La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

vistaのエクスプローラって

フォルダ内容が更新されても反映しないこと、ある?
いまoggdropxpdで変換してて「おわった♪」→「ctrl-A」→「ドラッグでコピー」ってやったら一部しかコピーできなかった。
で、確認してみると……一部しか選択されてなかった?
あ、でも表示は全部されてたような……
うーん、内部的に不整合?

寝ぼけてたらごめん:P

スポンサーサイト

PageTop

油まみれのrotring core

(追記:試用記事はコチラ

ペンケースに入れてあったロットリングのコア(0.7シャープ)をノックしてみたら、芯がゆるゆる。
どうもパッキンが外れたみたい。
時々こういうシャープってあるけど、放置した方がいいんですかね?うーん。個人的にはこう……どうも落ち着かなくて。

で、それはいいんですが、芯を戻そうと思って後ろのキャップを取ったら……うを、消しゴムがコチコチになってる。しかも油まみれ。で、芯を入れようとしたら……張り付くのですが。

う、うーん……コアの消しゴムって繰り出し式じゃないけど大きくておごってる感じなのですが……これはちょっとなぁ……と思うのでした。
しかし、これって設計ミス?それとも環境要因?それとも……劣化する前に消しゴムを使い切れって事?

というか、他になった人、いないのかなぁ……簡単に検索しても情報見つからなかったけど。

つづきを表示

PageTop

uni0.3 M3-1052(MITSUBISHI)

前にM4行った気がしますが、0.3で。
これは黒ですね。

m3-1052.jpg

昨日のPROSTAFFとはかなり傾向が異なります。まあ、こっちが普通だよね。
つまみ持ちに最適化した感じで、握るとちょっと指が痛いかな。
リングに指を合わせても、高すぎるといった感じしません。まあ……もうちょい下を握ってますが。

m3-1052 (1)
ローレット、ちょっと先端の方が剥げてますね。

重心は少し前。ノックオンは……普通?あまり大きくない音で、でもはっきりカチカチ言います。

m3-1052 (2)
リングの黄色は……写真だとちょっと赤みが強いのですが、でもPROSTAFFより大人しいです。

硬度表示はB~4H、Fあり。クリックはないですが、しっかり止まります。Bに入れ替えたっぽくてBにしてありました。

m3-1052 (3)
こっちのケシもカチカチ。

ケシは針金付き。いい加減ケシは硬化してます。(とっくの昔にだろうけどね)

m3-1052 (4)
先端は意外な部分?が外れます。ちょっと怖い。あとグリップもねじ込み式。がたつきがあったのか、テープを先端に貼ってますね。神経質だな、昔の自分め。

んな感じかな?M4でも書いてると思うので、詳しいのは省略。
あー、でもグリップはそこまで食いつかなかった気がするなー(滑らないけど)状態が悪くなったのかな?

つづきを表示

PageTop

uni 0.3 >(MITSUBISHI)

うーむ、とても字の練習なんてしている時間無いのだが。
でも、精神的に現実逃避してしまったので、まあ、やってみるかな。

prostaff03.jpg
検索すると……結構オクとか当たりますが、型番情報は見あたりませんねぇ……

型番とかシリーズとかよくわかりません。
結構昔に買ったんじゃないかな。学生の頃。

硬度表示が2B~4H、Fありとかなりワイドレンジです。
ねじってゆるめて回すタイプ。でも、あまり位置合わせ難しい感じでもないです。

prostaff03 (1)
ありきたりな様な、独特な形状。古いのだとありがちだったりする?

グリップ周りが普通のようでいてかなり独特。
よく見ると……かなりグリップが狭くて口金のテーパー部が長いですよね。
まじめにゴムリングが下端になるように握ると高すぎると思いますが、適当に握るとこれがいい按配。
かなりしっくりします。んー、案外と握り方選ばない感じ?リング付けたり色々してるけど。

prostaff03 (2)
考えてみれば……ここが黄色いのは0.3のカラーって事だったんでしょうかね?製図用にしてはかなり派手だなーなんて思ってましたが。阪神カラーなんて指摘も見かけましたが、白(銀)黒の縞、黒に黄では思いっきりタイガースですよね:P

あと、クリップは当たる位置のような気がするのですが、あまり気になりませんでした。
一応外すこと想定してるのかな?

prostaff03 (3)
消しゴムはカッチカチ。使わないのでいいけど。

重心は若干前、ってくらい。グリップよりは後ろだと思います。

prostaff03 (4)
分解図。チャック近辺のプラ?が赤ですね。胴体の筒を外して使うことも出来ますね。重心はあまり変わらないと思いますが。

結構カラーリングが派手で、あまり実務系には見えないのですが……おしゃれ系でもないね。
どの辺ターゲットだったんでしょうか。
でも、使い勝手はなかなかいい感じの一品です。

つづきを表示

PageTop

vistaのファイルのダイアログがう○こちびるくらい使いにくい件

いやさ、こんな落書きしてる暇ないんだけど。
てか、う○こなんて書くなよって言いたくなるけど。
それくらい訳わかんない。
もうね、ゲ○ツ○ねって言いたくなるね。

はぁ……開発環境に入れちゃ駄目なOSだよなぁ……
でも、プログラマとしては入れないと駄目なOSなんだろうなぁ……

PageTop

H-2103 0.3(PILOT)

これも終わってるのかな?
たしか三鷹の文房具屋(日本堂)で買った気がする。
そんな昔じゃないと思うんだけど。

H-2103.jpg
H-2103 (1)

ダブルノックですね。ロック時はちょっとカチッと大きい音がします。
まあ、いい感じの音ですが、少しうるさい?
ただ、通常のノックは逆にきわめて静かです。ちょっとノック感が弱いですが。まあ、不快ではないでしょう。ノックが静かなのがいい人には好都合かと。
重さはかなり重め。重心はかなり前。グリップの後ろ辺り。

H-2103 (2)

真ん中に硬度表示がありますね。一応製図用なんだ。
ただ、範囲がHB~3H、F無し。かなり古い設計?
てか、ねじで締めますが、その時にちょっと回ってしまうので、合わせるのに少しコツが要ります。

H-2103 (5)

グリップはローレット。アルマイト加工?っぽく、かなり激しい食い付きです。痛くはないですが。
これはミリも滑らないでしょうね。このざらつきが嫌って人もいるかも知れませんが。

H-2103 (3)

ケシには針金が入ってます。

H-2103 (4)

とまあ、見た目は割とノーマルなペンですが、重量感が結構来ますね。
長時間書くと疲れるのかな?
でも安っぽさもないし、安定して評価されそうですが……まあ、2000円だと高くれ売れないのかな?
無くなったのは残念です。

つづきを表示

PageTop

TK-FINE VARIO 0.3/0.35(FABER-CASTEL)

あー、ファーバー祭り以降かと思ったら、他のは0.5だった。(って2本だけだけど)
まあ、いっか。

TKFINEVARIO_20101124040608.jpg


立川のホワイトハウスに置いてあったのかな。
あまり舶来品には興味なかったのですが(品質のばらつきが見極めらんないし、とか)これって、一応ギミックがあるので興味引かれて。1000円でしたっけ?

TKFINEVARIO (1)
口金はばらし方が分からなかったので、今回、分解は無しorz

なんか変わってますよね。
口金後部に硬度表示があります。(PRO-USEにもあったけどさ)硬度は2B~4H、Fと結構広いです。ん、Fとかって海外でもあるんですかね。
グリップは独特の形状。まあ、DrGRIPとかとコンパチの形かも知れませんが(ゴムじゃないけど)。それでいて溝掘ってあります。持ちやすいかというと……どうだろ。この下端に指を合わせると……結構口金が長いような。まあ、なんか……大仰なペン(万年筆系)を握ってる感覚にはなります。

TKFINEVARIO (2)
クリップには刻印はないです。

グリップを回すと、「Hard」「Soft」の切り替えが出来ます。なんの事やら、と調べると、Softだとクッション機構が働くようですね。でも、この回す表示がグリップを回すのか軸を回すのか、判りにくい……自分はグリップと思ったのですが、正解は軸、のようです。
てか、クッションがかなり硬くて……0.3では、柔い芯だと砕けるような気が。そもそも、紙に穴開かないかな?まあ、個人的には……クッションの世話になるほど筆圧を掛けることはないので。

TKFINEVARIO (3)

重心はほぼ中心。やや……前かな?ボディはプラで軽いんですが、所々金属を使ってるせいか、見た目よりは重いのかな。

クリップは……外せなく無いですが、あまり考えてる設計じゃない気がします。硬そうだし。

ゴムには針金が入れてあります。

んまー、こんな感じかな。何となく、デザインには気品があって良いですね。でも、この上位機種はグリップが金属なんですが……これを見てると、何となくそれの代わりにプラ使いました感がちょっとあって、少ししっくりしてない気がします。
まあ、でもそれ込みで……割と良くできたデザインのペンですね。やっぱり、新鮮味があって良いです。

つづきを表示

PageTop

タスクバーをデフォルト状態で使う理由とか

スタートボタンをターミネイトするWindows 7

こういう記事を読むと、大半のユーザーはタスクバーの設定に興味がない、あるいはタスクバーの設定は理にかなっている、と読めてしまいますが。

自分の環境では……デスクトップはデフォ、ノートじゃ右にしてます。
右に置いてる理由は
>縦方向の解像度を多く取れる(ノートの場合、結構狭いのでいっそう有効)
>ウィンドウを増やしてもタスクバーにたくさん表示できる
といった理由があります。デスクトップでも同様の理由で右とかにしたいのですが、
>アプリによってはタスクバーに埋まる(これは左・上の場合ですが)
>タスクバーは半透明系のウィンドウを多用する(例:バルーン)ので、DirectX系のアプリと相性が悪い
>隠す設定は使い勝手が悪いし、ビデオカードによっては重くなる原因
とまあ、要するに、ドライバとかアプリとか、すべてデフォルト基準で作っちゃうので、変えにくいって事なのです。(DirectXが重くなるのは、どっちかというとメモリ(VRAM)配置の問題ですが)

時々、「Microsoftってこんなにリサーチしてますよ」なんて記事を見ると、こういう事が頭に浮かぶので、この辺もゲイツが嫌いになる一因です。(だから、もう辞めたって)
まあ、「ごちゃごちゃ言わずにデフォで使え」と言い切るなら、一理ある、と思いますけどね:P
ほら、スタートボタンが丸で、はみ出てかっこいいでしょも横だけですし。まあ、二段にしてるので、デスクトップでもはみ出てませんけど:P

PageTop

CONTURA XL 0.3(Faber-Castell)

トンボのLZの姉妹機(LG、LX)は行ってませんでした。
うーん、0.5の似たデザインのが少しあっただけかも。
ま、てな訳で……何を思ったかファーバーへ。

CONTURAXL03.jpg

たしか……世界堂かな?あるいは立川の文房具屋だったかも。
0.3、0.5、0.7の3本セットが安売り(てか、定価が割安なだけっだったかも)してたのでゲット。
変哲の無いデザインですが……まあ、海外メーカーだけ合っていろいろ見かけない意匠が。

CONTURAXL03 (1)

グリップは12角形。滑り止めの工夫はないです。うーん、6角より良いのかな?ちょっと落ち着かない感じだけど。(LZも溝除けば同じなんだけど、こっちの方が指の中で転がる感じがする)握れば気にならないと思うのですが、指先でホールドする人は気になるんじゃないかな?あー、もしかすると、持ち位置が丁度面にあって無かったのかもね。

CONTURAXL03 (2)

消しゴムのキャップかてー、と思って引っこ抜いたら、テープしてありました。たぶん、緩くなって貼ったのではないかと。あ、口金も硬くて……芯入れたままじゃ怖くてばらせない。
プラの材質が、微妙に国内産と違う感触ですね。強度としてはどうなんだろう?

CONTURAXL03 (3)

クリップが少し当たる気がします。まあ、外せる想定なのかな?

CONTURAXL03 (4)
チャック部が引っ込んでて見えませんね。あはは。

ノックはあまり音がしません。チャックがプラなのかな?
なんか、1ノックの出る量が半端ないんですよね。(2mmくらい)ばらしたときに、パッキンあたりやったかな?0.3mmでこの量はちょっと怖い。

CONTURAXL03 (5)

重心はほぼ真ん中。重さは……軽いです。金属はクリップ(あと先端、バネと、チャック周りに使ってるかも知れませんが)くらいで。
まあ……割と凡庸な感じかな。飾り気のないシンプルなペンが好きな人なら良いのではないでしょうかね。どことなく……舶来物感もあるし。

CONTURAXL03 (6)
こんな所にも刻印が。細かい……

つづきを表示

PageTop

0.3LZ(Tombow)

メーカーページ無いよね?
結構最近(ていっても10年弱前ってレベル)買ったような気がするけど……どうだったかなぁ?
LGとか、シリーズがあるんだっけ?買ったかな?探しておかないと。

03lz.jpg

握って気がついたけど、グリップの先端がわずかにテーパー掛けてありますね。
なので、ちょっと古いシャープって感じがします。
つまみ持ちの人はいい感じかも。
梨地加工のプラに溝を掘った感じです。あ、角張ってますね。12角形?

03lz (1)

重心はほぼ真ん中。やや前……かな?
まあ、軽いので気になることはないと思います。

03lz (2)

クリップが硬度表示リングを兼ねてます。まあ、そのせいで外せませんが。
そんな前じゃないんだけど、若干当たるかも。
硬度は2B~4H、Fあり。割と広め。
回すのはちょっと硬いですね。クリップ曲げそうな感じで怖いかも。
隙間からちょっと文字が見えます^^

03lz (3)

ケシには針金が入ってます。

03lz (4)

ノックは割とはっきりした音。よくある感触かな?個人的好みで言うとまあまあ。
あ、パッキンのゴムの保持が硬い感時がします。芯との相性かな?

03lz (5)

と、そんな感じで。わりと300円の割にそつなくまとまっています。
まあ、最近はやりのS3とかみたいに、グリップに逆テーパーは掛かってませんが、故にそう言うのが好きな人なら。

つづきを表示

PageTop

MONOTECH 0.3(TOMBOW)

MONTECHは前に0.4でもやりましたが、これは断面が四角の、0.4が無いバージョン。TT
こっちの方が安いのかな?
これも学生時代に買ってるよな……

monotech03.jpg
黄色いリングが独特。てか、なんか別の装置に見えるかも。

かなり珍しい(よね?)断面が四角の製図シャープです。で、真ん中が太くて、硬度表示がリング状。
クリップは外せるのかな?やったこと無いけど。
六角以上の安定感で、これは転がることはないでしょう。真ん中は結構な太さですし。

monotech03 (1)
先端はひん曲げた記憶が……無事回復しましたが、気をつけましょう。
これは、普通のよりちょっと弱そうな気が。(製図用は元々長いし)

重心は硬度表示のリングの辺りのようです。握った感じだとだいぶ前って感じがするのですが。
ただ、書いてるときはあまり気になりません。
なぜかというと……かなりグリップが前で、しかも短めなんですね。それで、その後ろが急に太くなっているので……正しい鉛筆の持ち方だと気にならないと思いますが、握るタイプの人とか、ちょっとイレギュラーな持ち方をすると、後ろが邪魔になる気がします。
うーん、たぶん使う人を選ぶような。

monotech03 (2)
キャップの.3もちゃんと写ってますね。(03ではないです。分かりづらい……)

ローレットは粗めなのかな?かなりがっちり食いつく感じです。
これ、後ろに少しでも滑ると形状からかなり辛いと思いますが、その心配はないと思います。

monotech03 (3)
写真じゃ見えませんが、クリップの隙間に"TOMBOW JAPAN 03"とモールド(凸)が入ってます。

硬度表示は4H~2B、Fあり。標準的且つ広い硬度に対応してます。
てか、並びが4H~H、F、2B、B、HBって言うのは……う~ん。
色が同じなので、ちょっと見づらいです。あ、バネ入ってるっぽい。(プラのバネ?)

ゴムには針、付いてませんね。

monotech03 (4)
パイプは引っ張れば抜けるかもしれませんが……中で詰まるかもしれないのでパス。
バネが仕込んでありますが、サスペンションにはなってないのかな?(むちゃくちゃ硬いとか?)
これも、口金はSMASHみたいな形状ですね。

ノックは割と標準的。こすれる感じがないので結構快適です。少しバネが硬めかな?
とまあ、結構個性のあるペンですが、やっぱり0.4が無いのが悔やまれます。
へんてこなシルエットの割に……ケースの収まりは良いんですよね、これ。

つづきを表示

PageTop

uni α-gel 0.3(MITSUBISHI PENCIL)

メーカーページ
αゲルも結構種類出てるんですね。てか、0.3ってなんでスリムのみなんだろ?
あー、手帳用とかそう言う想定?

a-gel-03.jpg

と言うわけで、名前の通り、結構細いです。
いや、軸は普通だと思うのですが、グリップが。
普通の太さのグリップで、柔らかいので……握るとかなり細く感じます。
でも、握る持ち方でも、ゴム?が柔らかいので痛くなる心配はないです。
ただ、つまむ場合は……結構細い軸を握ってる感覚になるので不思議感覚が。細くなり過ぎちゃっていや、と言う人もいるかも知れません。

a-gel-03 (1)

重心はちょっと前気味(グリップの後端くらい?)重さはまあまあ。
キャップがごつごつしてて、顎で押すと痛いですな:P
クリック感は……なんだろ?ちょっと金属を擦ってる感があります。個人的にはイマイチ。

a-gel-03 (2)

値段が800円らしくて、ちょっと高めになりますが、見た目はそれなりに仕上げていて、安っぽくはないです。(ちょっとおもちゃっぽいところはあるけど)
大体、グリップに特徴があるペンは、太くなる傾向があるのですが、細くて柔らかいグリップ……となると、これ一択の気がします。
重さも大して重くないので、長時間筆記には結構向いてるんでしょうかね。
グリップもシンプルな分、握り方を選ばないと思うので、細ささえ気にならなければ安定感があると思います。

a-gel-03 (3)
ケシが黒い……

まあ、個人的には……もうちょっとこれでつや消し系のデザインのがあると良かったかな。
αゲルはシリーズ通してこんな感じみたいですが。やっぱりグリップのデザインに合わせてるのかな?

a-gel-03 (4)
パイプは引っ張れば抜けます。グリップは……どうだろ?一応無理はしないでおいた。
口金の後ろは回る様になっているので、ここを握ってもゆるめられません。ちょっとばらしにくい。

つづきを表示

PageTop

PRO-USE03 MSD-1500A

メーカーページ
うーん、なんだろう、このもやもやした感じは。

msd1500.jpg
なんというか……毛虫?独特のデザイン。少なくとも製図用に類似するシルエットはないでしょう。

えっと、PRO-USEシリーズ(357除いて?)最上位機種、でしょうか。
1000と違って、硬度表示のリングの色が芯経を表示しています。
が。
これが口金部にあったり。うーん、これ……回すときにゆるめないと駄目だよね?ちょっと心臓に悪い。
しかも、この口金が複合ペンみたいに細いので……芯が通ってるときは折りそうで怖いですよね。
(まあ、そう折れませんが……)

msd1500 (1)
口金部。この硬度表示は……うーん。ファーバーにも先端表示はあったと思うけど……
ゆるめるとか以前に、このリングが小さくて回しにくい。固定の時にずれるし。

硬度表示がまた……3B~3H、Fあり。てか3B?とか他のと範囲が全部まちまちだよね?とか突っ込みどころが多いです。うーん……しかもあまり見やすくない。まあ、金属で統一することを優先したんでしょうね。

msd1500 (2)

グリップはかなり太め。製図系では一番太いかも?形状もローレットや筋ではなくてなんだろ?鋸歯状波状?うーん、なんか微妙な処理ですが、滑ると言うことはないです。痛いのが嫌な人には良いのかな?

msd1500 (3)
キャップ外しただけ。
msd1500 (4)
ばらすとこんな感じ。クリップはくぼみで回転防止してます。

クリップは後ろをねじれば簡単に取れます。あ、そうそう、グリップの後ろもねじると簡単に取れるので、胴体が細いの好きな人とか(OHTO萌えとか?)重心がむちゃくちゃ前の方がいい人とかはいいのかも。まあ、中軸がポリっぽいので少し怖いですが。
あ、通常の重心はほんのり前程度。割と重いペンですが(ぱっと見中空に見えるけど、中詰まってる?)あまり振られる感じはないです。まあ、尻は軽いみたいなので。

msd1500 (5)
分解図。中のパイプが妙にこってます。後ろにもパッキンがあるし。

とまあ、シリーズのちぐはぐ感とか(まあ、多彩さ優先とも言えるか)、既視感の無いデザインがあったりとかでおもしろいシリーズではあります。
このでぶっちょ(と言いたくなるよなぁ……)も、製図用、としてみなければ愛嬌があって愛着沸きますし。でも……製図用としてはどうなの?

msd1500 (6)
パイプは前半はMSD1000とほぼ同じで、こんな事も出来ます。意味ないけど。あ、硬度表示が2つに!

で、書いた感じは……というと、まあ、グリップ太いので、握る方が向いてる感じです。実は0.7でもかってお絵かきでもした方が良かったりして。あー、でも重いから好まれないのかな。

msd1500 (7)
あ、細軸化。おまけでMSD1000も。500はグリップ引っこ抜きしか出来ない。

つづきを表示

PageTop

G13 Advanced Gameboard(Logicool)

メーカーページ
あー、くそ忙しいのに買っちゃったよ。
なんてこったい。

で、まあ……なんて言うんでしょ?パネル付きのゲームパッドなんですが、PCゲームやらないのになんでこんなの買っちゃうんだ予感が無くもないですが、
>パネルあるよ!ポケコンエミュでも作ってウマー(って良いながらなかなか作らない)
>カスタマイズして片手キーボードとか良いよね(って良いながら、あまり使わない)
って感じで。……ちゃんと使えよ。

で、ちょっと残念な点を先に。
>LCDのバックライトがちょっとムラ感あり。どっかのレビューにもあったけど、青~白がかなり赤らんでる感じ。
>ドライバ前提で動作してる。入れないと、バックライトONOFF以外本気で何も出来ない感じが。
>スティックはデジタル(ハットスイッチ)みたいですね。ちょっとストローク深い。それに音がカチカチいうかも。(底打ち時)あと押し込みスイッチがちょっと押しにくい。
>キーカスタマイズは基本キー定義のみ。(ユーティリティ上の機能として)マクロ辺りはあるけど、マウス・コンビネーション(オリジナルの)は設定できない。リピートも?

って感じなのですが……
なにやらスクリプト機能(Lua)があって……って、よく見たらこれでなんでも出来ちゃうみたいですね。
マウスイベントも起こせるし、変数持てるのでモード切替(→オリジナルのコンビネーション)も出来るし、スクリプト上からLCDバックライトの色も変えられるし。
うーむ、やばい。かなり遊び甲斐があるかも。(時間無いのに……)

ところで、そこまでは良いんだけど……キーのスクリプト設定がよくわからんですが……説明通りにしても、反応してくれないお。てか、これ出来ないと当然上の夢物語が実現しないわけだが……
あ、それとLuaいじるのは始めてかも。(ゲームプログラマーなのに……)この機会に習得しろっていう神のお告げですかね……

あと、一応パネルはsideshow対応なんですね。
てか、買った製品の中では初めての対応製品かも。
でも……ガジェットがあまりないような気が……

と言うことで、次のゲームのマスターが延びないことを祈りつつ。

PageTop