La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

GRAPH1000 FOR PRO 0.3(Pentel)

メーカーページ
あれ、0.3はこれが最後かな?
というわけで、前にLIMITEDはやりましたが、一応元祖のほう。

といいつつ……結構壊れてるんだよね、これ。
グリップのゴムが外してあるし(割れたんだっけか?)、軸は高校の時の化学実験で溶かされてるしw
あ、消しゴムもなくなってる!
でも、まあ、まだちゃんと使えるし、グリップは風通しがよくってこれはこれで。
……ちょっと痛いけど。

硬度表示はB~4H、Fなし。ラチェットが効いてるはずですが、ずるずるになってます。まわるまわる~。

芯が古いせいか、堅いせいか、なんか細い感じがします。まあ、柔らかめのが好きなので、他のは結構Bとか2Bとか入れ替えてるのですが。でもこれはHなのかな?これはこれでコントロールが効いてる感じがいいですね。長時間筆記だと疲れると思いますが。あ、あと下敷きなしのノートだとつらいね。

重心は真ん中やや前。まあ、あちこちパーツがなくなってるので、参考程度。

てか、薬品痕wだけじゃなくてあちこちすり減ってて、キャップがmonotechみたいに丸くなっちゃってますが。まあ、それだけ愛着もあったりして。

さて、次は……0.5いくか、あるいは少ない0.7/0.9にいくべきか……

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

GRAPHGEAR 1000 .3 PG1013(Pentel)

メーカーページ
0.4でもやりましたが。

ダブルノックの製図シャープです。
グリップがゴム+ローレットの独特なもの。GRAPH1000の進化、といいたいのでしょうか。

で、書き心地なのですが……悪くないのですが、ゴムがフィット……というよりちょっと異物感があって、気になるかもしれません。まあ、滑ったり、邪魔になったりはないんですけどね。

グリップが太いせいか、何となく軸との一体感がないような感じがしたのですが、まあ、細かい筆記で困ることはないと思います。ただ、ゆっくり丁寧に書いたせいか、太さの割には疲れましたが。(重いから?重心が後ろだし)

ダブルノックなので、ノックはがたつきがあります。が、ノックに比べてかなりバネが堅いので、強くノックしなければ気にならないかもしれません。ただ、そのせいで戻りは激しい=大きな音がします。
書いてるときの横方向のがたつきは気になりませんでした。さわってみると、ほんの少しだけ揺れるみたいですが。

重心はほぼ中央。GRAPHGEARのロゴと硬度表示の後ろのリングの中間……よりやや後ろかな?
硬度表示は2B~2H、Fなし。グリップ部と一緒に回ります。先端をゆるめる必要があるかな?

とまあ、個人的な好みでいうともう少し重心が前だとな、って感じはしますが、ダブルノックとしては手堅い仕上がりだと思います。ゴムのおかげでローレットがほかのペンを傷めることも少なそうだし。
でも、このクリップはなにげにペンケースでは邪魔になりますよね。

つづきを表示

PageTop

GRAPH600 PG603-C 0.3(Pentel)

メーカーページ

あ、まだ使ってなかったっけ?
と思ったら、まだレビュー形式にする前の記録のみですね。(GRAPH600

てことで。GRAPHLET・GRAPHGEARに続く六角軸シリーズ第三弾、って感じです。
グリップをのぞけば、材質、色、仕上げの相違はあるけどそっくり。
でも、今回はカラバリがあるんだっけ?それと、0.3/0.5のみですね。0.4がないのは切ない……

グリップは平行線状に溝が掘ってあります。まあ、汗対策だと思いますが、これと表面はさらさらな仕上げで……
なんというか、妙に落ち着かないのです。滑るってことはないのですが、GRAPHGEARの感覚で握ったせいか、滑りそうで、つい力が入っていたようです。すぐ手が痛くなった……
あと、グリップの長さがちょうど握りに合っていなかったようで、口金に当たる指が妙に気になるわ(グリップで一段段差が多いのが気になったのかな?)、後ろはグリップの段差に親指が当たるわ(当たるというか、腹に当たるので落っこちそう感?)で……なんだろ?持ち方変えた方がいいのかな、このペンに関しては。前使ったときはそんなに気にならなかったような……

重心は低め。グリップエンドのちょっと後ろですが、重心以上に低く感じます。たぶん、グリップの質量比が高いのでしょう。

高度表示はB~4H、Fなし。このシリーズは相変わらずなんですね。
相変わらずといえば……ケシに針金がついててびっくり。さすがに白いケシでしたが。

クリップがつや消しの金属になっています。渋い感じですが、高級感はないです。

ノック感とかは相変わらず……なのかな?ちょっと堅めですが、フィーリングはいい感じです。

とまあ、前はあまり気にしなかったのですが、やっぱりグリップはOHTOのやつみたいに、ローレット入れてほしかったかなぁ……って感じです。まあ、そういうやつはGRAPHGEAR使えって感じでしょうね。

つづきを表示

PageTop

GRAPHGEAR 500 0.3 PG513(Pentel)

メーカーページ

0.4で紹介済みのGRAPHGEAR500。
ほとんど同じだけど……あれ、硬度表示はB~4H(Fなし)だな。0.4で確認ミスったかな?
ちなみに、Pentelロゴの後ろに1Aって入ってる。

んー、前は今市って印象っぽいけど、今回は、先日使ったGRAPHLET0.3がやたらグリップが甘かったせいか好印象。0.4のGRAPHLETがグリップがよかったのかな?
あるいは暖かくなって指がかじかんでいないせいかもしれない。むしろ、少し汗をかいてもほどよく滑らないでいてくれるので、いい感じでした。
あと、重心がかなり前、かつグリップに質量があるので、ゆっくり書くときは安定感があっていい感じです。

それと、カラーリング的には茶はいいマッチングでしょうね。もしかするとシリーズ中一番いい配色なのかも。

つづきを表示

PageTop

GRAPHLET 0.3mm PG503(Pentel)

メーカーページ
いわずと知れたロングセラーですね。製図用なのに、どこに行っても置いてあるという。

使ったのはちょっと新しい?バージョン。でも、もう代替わりしてるかもね。
新しい、って言っても……買って優に10年は回ってると思うけど。まあ、状態は結構いいですが。

なぜか破壊済みの旧バージョン(口金が割れたらしい。薄いプラなので、分解組み立て時に力を入れると割れるのだ)が残っていたり。
で、比べてみると、
旧:ゴムが緑、パイプが黒ポリ、クリップの下に4Cと印刷。
新:ゴムが白、パイプが金属、クリップの下には3Fと印刷。
って差がありました。クリップ下で、バージョンがチェックできるのでしょうか?あるいは単なる生産月表記とか?

高度表示はB~4H、F無し。これは新しい方も。
重心は中央ややまえ。ロゴ~グリップの空白のほぼ中央。

グリップのローレットはちょっと甘めで、今日は湿度のせいか汗をかいてまして……ちょっとつらかった。ある意味無加工より滑りやすいかも。なぜか、古い方が食いつきがいいですね。錆などの劣化のせいもあるみたいですが、溝のエッジがそもそも立ってる気がします。
まあ、ここはメッキがはげて真鍮が出やすいので改良したのかもしれませんが。

で、恐ろしいほどに?このボディはまっすぐです。考えてみれば、握るときに先端の方を持つ癖がついたのはこれのせいかも。……いや、そうでもないか。
滑りやすかったせいか、ちょっと疲れやすいですね。単純な筆記でも昨日のP323に軍配が上がるかもしれません。昔はあまりにきならなかったけどなぁ。1000使ってたのも、どっちかというとノック感が好きでって感じだったし。あとデザイン?

まあ、なんだかんだでたぶん最初に買った、一番長く使った製図シャープです。

つづきを表示

PageTop

P323 0.3mm(Pentel)

シルエット的にはグラフペンシルの系列でしょうか。
硬度表示がないから製図系じゃないんでしょうか?……そんなことはないか。

見た目はかなりシンプルで、プラなので500円だとちょっと高いかな~って感じはします。
でも、考えてみたらGRAPHLETもそうですね。
ただ、こっちはグリップもプラ一体成形なので、もっと高級感がないですが。

グリップ部分は、軽く溝が切ってある感じです。食いつきはそんなによくないですが、滑ることはないです。

ボディは12角形になっているみたいですね。(一部、角が取れてる部分もありますが)
独特の握り具合です。これのせいか、あるいは先細りのちょっと古いシルエットのせいか、何となく細かいものを書くのに向いている感じがします。一般的な筆記なら昨日のA3とかの方がいい具合に感じますが。なんか書いてて、こう……コントロールが効くような。
一番先端は面取りされていなくて、ちょうどリング上に盛り上がっている格好になっています。ある種S3っぽい引っかかりになってますね。自分の場合、そのちょっと先(=口金)に指をおいちゃいますが。

口金は普通の円錐型。この辺も昔ながら、といった感じ。

クリップは山折りされてる感じで、一昔前によく使われていた形状、といった感じです。最近使われないのは、かさばる感じがするからでしょうかね?あるいはただのデザイン的な都合でしょうか?
一応ボディに溝が切ってあるので、外すのは若干難しいかも。ねじればとれるでしょうけど。

重心は中央よりやや前。Pentelロゴの四角の後端くらいです。

中のパイプは、古いGRAPHLETと同じ感じの黒いポリパイプですね。
消しゴムには針金が入っています。
ノックはちょっとバネっぽい音(リングの外れる音?)がします。不快ではないですが。
あまり大きな音はしません。

といった感じで。細かい書き物をする場合……あ、0.3mm方眼に書き物する場合とかは結構いい感じじゃないでしょうか。軽いので疲れにくそうだし。

つづきを表示

PageTop

120 A3 0.3 A303(Pentel)

昨日に続いて120シリーズ?
A1はあったのだろうか?はさておき。

何となくA2の後継かと思っていたのですが、考えてみたら、こっちの方が高いですね、100円。
で、何が違うかというと……

グリップがゴム製の、どことなくSMASHっぽいのになった。
ですが……これ、経年劣化でべたつくんですよ。ううう……
それさえなければ、微妙に太いので、握ったときに結構いい感触なのですが。
SMASHより堅いでこぼこが、ツボ押し効果?にもなって。

クリップはちょっと弓なりで、モールド(プレスだけど)が入ってます。ほんのり高級?感。

キャップは相変わらず穴がないのですが、丸くなっています。
これは好みでしょうね。ある意味とがってる感じになって、痛いという人もいるでしょうし、
角がないのでうれしいという人もいるでしょうし。
中のパイプはほぼ同じみたい。消しも針金なしのほぼ同じタイプ。

重心はほぼ真ん中?若干後ろでしょうか。Pよりやや前のような。
重さはA2とあまり変わらない感じです。

というわけで。だいぶ手がなれてきたせいもあるのでしょうけど、20分近く書いたのですが、軽いせいか、握りが太いせいか、特に痛みもなくいい感触でした。
昨日今日、ちょっと芯が硬かったので(デフォで入ってるHBだったのかな?)柔らかめの真に入れ替えたらもっとよかったかも。

それだけに、グリップの劣化は惜しまれますね。べたべた。

つづきを表示

PageTop

120 A2 0.3 A203(Pentel)

たぶん、廃盤かな?
ちょっと昔に、近所の長崎屋で買ったような気がする。

ぺんてるの0.3では一番安いモデルだろうか?
でも、キャップに消しゴム、クリップと最低限のものは揃ってます。
あ、針金はなし。だけど、キャップには穴がないし……ちょうどそんな時期なのかな?

重心は中央やや後ろ。Pの字のあたりかな?
まあ、クリップを外せばもう少し前に来るのでしょう。
もっとも、軽いのであまりふらつきは感じません。

まあ、昨日のSMASHをプラで作って、余計なギミックをすべてそぎ落とした感じ、でしょうか。
グリップは平行に溝を切ってあるだけですが、それなりの安定感。(食いつきはしませんが)
癖がなくってなかなかいい感じです。
なにせ……安いし。

つづきを表示

PageTop

SMASH 0.3 Q1003(Pentel)

参考ページ
で、Pentelシリーズ。
ううう、古くて字が消えかかってるよ……
と、型番を確認していたら発見したのでリンク。
グッドデザインだったんだねぇ。

GRAPH1000の印象があるような、かなり違うような、といった感じのシャープです。
口金グリップが一体型なのは当時としては(今でも?)珍しい感じ。
ただ、芯詰まりの時とか処理しにくくてあまり好きな印象がなかったのですが。
部品点数が減っていい、と書いてありますが……これ、逆にコスト高になるような肝……
まあ、故障しにくいのかもしれませんが、でも、妙にアライメント?が狂うことが多くて、これも、心を出すときは一旦ゆるめて心を出して、締め直さないと出ません。(0.1㎜未満で中心が狂ってる感じ)

しかし、なんか……改めて使ってみると、ずいぶん持ちやすいですな、これ。
テーパー部がなめらかな曲線で、指に当たらないせいか、あー、あとストレートなボディがかえって握り方を選ばないせいか、妙な安定感があります。

ところが……保存状態が悪かったのか、ノック部のゴムが固まって……完全に固体化してる!
ロットリングの消しゴムがチョークとかして他のもびっくりですが……ひぃい……
まあ、これはゴムの部分をあきらめれば普通に使えますけどね。

グリップ部分はGRAPH1000が進化したような妙なブロック状になっています。
まあ、ちょっと粒々がちっちゃくて、いまいちグリップ感に貢献していない肝……
でも、不快ではないです。

高度表示はB~4H、Fなし。(お、珍しい)
重心は中央やや前でしょうか?(硬度表示の後端あたり)

まあ、生産終了なのが……というか、0.4がないのが惜しいモデルです。
ゴムがいかれたのは悲しいですが……まあ、芯経違いとかOEM?なのがあったと思うので、まあ……いいかな。

つづきを表示

PageTop

S20 0.3 HPS-2SK-DBN3(PILOT)

メーカーページ
おっと、これは初出場か。
シールがないので型番はメーカーページで確認。たぶんブラウンのほう。

木ですね。合成かどうかはよくわかりませんが、とりあえず張ってある訳じゃないです。
真ん中でねじると分離して、内側まで同一素材なのが確認できます。
しかし、製図用ペンで木って……需要あるのかなって思ったりして。

硬度表示は2B~2H、Fあり。中は印刷かな?
緩いことはないですが、ラチェット感もないです。

重心は中央やや前。銀のリングのちょっと前側です。

グリップが……握ったあたりが一番くびれているのですが、かなり細めかも。
あと、木とはいえちょっと滑りやすい感じがしますね。
なので、なれるまではちょっと疲れやすい気がします。

あ、ばらしてわかったんだけど、このシャープ、チャックにリングがないですね。
口金を外してもそのままノックが出来ます。(てか、開くだけだけど)
ちなみにノック音はかなりはっきりしています。図書館とかじゃちょっと気が引けるかもしれませんが、いい感触です。

つづきを表示

PageTop

S10 0.3 HPS-1SR-TL3(PILOT)

メーカーページ
S10です。透明ブルー?とメーカーページにあった ので確認したら、確かにちょっぴり透けてますね。
わからないよ!
てか、シールの文字が読みにくい……
青は0.7の色だと思います が、たぶんS3で黄色を買ってたので避けたかな。

グリップが金属なので重め。重心もかなり前です。
書き始め、安定感があるので ゆっくり書くのに向いてるかな、と思ったのですが……思いの外疲れますね。別に今日も寒いわけではなかったので……でもないか。昨日よりは少し冷え込んだ ような。
あ、硬度表示は2B~2H、Fありです。

とまあ、走り書きする人にはちょっと不向きかな、と。
手が痛くさえなら なければ結構いい感じなんですけどね。

つづきを表示

PageTop

DirectDrawベンチ

あー、そういえば環境変えたらだいたいベンチとってたんだっけか。忘れてたよ。
と、自作ベンチを発掘。
最初にやったらやたら値が悪くてびっくりしたけど
>縦画面
>サイドバー
>Aero
の三重苦じゃしょうがないか。全部引っこ抜いて。
>クロフ……930フレ(800×600)
>フィル……1570フレ
>α合成コピー……340フレ
うーん……早いねぇ。てかオーバースペック。
ま、でも時代はとっくに3D9に移行してるわけで。
「FastWriteはえー」とか「P4はえー」とかいってた頃がなつかすい。


PageTop

うわ、ちょっ……

ブラウン大学の院生が Wiki を利用した P2P ストレージを開発 → 管理者困惑
2連続。

むかし……ネットワーク上の空いてるストレージをかき集める方法を妄想して、掲示板システムに、CDRみたいに追記して(その頃はWikiは知らなかった)……とか、考えたことがあったけど、本当にやるとは!
いや、自分が思いつくくらいだから、もっと……思いがけない方法でいろいろ活用されているかもしれませんね。
まあ、自分の妄想の行き着く先は……自律プログラムがネットを徘徊できるようにならないかなぁ、なんですが。え?もういたりする?

PageTop

蜘蛛の糸。

83 % の企業は Windows 7 発売後 1 年以内にアップグレード予定なし
あー、そうそう。結局OS入れ替えると、上で動いていたアプリやハード(のドライバ)が対応している保証はなくなっちゃうんだよね。
メモリ増やそうと思ったら64bit化必須でドライバ全部アボーンだし。

まあ、メーカー側もOS入れ替え特需を狙うわけで。MSも旗振りして……となんか似たような図があったなあと思ったのですが。
結局、調子に乗ってると、入れ替えるものが増えすぎて、がんばって値下げして互換性とって「こんなに簡単にアップグレード!」と叫んでも誰も見向きもしなくなる……とかなるんでしょうかね。

こんな時、VPCとかで互換とかとれないんですかね?でも、現状ではライセンスが増える以上、余計お金かかっちゃいますし。VPCサポートしないアプリもあるでしょうし。

というか……もっと努力(ハードソフト両面で)すれば、現状のOSの互換性を極力保ったまま、外側に新しいOSをインストールできるようになるかもしれませんが……もしそうなったら、Windowsに固執する理由はなくなっちゃいますね:P

しかし、OSって……アプリにハードの差異を見せないようにするラッパーだったはずなのに、自分の都合でアプリ振り回しちゃ……本末転倒だねぇ。ま、アプリの行儀が悪すぎるのか?

PageTop

なんて言うか……小学生以下?

「遅刻多い、けしからん」民主大量退席 委員会流会…与党反発
前々から思ってたけど……なんだろ?
一応税金もらって(この言い方好きじゃないんだけど、この場合はいいや)出席してるんだよね?
退席って事はサボりだよね?(あー、ちょっと違うんだっけ?)

てかさ、そこらの小学校から体育教師連れてきて、遅刻早退はお尻ペンペンでもしてもらった方が良いんじゃない?体罰だけどいいよ、もう。

てか、レベル一緒にしたら小学生が怒るか。ごめんなさい。

PageTop

S5 0.3 HPS-50R-TB3(PILOT)

メーカーページ
なんのひねりもなくてすみません。うん、S20まで続きます。
前に書いてるから、もう書くことがなくて。

一応硬度表示は2B~2H、F込み。刻印+塗装でしょうか?あるいは焼き付けみたいな感じ?
ま、それはともかく。

S3ほど人気はないですが、グリップはゴムなので安定感はありますね。まあ、べたつく感じがしてイヤ、という人もいるのでしょうか。あるいは、やっぱり若干重くて長時間筆記に向かないとか?
(まあ、ここでは10分前後で書いてるので、そこまでの差が出ないと思いますが)
見た目は確かにS3に軍配が上がると思いますが。黒は見た目はかなりましな方だと思いますが。

つづきを表示

PageTop

数学的思考って……?

なんか適当に検索してたらこんなんでましたけど。
数学的考えってどんなことですか?
うーわー、たぶん、数学の神様は泣いてるよ。

てか、この辺になっちゃうと定義論になっちゃうけど、数学って論理学より狭いの?逆じゃない?
(てか、数学の一部分として論理が出てくるよね?)
てのは置いておいて、そもそも、数学的に考えると抜け落ちが出てくるとかいってたんじゃ、数学……てか、理数系学問は修められないでしょう。(だから、オカルトに走っちゃうとかそういう)なんというか、算数と勘違いしてないかな。

じゃあ、「数学的思考」ってなによ?ってなるんでしょうけど……あはは、私めのへっぽこな頭では答えられません。
まあ、そんな自分を含めて、「数学的思考」をちゃんと理解できてる人間ってどれくらいいるのかな、と思うと……検索した限り怪しいなぁ、なんて思いますが。結局、これもエセ科学系の言葉(例:マイナスイオン)と同じで、言葉が一人歩きしてしまっている例に過ぎないのかもしれませんね。

ただ、ちょっと怖かったのは……そうした情報を含めて、別に肯定否定もなく、インターネットって情報がたまっていって、「ググレカス」すれば引っかかって、結局、その嘘本当を見分ける目が必要っていうのはわかるんだけど……ねえ。

PageTop

S3 0.3 HPS-30R-TY3(PILOT)

メーカーページ

なぜか、スタンダードの後に普通のモデル。普通だけど、スタンダードじゃなかったり。
まあ、前に0.4でやってるので簡単に。

芯経ごとに、色のバリエーションが違ったり。0.5はそろってたと思うけど。
と思ったら0.3も全部そろってますね。
でも、黄色は0.3/0.5のみだから0.3用って考えていいのかな?(いや、0.5の担当色って考え方もあるか)

なんか、握ってて妙に太く感じたり。色のせい?あるいは、硬いからかなぁ。
でも、汗をかかない限りは滑りませんね。(まあ、当然か)

というか、今日は(むし)あつかったせいか、手の調子は順調であまり痛くならなかったし。スタンダードの時でも少し痛かったので、ペンのせいじゃないと思う。
でも、少しは筆記の勘が戻ったのだろうか?でも、思ったほど早く書けてない……TT

つづきを表示

PageTop

なんか凄いの来た

Tech48(リンク先18禁注意)
うわー、がんばってるなぁ。
てか、その発想は無かったわ。

でも、たのしいんだけど……ゲーム中に体を動かすのはちょっと難儀だよね。
だけど、カメラ付きタブPとか、iぽん見たいなハードなら結構いい感じかも知れない。
(本体傾ければだから……というか加速度センサーでやった方が早いか)

やってるところは、ちゃんと技術の無駄遣いしてるね。
でも、なんで48なんだろ?う~ん。

PageTop

ゆとりって年齢関係ないよね。

対局中の羽生名人に記者がサイン求める 厳重注意

まあ、常々思ってますが。
こういうゆとり感って、教育したとか、教育が甘いとかそんなんじゃなくて、もう社会の空気として伝染しちゃう物なんですかね。
もっとも、ゆとり教育を掲げたのが大人の側な訳なんだから、まあ当然なのかも知れませんが。

あるいは……昔の大人がゆとって無いっていうのが単なる幻想だったんですかね。
う~ん。

PageTop

S3 スタンダード 0.3 HPSN-303R3-TL(PILOT)

メーカーページ
某巨大掲示板では一番人気?のS3のスタンダードモデル。

やっぱり製図系のペンはデザインが野暮ったいとかいわれるんですかね?ちょっと悲しいですが。
まあ、でも女性人気もあるらしいのでそんなものかな。
だったら、もうちょっとカラーバリエーションとか用意してもいい気がしますが。(ラメ入りとか)

ま、それはともかく、通常のモデルとして、口金形状とノック部のキャップが変更されています。
が……うーん、どうだろう。ちょっとシルエットのバランスが悪い気がします。
ボディの流れはキャップの太さを想定している感じがしますし(見慣れてるだけ?)
口金も寸詰まりに見えるし。

まあ、でもバランスとかはあまり変わりません。重心はグリップ後端のちょっと手前。
あ、ほんのりスタンダードの方が前かもしれない。(キャップ分?)

書いてると、ペンを回すと、転がり防止のぽっちが少し気になりますね。(前に書いたかな?)
まあ、これは握り方でしょう。たぶんお手本通りの握り方をすると浮く部分のような気がしますし。

あと、やっぱりグリップは……汗をかくと滑りますね。
いや、本当に滑るってことはないのですが、滑りそうというか、回すときのしっくり感がないというか、そんな感じで、少しマットな仕上げにしてくれた方がよかったかな、と思ったり。
……自分で削るか!?(いや、それは……)

つづきを表示

PageTop

G45のパワー?

もしかして、1600×1200縦画面で、60フレ出せちゃう?
うわ。ちょっと見直したかも。

てか、今まで6150使ってたんですが、30フレに落とされちゃうんですよね。
で、転送速度もちょっと制限があったような。(これはDirectDrawに向いてないだけかもだけど)

おおお、スクロールなめらかだ……
でも、これもi7になると(チップセットビデオの場合)制限かかったりするのかな?

PageTop

vistaのエクスプローラのあたり判定のクレイジーさ

環境移行中で、何かとコピーに不便があったりするので、ファイラーじゃなくてエクスプローラの使用
頻度が高くなってしまうのですが。
(特権とか、コピー速度でどうしてもね)

みんな、よくこんなくそエクスプローラで不平でないよなぁ、なんて思って検索すると、一応不満な人もいるみたいで。ええ。あたり判定が右に伸びてたり、よくしますよねー。
いやいや、この問題の本質はそんな生やさしいものじゃないので。

無題
えっと、赤枠が右クリックのあたり判定です。
ちなみに、左クリックはうすい青の枠すべてで判定です。
(数ドット誤差があるかもしれませんが、ご勘弁を)

これ、どうゆう根拠?
てか、バーの部分は長さ(max)の半分ですかね。

クリックは割と、個人的には右半分にしていることが多いみたいで(カーソル形状のせい?)もう
狂いまくるわけで。ストレスの原因の一端がようやくわかったような。
てか、バーは青い部分が判定かと思ったら、そうですらないという。

PageTop

SUPER PROMECHA PM-1503S/0.3(OHTO)

メーカーページ
これも既出ですね。うーん、ニューモデルが見つからない……

見るからに重そうで、実際ずっしり来る重量です。文鎮として使える?
でも、重心はかなり低め(グリップ後ろのダイヤル辺り)で、書いててふらつくことはありません。
が……やっぱり思いだけあって、10分書いてると手が痛くなりますね。しかも急に。
まあ、製図みたいに線を引く用途だと逆に楽かも知れません。

硬度表示はB~4H、Fあり。
1000円モデルと違って、表示を回す部分が黒くないので、デザイン的にはすっきりしてますね。
0.5みたいにフォントが黒なら良いんですが、0.3は黄色なので、黒が浮くんですよ。

つづきを表示

PageTop

synergyにeyesがほしい

まあ、時々思うのですが。
普段は2台使用なので早々困らないのですが、環境移行で3台にしたりすると……制御が今どこか
わからなくなったりするのです。
で、そういえばeyesがあったな……と思って拾って入れてみると、目が中心向く……
要するにほかに制御がいってるときは画面中央にカーソルを持ってるみたいなんですね。

synergy自体はソースもあるし、自分で制御がどこにあるかわかるプログラムを作ればいいんだろうけど……
でも、考えてみると、synergyの制御の以降設定は「画面端x%~y%」って制御なので、方向で識別するのはなにげに難しいのかも。うむむ。

あー、あとふと思い出したけど、処理が重いとき(てかスレッド捕まえっぱなしとか)、時々ほかに制御が移せないときがるんだけど、その場合、処理が終わったらマウスが飛ぶんだよね。(終了後に制御の以降が発生する感じ)まあウィンドウズの制御の仕様上仕方ないんだろうけど……どうにかならんかな。

PageTop

PROMECHA 1000M/0.3(OHTO)

メーカーページ
0.3も残りすくなになってきたので、まずOHTOから消化しておきましょうか。
0.4では紹介済みのPROMECHAです。(てか、こっから先ほとんど重複分)
0.3のカラーは黄色なので、ボディのフォントはちょっと見にくい。

前にばらしたときに組み立てがミスってたのか、グリップ回そうとしても回らなくて、スリーブが出てこなくて焦りました。バネが引っかかってたみたいで、一度ばらしたらすんなり出てきましたが。

ボディはちょっと重いですが、低重心です。グリップ後端くらいだっけ。
グリップは粗めのローレットで、しましまが入れてあります。こっちの方が汗が飛びやすいって判断でしょうか?あるいは握りのガイドになるのかも。

書くときに、ちょっと鳴りがありますね。まあ、内部メカがちょっと当たるのでしょう。でもがたつきは感じません。
まあ、さすがに重いせいか、ちょっと疲れるのは早かったですが。クリップもあまり当たらないのでいい感じでした。

つづきを表示

PageTop

マシン更新

会社のマシンの調子がおかしいので、マシンを入れ替えてみたり。
しかし……微妙に予算が無いので安めに。

無難に?AMD系にするか、INTEL系にするか悩んだのですが。
いい加減AMD一筋過ぎもまずいだろ、とか。で調べてみると……傾向としては「安くて4コアならAMD」「安くて高クロックならINTEL2コア」「省電力ならINTEL有利」「ハイパフォーマンスならC2Qかi7」
って感じですかね。
つなぎのつもりだったので、現状(Athlon64-4400)よりちょっと高いクロックで2コアかな……と。
E5000、7000系の選択肢もあったんですがちょっと欲を出してSSE4入れておこうかなと。
E8400なら、クロックが1.5倍弱、CPUポテンシャル差も入れれば1.5倍以上早くなるかな、と。

マザーは……今がASUSで不調なので……(てか、単なるSATAケーブルの不調とか電源の不調の可能性もあるんだけどね^^検証する暇が無くって)験担ぎに変えたかったんだけど、評判的に堅そうだったので。コンデンサが全部固形らしいとか。(でも、ギガのも固形だったっぽいけど)
ギガの方が2000円くらい安かったんで悩んだけど、結局ASUSに。

ってことでCore2DuoE8400+ASUS P5Q-EMにしてみたり。
あとメモリ2G×2でいまんとこトータル37000なり。
もう2G×2足したい濃。

てか、久しぶりの自作、しかもINTEL系は10年以上ぶりなのでもうちんぷんかんぷん。
(最後(かつ初)の自作INTELはPentiumPROだったり)
DDR2ってPC6400とか800とかFSB1333とか、わーわらん。
てか、昔のCPUだとFSBとCPUクロックは同期してたりするけど、最近はINTEL系でも気にしなくていいのかな?(AMDはAthlon64以降FSBが無くなってうやむやだし。パフォーマンス差は出るみたいだけど)

で、パーツ集めて組み立てですが、マザーがうまくケースに入らない。
うーん、バックパネルとか変なひげがあるせいで引っかかるんだよなぁ……と思いつつ、でも入らない。よく見たら……バックパネルの穴と、SPDIFの位置がずれてる!うわぁ。
ニッパー(てか金切りばさみ?)を借りて拡張工事。
うーん、設計ミス……というより、部品取り付けミスかな、これ。初期ロットでもないはずなのに……

で、Socket774は破損が怖いとさんざん聞かされているので、(ネットでなw)震えながら、ソケットを空けて……CPUセット。まあ、CPU自体は扱いは楽だね。まあ、載せて、位置合わせは肝が冷えるけど。

そして、ファン取り付け。位置あわせしようとしてたら、グリス?が張り付いてて焦った。そのまま載せないと!
で、ピンを……え?これ、どうするの?回すの?説明書の図はいまいち分かりづらくて、日本語の説明を見ても明記してない様な……
で、ネットで調べて押すだけ、と判明。うーん、紛らわしい。だって、いかにも回してロックみたいなデザインじゃん。てか、マニュアルに押し込む矢印、とか回すなとか明記しようよ。(うーん、贅沢か?)
ま、れはともかく……なかなか入らない。いや、考えてみれば……ヒートシンクの固定はテンション掛ける目一杯押し込む必要があるのは分かるけど……でも、マザーの強度考えるとつい、ね。
しかし、固定するときに「みしみし」といいながらロック掛かるのは心臓に良くないです。テンションが掛かっていないと「ぱちん」と行くみたいですが。

で、ハード的には色々神経を使ったのですが(まあ、でも工具的には……ねじも要らないし楽は楽)
そこから先は一発起動。まあ、当たり前?昔はよく接触不良でね、とかあったりしたのですが。でもビデオもオンボードだし。メモリだけか、不確定要素は。

しかし、さすがに早く感じますね。って言ってもクリーンインストール状態に近い(実はインスコ済みの使ったんだけど、検証用の環境のだったので)からかもしれませんが。でも、UAC画面が妙に早かったり。この辺、CPUでちょっと得手不得手出るんでしょうかね?(あるいはVRAMがらみ?AMDはオンボードは苦手なはずですし)

で、なんでクリーンインスコしないかというと……まあ、あと起動ドライブをSSDに変えようかな、と考えているのです。うーん、後1~20000の出費か。痛いなぁ……

PageTop

Sharp 0.3 QS53(Pentel)

うお、いつの間にか0.3のストックが……
ついに残りPentelとOHTOのみか?
というわけで、ちょっとお茶を濁して手帳用から。

メーカーページ
一応情報がありますね。

というわけで小型シャープ。キャップあり。
ほかに特に特徴はないです。
ケシは一応ついてますね。針はなし。
キャップに穴がないな……と思ったら、口金側のキャップにはありますね。
ノックのは小さいから省略かな。

グリップ部分は特に工夫はありません。持ちにくいってこともないのですが、握る人はつらいでしょう。
あと、クリップが結構邪魔になりますね。こればっかりは仕方ないでしょうけど。
でも、服が傷まないようにか、わざわざ出っ張り(はさむトコ)の部分がプラになっています。
妙なこりかただなぁ……こっちのほうが安かったりする?

重心はほぼ真ん中……てか、やや後ろ?
まあ大きさといい重さといい、気にするようなものではないですが。

で、今日はなぜか筆記が長時間(ていっても16分)で指が痛くなりました。
まあ、そういうペンではないですね。
とにかく細いので、携帯には便利でしょう。

つづきを表示

PageTop

目の付け所が……?

GMとセグウェイが共同開発した恐怖の二輪車「P.U.M.A.」

んー、なんか「エアバッグは?」とか、あるいはドイツ製のちっちゃくて丈夫な車……を思い出しますが、しかし言われてみれば、
>十分な剛性と
>中の人間に一定以上のGを掛けない事を保証する機動力
があれば、変な安全保障用の機器を乗せる必要はないのかも知れない。
……まあ、爆発・火災とかだと無力ですが。

てか、空中に放り出されたらやっぱりお手上げかな。
なんか、これ、追突とかでぽーん、と上に吹っ飛びそうだよね。

PageTop

uni KURU TOGA 0.3(MITSUBISHI)

あれ、メーカーページにはまだ無い?

ハイグレードの方です。本体には型番とかあまり細かくは記載されてませんね。
ちょっと見た目は「う~ん」感があったのですが、購入してみました。

なんというか……個人的には
>ずんどーなグリップに妙に落ち着きのない口金
>後ろ半分が微妙に高級感がない
>てかグリップ滑りそう
辺りがどうも。

とまあ、グリップは予想通りつるつるです。
寒い日は、ちょっと冷たくなりますね。
てか、これから夏で……炎天下にほっとくと「あっちっち」となるのでしょうか?
いや、室内ならひんやりして気持ちいいのか?

くぼみが切ってあって、つまむように握ると丁度フィットします。でも、握る場合でもあまり邪魔ではないです。
滑るかなーと思いましたがそうでもないですね。グリップは重いのですが、重心は割と後ろみたいで(グリップ後端くらい)あまり下に力が掛からないのでしょうか。
でも、ここは……安いバージョンの方が快適かも知れません。あっちは軟質プラっぽい触感で、質感はともかく、手にしっくり来る感じなので。

あと、ノックが二段になってますね。キャップがバネ支持されてる感じで、途中で中の本体に当たる感触があります。昔のPILOT2020がそうだったかな。個人的にはあまり好きではないですが、高いペンに採用されるって事はこの方が都合が良いことがあるんでしょうかね。(内部メカに負担が掛からないとか)

クリップは小さめ。安い方より若干小さくまとまっています。これで選ぶ……ってほどじゃないと思いますが。
あ、外す想定じゃないみたい。

書き味は……まあ、普通です。重い分、回りやすいとかあるかなーとも思いましたが、軽い方で難儀したわけではないので変化無しかな。

余談ですが、安いのと口金(内部メカじゃない方)は交換できるみたいですね。だからどうしたって感じですが。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。