La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

925 95 03(STAEDTLER)

92595 (1)

ようやくステドラのスペルになれてきましたが、03シリーズではこれでお仕舞い。
てか、HPには上がってませんね。85(REG)に交代?

92595 (2)
ラメっぽいボディに、細めの口金です。気合い入ってる感じがありますね。

これも、芯繰り出し調整がありますね。でも、こっちの方がデザイン的にはステドラ~って感じがします。
ラメ入った銀色のボディ。無骨にそのまま黄色合わせてるデザイン、てか重さと言い。
あ、REGもそこそこ重いのですが、こっちはさらに重いです。
SUPERPROMECHAほどじゃないと思いますが……たぶん。

92595 (3)
この銀にぶっきらぼうに黄色を合わせてるところがなかなかニクい、というか日本のデザインじゃないな~って感じるところですね。

ローレットは普通?の。しっかり指に食い込むタイプです。いや……食い込み過ぎって事はないですが。
というか、REGがつるつるするので安心感があります。

92595 (4)
あ、ケシが橙ですね。

クリップの位置が少し低いかも。つまむようにして持つと、結構手が後ろまで行くので当たる感じです。まあ、このクリップは外す想定だと思うので、邪魔ならって事でしょう。
REGはちょっと凝ったクリップでしたが(プレスっぽい)、これは板バネっぽい整形です。
個人的にはシンプルなこっちのタイプが好きですが。曲げとか凝ってると、ほこり溜まりそうで。

重心は結構前。てか、グリップの後端くらい。
口金が3段テーパーですが、かなり細いですね。(そう言えばREGは普通の三角錐っぽい?)
なんか折れそうな勢いです。てか、SHIFT剥き出しにして使ってる感覚と言っても過言じゃない?
まあ、手元の視界を気にする人はいい感じかも。

92595 (5)
分解図。構造的にはREGとあまり変わらないと思います。ただ、こっちは口金にパッキンが仕込んであったり。こういうの、なんかOHTOのPROMECHAっぽいですね。古めの製図ペンだとありがちなんでしょうか?個人的にはOHTOの以外ではあまり見ないような……

硬度表示は2H~2B、Fあり。結構新しいのかな?(買った時期は結構最近?だとは思いますが)
シールになっていて、回すと……引っかかるよ。
シールも銀色なので、まあ、材質がプラかなにかで応力が働いてるんでしょうか。
まあ、もっとしっかり貼って欲しいような。
中の筒はポリっぽい感じ。黒です。

とまあ、グリップがしっかりしているので、安定感がありますね。でも、ちょっと重いせいか、疲れるのも早いかなって感じです。(年だよ……たぶん)

92595.jpg
オールスターキャスト。あ、92595には、クリップにステドラーマークがありませんでした。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

REG 925 85-03(STAEDTLER)

92585.jpg

メーカーページ
うおお、寒いぜ。手がかじかんできた。
って事でお急ぎ。
ステッドラーの番号順で、まあ、55の次は85?的な。

92585 (1)
グリップ部。溝の形状が分かるでしょうか?マイルドな感触です。肌が敏感な人にはちょうどいいのかもしれない。う~ん。

まあ、色は同じ感じなのですが、レタリングが微妙に淡い感じで妙な上品さ。
が、ちょっとステドラ感無いんですよね、これ。
芯経表示もグレーだし。

92585 (2)
妙にがんばってるキャップデザイン。なんかPROUSEシリーズを連想しちゃうんだけど。

ローレットが、単に細い筋堀っぽくて、触ると凄くソフト。
てか、あまり効かない気がするんだけど……
まあ、今日は寒いので(部屋が……ほとんど人がいないんですよ^^)汗は掻きませんでしたが。

92585 (3)
これも中のパイプは黒。あ、硬度表示向けるの忘れてた。ここもグレーなのでちょっと見にくい。(後ろの写真にあった。ほっ……)

重心はほんのり前、って感じでしょうか。まあ、書いてると微妙に後ろにある感じはします。
というか、するする下に滑るような……

硬度表示は2B~2H、Fあり。ねじでゆるめて回すタイプ。中はシール。
製図用のくせに4Hが無いのが今時っぽいですね。

92585 (4)
先端はばらすとこんな感じ。バネ入ってます。あー、これのせいで、レギュレーター回すときの感触が良くないんだ。(引っかかりっぽく感じる)

ノックの手前にリングがあって、ここでノック量を調整できます。
メカニカルな感じではありますが、SUPERPROMECHAを知ってしまったら、可愛いアクセントにしか見せませんw。

92585 (5)
硬度表示&レギュレーター。ちょっとあり得ない場所に回してます。黒い部分の切れ目なのが分かるかな?要するに、中が二重になっていて、印刷されている▲の黒いのが見えてるって感じです。回すと、中の機構が前後します。なので、ノック量を減らす方に回すと、芯が出てきますw(機構が前に移動するので)

で、筆記感ですが……まあ、バランスがいまいちな感じの割にはぬるぬる書けるのは芯が
柔らかいからかな?Bに入れ替えたかな?HB表示のままだったけど。
もしかすると、結構本体が重いせいで、筆圧が自然に掛かっていたのかも。

まあ、試しに握ってると、グリップ感が無くてイマイチ……というか、書いてても妙に落ち着かない
のですが、でも他はまあ良好……って感じで。
でも、本体の重さ考えると……もうちょっとグリップは良い方が良かったんじゃないかなぁ。

92585 (6)
ステドラマーク。ちなみにJAPANの刻印もありました。92525,92595にはありませんね。55はASSEMBLED IN THAILANDの表示がありました。(見えにくいですが……)

つづきを表示

PageTop

あーあ、買っちゃった

SCOPE NODE

なんかネットの評判では士郎正宗マウスコンパチみたいに言われてますが……
個人的には大昔合った……左上でカウントが変更できるボールマウス(ルナリスじゃなくて……
なんだっけ?)を思い出すのです。
(調べたら……GRAIOですね。持ってるのに忘れてる……)
うーん、最近の人はピンとこないみたいだけど、エレコムは国内じゃ一番なじみのあった
(過去形だな、きっと)マウスメーカーなんですけどね。
個人的に最初に買ったマウスは和知電子だけどね。

P1000270.jpg
えっと、そのGRAIOとの比較。GRAIOの方がドーム?部が前ですね。ホールド感はこっちの方がいいかも。てか、SCOPENODEは後ろの方を握っても使えるのですが(割とクリックしやすい。少し硬いけど……右クリックとかうっかり押す心配ないしちょうどいいくらい)ホイールが届かなくて。
あと、おまけでMXも。なんかこんな形のマウスばっか。

しかし、この左上にセンサーを入れるのは……別にチョロQマウス程度の実装密度があれば出来る
わけで(あっちはレーザーじゃないですが)なんで今まで出さなかったんだろうとか思いますが。
というかあまり使用感には影響ないって説もあったし。
そもそも、エミュレーションとかも出来そうですけどね。光学センサーなら。(精度は落ちるでしょうけど)
でも買っちゃうのは……上で書いたボールマウスが結構気に入ってたからです。んー、ボールは小さいので安定感はイマイチだったと思いますが。

P1000271.jpg
裏面。GRAIOの尻に貼ってあるのは高さ合わせ。手首がもたれるとカタカタするんですよね。こうしたパッドの貼り位置は未だにダメなマウスがあったりします。スイッチは初期カウントで、ドーム部をいじると随時変更出来ます。……あれ、GRAIOの説明ばっか^^

なんか、パッケージが妙に凝っていて……写真の本体裏の穴ってねじ穴?とか思っていたのですが、
パッケージ固定用なんですよ、これ。
うーん……こういうの省けばもうちょっと安くなるんじゃないの?と思いつつ。
というか、ブラウザの戻るボタンが無いのはちょっときついな、とか。
そもそも、この手のマウスって……もう少し待つと結構安くなるよなと思ったりしつつ。
(士郎正宗マウスも安くなったし:P)
でも、飛びついてしまったわけで。

あーあと。
最近買うマウス、全部右上-左下がカタ付くんだけど……何ででしょうね?
机を疑ったんだけど、家でも会社でもそうだし、マウスを90度回しても変化しないし。
んー、謎だ。

あれ、センサー上の黒い●、中心が赤く光るんですね。
てか……持ってる本人から見えない……

つづきを表示

PageTop

携帯の是非とか

今日は脳汁垂れ流し状態。
http://blogmag.ascii.jp/kodera/2009/03/26230504.html

うーん、「みんな持ってるから教える」と言うのは違うんじゃないかな。論点が。
まあ、説得力があるというか「うまいこと言った!」的ではあると思うけど。

個人的には頭の硬い前時代的人間なので、まあ、どうかなとは思うんだけど。
でも、結局こういう事って「良いからやる、悪いからやめる」じゃなくて「(善悪関係なく)受け入れざるをえない」のかも知れない。

まあ、前例として一番近いのは……工業高校とかの電卓・ポケコンとかなのかな?
そっち系行った訳じゃないので詳しくは判らないけど。
でも、大昔?はたぶんカンニング扱いで禁止されていたわけで。(そうでもないのかな?)

たとえば、極端な例を挙げてみると、地球が温暖化で、服を着ると過ごしにくい世界になっちゃったとすると、たぶん……みんな服を着なくなるわけです。
今の世界なら、裸で外出すれば犯罪だし、それを肯定する理由が他にもあるわけです。(性犯罪防止とか)
でも、本当に……服を着るのが苦痛な世界になっちゃったら、たぶんみんな守らない。で、法律も追認することになるのでしょう。性犯罪はもっと罪を重くするとかして。
まあこれは極端過ぎですが、でも携帯もそんな類の物で、「授業中に気が散る」とかそう言うのは「だから使わない」じゃなくて「そう言う機能をうまくブロックする」、あるいはもう少し別の解答を探す感じになって。そのうち因果関係が逆転してしまうのかも知れません。

携帯が前提の社会とか、まあ……キャリアに踊らされてる気もするし、公立の学校で導入するなら通話料は?とか、だったら学生は固定料金で割引もっとしろ!とか(ああ、天国のような環境だね)しなくちゃいけないことはいっぱいあるでしょう。そうした摩擦、抵抗があるうちはまあ……もう少し色々もめると思いますが。
そう遠くない将来、どんなに貧しくても最低限の携帯なら負担無く持てるような社会になってしまえば……論じるだけばかばかしい、となるのかも知れません。

PageTop

専門知識の真偽とか

http://www.enpitu.ne.jp/usr6/60769/diary.html
活字中毒R。さん。毎度?ネタにして済みません。

まあ、中国の宇宙船の映像が本物か?ってネタな訳ですが。
嘘だ嘘だ!と騒ぐのが恥ずかしい、と言うのは判るんですが。
しかし、これ……「嘘じゃない」と確証を得るのはそんなに簡単なことでしょうか?

ネットでちょいと調べれば、なんて言いますが、その程度で簡単に判るような情報?
そもそも、そのヒットするページって信用できる物?
信用できるサイトを探せ、って事かも知れませんが、それはそれこそ普段の蓄積がないと無理でしょう。

映像をよく見れば本物だって判る、と言いますが、それにしたって本物だって前提で説明が進んでいます。というか、本当にだますつもりで映像を作ったら、(映像分析の)専門家じゃないとそうそう見破れない物が作れしまうでしょう、今なら。

前にかぐやのハイビジョン映像が公開されたこともありますが、あれだって非現実的すぎて「あー、これなら逆にCGで作りやすい素材だなぁ」なんて思ったものです。
まあ、宇宙空間は空気やそこに含まれるチリ・ゴミが無い分クリアなわけで、それはコンピュータで計算しやすいって意味でもあるわけです。

結局、これらが示唆してる事って、
>中国はオリンピックの時に色々「やっちゃってた」から、信用を低下させている。
>非日常の映像は、それだけ現実感がない。感覚では真偽が判断できない。
>この情報を配信している物(マスコミなど)の信用も低下している。
>疑問を持つことは大事だけど、その疑問に疑問をぶつけるのは難しい。
ってとこじゃないですかね。
だから、専門家が「そんなことはない、あれは本当だよ」と言うのは良いんですが、まあ……頭ごなしに軽蔑してしまえばやっぱり聞いて貰えなくなるんじゃないですかね。

ネットでいろんな世界がつながれて、私たちは簡単に様々な知識を得られるようになりました。
でも、それの真偽を確認するのは思っているより遙かに大変です。
だからこそ、それらの情報の「信頼」が今まで以上に重要になってくるわけですが……まあ、
実際はそうもいかないわけで。
というか、むしろ最近はそれを様々な物が「消費して」いる感じさえあります。
(いや、今に始まった事じゃないでしょうけどね)

そんなわけで、最近自分の中ではレベッカの「MOON.」がリバイバルブームなのです。
まあ、いろんな物が壊れてるみたいなので。
でも、考えてみれば……情報社会的に言えばインターネットは「革命」な訳であって、こうした混乱や
秩序の崩壊、そして再構築……と言った物は避けられないのかも知れませんね。

と気がついたらとんでもないところに着陸してたw

PageTop

windowsのアイテムの選択とか

前にも書いたかも知れないけど。(年なんで昔書いたこと忘れるんです。サーセンw)

プログラムのアンインストールとかする時って「コンパネ」とか「プログラムと機能」に行くわけですが。
表示遅いよね。
いや、遅延表示万歳とか判りますし、「プログラムと機能」は2000の頃から遅い(ので、遅延表示にした分だけアクセシビリティがいいぜ!ひゃっほい!と言いたいんだろうね)のですが。

クリックしようとすると、アイテムが動くじゃないですか?
なんの罠?

てかさ、止まるまで待たないといけないんじゃ、遅延処理にした意味ないんじゃ?
てか、探すときも困るじゃん。見つけた!と思ったら流れたり。
(いや、文字順って判ってるから良いけど、知らない場合とかソートしてたらどうよ?)

そもそも、最近は身体能力が低下してもアクセスしやすい様に努力してます!とか、
ギャグで言ってるよね?

まあ、と言うことでVista嫌い、って言うのもあるんですが(これは、7でも同じなんだろうなぁ……)
その前に、考えてみれば……マウス関連のアイテムの選択ってあまり進化してないんですよね。
いきなり表示されるダイアログとか(まあ、タイトルバー点滅とか工夫してる部分はあるみたいだけど……UACが裏に開いたりとか相変わらず)スプリットバーが1ドットで変更できないとか(ウィンドウの枠の設定使えよ!マウスの時はマシだけど……こんなことだからタブレットが普及しないんじゃない?)つつき出すときりがないです。

結局、Windowsは互換性が売りなので(といいつつ、肝心な部分の互換性がないがしろのような気もしますが)こういうのはおいそれと替えられないのでしょう。Linuxじゃないとこういう対応は無理かな?でもあれもあれで大変だろうけど。(インターフェースが乱立したら、教えるのも一苦労だよね)

もうちょっと何とかして欲しい(orしたい)と思いつつ。
10年後も同じ悩みをしてそうでげんなりです。
(少なくとも……この15年弱はそうなわけで)

PageTop

潔癖症?

Richard M. Stallman、JavaScriptに吼える

似たような意見見かけたけど……どうなのかなぁ。
簡単に言えばベジタリアンが、食虫植物にだまされたって言ってるようなと言うか。
あるいは、そこまでフリーを徹底したいなら、単純にフリーウェア(GPL)以外実行できないOSでも
作ってしまえばいいのでは?って気もします。
まあ、上で実行されるブラウザのスクリプトのコピーライトまで完全にコントロールできるOSを設計する
のも難儀でしょうけど。でも理論上は不可能でもないでしょ?:P
(いや……実行ファイルと認識できなかったらやっぱり無理か?GPLと認められてない画像は表示
できないとか、GPLじゃないテキストは……とか、そんなになっちゃうか)

ついでに個人的な意見を挟んでおくと、フリーなソフトの環境というのは、自然に成立してるから
良い環境なのであって、無理矢理フリーにしている環境ではあまり住み心地が良くない気がします。
(要するに、ちょっと蜃気楼追っかけてる感じがする)
まあ、この辺は「昔は良かったね」的な話ですが。

余談だけど、携帯のJavaは画素単位でセキュリティをコントロールしてるのはちょっとびっくりした。
まあ、でも……あの手の端末じゃそれくらい神経質になるよね。

PageTop

うーん、よくわからない……

就活学生の“営業”を選考基準にする「特別面接枠」に厚労省が調査(スラド)

言ってる意味がよくわからないんだけど……採用前の人間に営業させるって事?
てか、労働基準法とか言ってるけど、それ以前の問題で……
営業中に問題が起きたときって誰が責任取るの、これ?

普通、営業回る人って、会社の責任を背負ってると思うんだけど……
これじゃ、責任の所在が不明な気がするけど。
それとも、社会人になる前の人間にその責任一切を背負わせるのだろうか?
理屈じゃそうだけど……さすがにそう言う言い逃れはさせて貰えないんじゃ?
(半分恐喝的な力関係なので)

てか、そんなことされたら、その時の顧客が一番迷惑だよね?
うーん。

なんか、100円携帯詐欺とか、キャリア系の会社ってどうも脇が甘く見えるけど、気のせい?
ちっちゃい会社ならまだ笑って済むのかも知れないけど……(てか、淘汰されるよね?)
大きい会社でこれじゃ……「これがゆとり社会か!」って言いたくなるよね?

PageTop

誤変換today

あ、atok2008で。
きみのからだが→紀美野からだが
うーん、なんか最近のFEP(あえて)はかしこすぎて変な変換をする嫌いがあるような。
と言うことでメモ。
きみの→君の
なのにね。うーん。てか、紀美野ってなに?

PageTop

925 55 03(STAEDTLER)

92555 (1)

番号順に行くと次はこれなんだけど、こっちの方が安い……
うーん、どういう基準で振ってるんだろう?
あ、ちなみにホームページに情報載ってませんね。

92555.jpg
これも(92525みたいに)段が甘く見えますが、写りのせいみたいです。(少し斜めになってる、くらい)これも口金までグリップの意匠が使われてますね。92525のあれは回しやすいように、では無かったのかな?

材質がプラなだけあって、かなり軽いです。
色が微妙なグレーなのは一応他のシリーズの金属色に合わせてかな?
若干マーブル入ってる見たいですが(いわゆるムラ)あまり気になりません。
中のプラパイプもグレーですね。ここまで徹底してるのも珍しいような。

92555 (2)
キャップ部。あ、芯径表示は無事回せました。ここじゃ写ってないけど:P

グリップは粗めに横溝が彫ってあります。キャップや後ろの方も統一してますね。
まあ、材質が材質なので、汗を掻くと滑るでしょう。

硬度表示はB~4H、Fあり。てか硬い、と言うより……これ設計ミスだろ。印刷シールを傷めてしまうよ。
ケシは針あり。

92555 (3)
キャップは他のと違ってパイプのガイド部がないタイプです。でも、ケシに針はちゃんと入ってる。

重心はやや前でしょうか。後ろが大きくなってるのでいかにも中心~後ろにありそうに見えますが。
なんだかんだで口金が結構重たいみたいですね。

92555 (4)
口金のねじ部分は92525と径は同じです。長さが違うので合いませんが。残念。

書き味は至って普通ですが、軸がまっすぐなせいか、それでいて後ろが太っているせいか、ちょっと落ち着きませんね。中心辺りを窪ませて欲しかったというか。いや、単純にクリップが低くて気になっただけなのかな?
この辺の意匠と言い……若干疑問の残るところはありますね。
でも、全体的な色の統一感はなかなか良いかも。印刷の青はどうかな……と思いますが。

92555 (5)
安いシャープですが、ステドラーマークは健在です。

つづきを表示

PageTop

925 25 03(STAEDTLER)

92525.jpg

メーカーページ
メーカーページにあるのはちょっと新しいタイプみたいですね。(印刷とか)
まあ、持ってるのもそんなに古くないはずですが。(10年程度前?)
たぶん、吉祥寺ユザワヤで買ってる。
てか、ドイツ語?だけ合ってスペルが見なきゃ打てん。

92525 (1)
グリップ部。後述ですが、口金の所にもローレット。口金の段々の部分はちょっと逆に面取りされてる感じですね。整形時の抜きでしょうか?あるいは強度的な対策?

学生の頃は、余りに色気のないデザインで好きじゃなかったのですが……まあ、今でも好みではないかな。でも、外見、質感、共にシンプルです。
重心はやや前っぽいんだけど……ちょっと尻も重いかな。

92525 (2)
好みじゃない……なんて書いてますが、925シリーズの中では一番いい雰囲気に仕上がってると思うます。ちょっと無骨ですが。それと……傷が付きやすそうに見えるのがネックかな。その割に乱雑に扱ってるけど:P

ローレット部がかなりの食い付きで……横に太い溝もあって、いくら汗を掻いても滑ることはないでしょう。ただ、ちょっと食いつき杉かなぁ、という感じも。
あ、口金もローレット入ってるので、(分解用に)回すのは楽でしょうね。

92525 (3)
側は銀一色ですが、中のパイプは黒です。

硬度表示はB~4H、Fあり。まあ、製図用としてはスタンダード。

中はプラ(ポリ?)パイプ、ケシには針が付いています。
クリップは取ること想定してるのかな?表面処理は傷に弱そうですが。

92525 (5)
結構ばらせますが、グリップ部は外し方分かりませんでした。

まあ、結構重たいですね、これ。10分弱しか使いませんでしたが……ちょっと疲れやすいかも。(まあ、手がへたってるせいもあると思うけど)でも、芯がBにしてあったらしく、自重のせいもあってかぬらぬら~と書けるのはいい感じです。

92525 (4)
おまけのステッドラーマーク。

つづきを表示

PageTop

DRAWING SHARP 0.3mm(SAILOR JAPAN)

まだ忙しいことになってるけど、一応一段落してるらしいので、再開。
てか、写真撮れよ。

DRAWINGSHARP03 (1)

まあ、手元にあったSAILORのシャープから。
てか、これ……内田洋行のとシリーズ一緒だよね?名前と良い、真ん中の独特な6角の回転止めと言い。

DRAWINGSHARP03.jpg
グリップが撮影しにくい……グリップ形状が分かるでしょうか?

それを除けば、割と普通の製図シャープです。先端は3段テーパー。硬度表示が真ん中で、B~3H、Fあり。(ここ、シールじゃなくて、くぼみ+塗装ですね。値段の割に妙なこり方……)リングは黄色。てか、本体が紺色ですね。
ケシには針は無し。割と新しい製品なのかな?まあ、メーカーサイトには情報はありませんが。(やっぱり廃盤?)

DRAWINGSHARP03 (2)

グリップは硬めのゴムというか軟質樹脂というか……ですね。つるつる感はありますが、書いてて滑ることはなかったような。まあ、今日はあまり汗かいてないので……汗かくと盛大に滑るかも?

DRAWINGSHARP03 (3)

というか、軽いです。久々に書いたので、感覚狂っていると思いますが。
あー、全体重量ではGRAPHLETの方が軽いかも知れませんね。ただ、重心が割と前の方みたいで(バランスではやや前……黄色いリング辺り)、書いてるときは結構軽い感じ。

DRAWINGSHARP03 (4)
シールと硬度表示リング。芯径が刻印されてます。

でも、さすがに……10分以上書いてると手が痛くなってきました。これは単なる筆無精のせいで。

DRAWINGSHARP03 (5)
先端ばらしても、グリップ取れませんね。

わりと特徴のない(まあ、その分使いやすいとも言える)シャープですが、本体色は並べるとちょっと独特かも知れませんね。製図用にしては色気がありすぎるような感じですが、ボールペンや万年筆では紺の方が揃うって事もあるかも知れません。


つづきを表示

PageTop

データ化けとファイルの上書きとか

さて、何から書いた物か。

昔使ってたPCで、チップセットが熱で逝っちゃったらしくて……データ化けがひどくなったことがありました。
ゲームをインスコすると、10枚に1枚のイベントCGが化けてたりとか。
あー、それでもそのまま数ヶ月使ってた気がしますが。今から考えればよく暴走しなかった物だと思いますが(あまりしなかった)まあ、データ転送レートとかの兼ね合いでプログラムは化けにくいとか、そんな物なのかもしれません。

しかし、データ化けは割と最近も食らってたりして。
家のPCのネットワークチップがハードかソフトか悪かったらしくて、数回吹っ飛ばされたことがありますね。ええ、テキストがん10kBすっ飛ばされて。しかも×2。TT7
こういう時のテキストって回復できないんですよね。一晩おいただけで、あらすじ覚えてるのに……書き戻せない。うるうる。

まあ、それで「昔はVerifyとかしてたなぁ」なんて思い出した物ですが。(6.2が懐かしい。今思うと……かなりのじゃじゃ馬OSでした)最近はデータ化けの対策ってOSでしてるんですかね?

まあ、OS+ドライバがあまり信用できないとなると、アプリでの対策となるのですが。
そう考えると、「ファイルの上書き保存て……」って話になるのです。
とうぜん、上書き保存した後にベリファイして「はい、あうとー!」ってなると泪目。
ですから、
>別ファイルに保存
>ベリファイ
>おkなら、元ファイルを削除(あるいはバックアップとして)
>リネーム
となるわけです。たかだかファイル保存1つとっても面倒。
ネットワーク越しだとレスポンスが落ちるし、例外処理を挟む箇所も増えるし(極論、削除後にリネームして失敗したらどうよ、とか)
プログラムの処理って、当たり前の機能を疑って掛かるととたんに面倒になる物です。

よく、プログラムの入門で手抜きを教えるなとか言いますが(stdio.hを取りあえずって言うな!とか)
こんな事最初から押しつけたらみんな裸足で逃げますって。

でも、考えてみれば……昔コピーコントロールで、ムーブが問題になったことがありますよね。
コンテンツを移動しようとして失敗すると、データが消失するって言う。
まあ、そんな感じで、コンピュータ上では面倒なことが簡単、簡単なことが面倒って感じかもしれませんね。

上書きと言えば、最近エクセル表をよく使うのですが、自分はOOoを使っていますが、これがローカルコピー+置換を使っているみたいで。Officeに負けるんですよね。アクセス権が。
まあ、ネット環境でバッティングする人はsourcesafe(subversion?うあ。UNIX系は造詣がない物で……)使えって事ですかね。はぁ。

PageTop

たとえば高速なスクリプト化

うーん、おかしい。
そもそも最初はエロゲネタを書く予定だったはずなんだが。
いつの間にかシャーペンブログ。
しかし、更新を1ヶ月くらいサボってる(それくらい忙しいんだけど)ので、スクリプトの話しでも。

てか、普通の会社でシナリオのスクリプト化作業ってどれくらい掛けてるんですかね。
まあ、だいたい……ウォーターフォール?な作業工程だと下流が圧縮されるのが世の常な訳で。
どんなシナリオが来ても、短期間で変換作業を迫られるのがプログラマの宿命だったりします。
ていうと、プログラマって「シナリオめ」って思ってるって話しになりそうですが(まあ、そうなんだけど)
実際は自分でシナリオ書いてもそうなるわけで。あはは。

まあ、そうなると……まず、どうやって時間を短縮するかという話しになるわけですが、これは話しを
単純化すると「何パスでシナリオを変換するか?」ということになります。
たとえば……理想的な話しで考えると、まずシナリオ全体の構成を把握して、チャートを作成
(頭の中ででも)必要なフラグを洗い出して番号の割り振り……なんてなると思うのですが、そんな
ことをしていてはそれだけで数日掛かってしまいます。

ということで、どうするかというと……まずはフラグの簡略化、ですかね。
スクリプトエンジンの機能によりけりですが、普通フラグ管理は固定配列(フラグ12番、とかそう言う)
かグローバルな変数を使うことになると思います。
しかし、固定配列は言うに及ばず、変数は宣言が必要になります。あるいはrubyみたいに宣言が
要らなくてもセーブロードの際にはその処理が必要になってしまいます。

まあ、だいたい……宣言はファイル先頭に書くとか、inclideファイルに書くとかあると思いますが……
移動手間だって馬鹿になりません。そこでどうしたかというと……
文字列でフラグを管理したわけです。フラグ用の巨大文字列を一個用意して(PB-100を思い出そう^^)
そこにデリミタ込みで突っ込んでいくと。
そうすると、文字列なので宣言は要らないし、文字列一個だからセーブも変数一個。シンプルです。
ちなみに判定はstrstr使います。部分文字列になる心配があるなら、前後にデリミタつけて。
う~ん、我ながら横着。

変数とか配列は機能制限の多い簡易言語が多い気がしますが、結構文字列系は強いのではないでしょうか。まあ、もっとも、それらの操作を関数化するか、システム実装する必要が出ては来ますが、グローバル変数宣言の拡張よりかは遥かに楽でしょう。

いやーさすがにDOSの時代にこれやったら一瞬でメモリが干上がりますが(64kとか、軽く飛ぶので)
Windowsっていい時代ですね。(そんなことするからフラグデータがでかくなるんだyo!)
まあ、究極1bitデータを数バイト(場合によっては数十バイト)使ってセーブするわけですから。

まあ、1パスでスクリプト化計画としては初歩の初歩ですが、まあ、実作業はこんなローテクで
小細工しながらやっているわけです。ふう。
(たぶん、続く)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。