、と言う話になって来ると思うのですが。

でも、そうすると、今その産業で生計を立ててる人はどうするのでしょう?
というか、たとえば単純に(たとえば日本が)輸入をストップしたとすれば、その人達は食いっぱぐれてしまいます。(他の国に輸出すれば問題が解決する訳じゃないよね?)

て事を考えていくと、結局この問題は産業用水と農畜産物(あるいは水を大量に消費する工業品)の値段を上げる形でしか解決しない気がしますが、どうなんでしょうね。

あ……ふと気付いたけど、単純に水が余ってる場所がある(ので、農畜産をそっちに移動しろ)って話なのかな?
だとしたら、単純に(輸出入じゃなくて)水量にあわせた農畜産物のノルマを課すって話になりますな。

ただ、日本の場合、農畜産は人件費で価格が高く付くし、輸入品の圧力止めていった面があるわけで。(作っても売れないから)……あれ?じゃ、どうしろと?輸入しなかったら怒られるじゃん。(隣の大きいお国に)
う~ん、ややこしい。

PageTop

アニメの表現

押井守監督が語る、「『うる星やつら』の友人関係」

ネタが孫引きな気がするけどそれはともかく。
んー、まあ確かにアニメで書かれる人間関係は薄っぺらいね、とは思うけど。
でも、それ以前に……それってデフォルメととれない?と言う気もしますが。
だって、ヒロインの鼻の穴が無くてリアリティがない!と言ってるのと同じで、
結局、書きたくない部分を書いてないだけでしょ?とかね。

昔、雑誌で「エロゲのヒロインにはなぜ××の穴が書いてないんだ!」と書いてたエッセイがあって
苦笑いした記憶とか。

まあ、でも心配する向きも解らなくもないです。
最近のアニメで言えば……ストライクウィッチーズとか、その……そういう展開でいいんかい!とかね。(おパンツネタじゃないよ)
アニメはやっぱり、長さが決まっていて、中略してしまいがち、と言うのも解るのです。
でも、やっぱり……結論(≒お約束)ありきで話が進んでしまったりとか。どうなのかなぁ……
いや、まぁ……ね。だから、k社さんとしてはその前にフィギュア売りたいって言うのは解るけどさ。
あはは。

あー、昔のk社は良かった……(とM2ユーザー語る)
あれ、話それた。まあ、いいや。

PageTop

いきなり起動しますと言われても

さっき、いきなり画面が暗転して
「uninst000.exeを実行します」
とか言われたわけですが。
ええ、どうしてくれよう。

と言っても心当たりがないわけではないのです。
一応ウイルスバスター入れ替えるからとか言われてはいたので。(ネットワークインスコ)
でも、それ昨日の話だし。今日、しかも起動してもう5~6時間。
しかも担当者外出中。
なじぇ、このタイミング?
と躊躇してたらエラーオチ。
ま、タイムアウト→エラー処理失敗のコンボ?

まあ、ゲイツ君としては(もうやめてるって)説明義務を果たしたつもりなのかも知れませんが。
でも、uninst000と言われても何をするのか(ま、この場合はアンインストールとまでは解りますが)
解らないわけです。困っちゃうよねぇ。ええ。
だからといって、無条件で勝手に削除がまずいというのもわかるのですが……
どうなのかなぁ、この仕様。

いろいろVistaってやっちゃってる感がするのですが、次のバージョンではどうなるのでしょう?
もっと対策強化してアプリの互換性をなくすのでしょうか?
それとも、緩くする?でも、それはそれで仕様変更で、またいろいろ動かないアプリが……
Windowsの唯一?の強みは互換性だったわけですが、
DirectXはあーだし、セキュリティ関係も微妙な感じがするし……
どうなるんでしょうかね。


PageTop

文系理系の定義

時々見かける話で、文系人間とか理系人間とか。
いや、経済学は本当は理系だろとか。

個人的には生物は文系だろとか思ったり。
だって、あんな暗記だらけの物、テスト勉強が大変じゃん。
と言うわけで自分的感覚で言うと「暗記物=文系」なのですが。

まあ、そんないい加減な定義じゃなくまじめに考えると。
普通なら、「数字が絡むかどうか」で定義とするのでしょう。
経済だって数字でなんぼな分けですし。
でも、「生物学」とかは割と数字に疎遠です。(「割と」ですが)
逆に歴史は割と数字が物を言います。
年号が……だけじゃなくて、戦争の時の兵士の数とか、ピラミッドを建てた人間の延べ数とか。
だから、数の有無が明瞭な線引きにはならない気がします。

そこで考えたのが、「人間が絡むかどうか」、と言うのはどうでしょう?
数学や物理、化学は人間がほとんど出てきません。
生物では、多数いる生物の種のほんの一つとして登場するだけです。
逆に文系の学問はほとんどが人間が主役、あるいは人間ならではの思考を扱います。

と考えるとすっきり割り切れる気がするのですがどうでしょう。
でも、この場合経済学はどっちなんでしょうね。
地球上で経済を営むのは(たぶん)人間だけですが、でも、それ言ったら数学も、ですし。
まあ、それでも一応文系の判定になるのかな?

PageTop

Street View

何か凄いっすね。GoogleのStreetView。
いやー、会社から家まで、ちゃんとカバーされてますよ。
昔この手のって、QuickTimeVR(だっけ?)で見た頃はあまり感心しなかったけど。

てか、これ……画像データどれくらい持ってるんだろ?
と言うかそもそも、これを収拾する人もご苦労様、って感じですな。

なんだけど……ふと。
これってかなりまずいんじゃないかなぁ……
画像精度が高すぎで。
あんまり良くない方面に応用できちゃうでしょ?
顔とかのプライバシー以前の問題で、
少なくとも……民家の窓の配置はぼかすなりなんなりしないと。
とは言え、その気になればこの程度の情報は(近くにいる人間なら)収拾できるわけで。
結局杞憂というか、それに合わせて対策を立てるしかないのかも。

まあ、救いなのは(おそらく)情報更新頻度があまり高くないことですかね。
会社近くの無くなってしまったコンビニを見つけた時はちょっと切なかったり。

あー、瓦とかペンキ塗り替え業者はセールスしやすくなるのかな?と思ってみたり。
あはは。

PageTop

雷が激しい膿

自分は宗教はあまり信じない方ですが。

というか、宗教的な物って「科学ですべて説明できる」と否定されがちですが。
でも、それってもしかすると
CPUの加算命令はまやかしだ。あんな物はnandとnorですべて説明できる!
と言ってるのと同じ事なのでしょうか。

この世の物は、すべて細かく分解していくことで、「同じようなもの」に収束して、同じように説明できる。
そんな感じで科学は発達してきたわけですが(だから大統一理論、とかなるんでしょうが)
この世界はもっと単純に把握するべきなのかな、と。

エジソンが「1+1はなぜ2なんだ?」と聞いたからと言って集合論を持ち出したりするまでもなく、
単純に1+1=2だし、
相対性理論で同時性が……と言うまでもなく、体感時間はぐにゃぐにゃなんだから、まあ時間というのは生ものだわな、とか。

ま、要するに雷が鳴るって事は神様がお怒りなんでしょうかね。

PageTop

DirectXSetupGetVersionとvs2008

うーん……
自作のゲームシステムを2008で再コンパイルしようとすると、なぜかDirectXが6に判定される……
なじぇだ?

たぶん宣言ミスとかはないと思うんだけど……
PlatformSDKかDirectXSDKかDsetup.dllが古いから、だろうか?
でもなぁ……2005とほぼ同じ条件でコンパイルされてると思うんだけど。

それと、DirectXSDKは最新版入れちゃうといろいろ問題ありそうでやなんだよね。
(ユーザーに最新版をインスコさせないと動かなかったり……遅延ロードとかで回避できるのかな?)

さて、どうしたものか。
単なるケアレスミスなら良いんだけど。

いっそバージョンチェックぶっ飛ばすか?いや、それは……

PageTop