La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

PREPPY(PLATINUM)

100円のプレピーシャープです。
結構プレピーはいろんなモデルがあるみたいですね。
なので自分の備忘録wとして、若草色で、クリップとキャップがピンクのです。

口金はプラの円錐です。一応グリップと分離しますね。最初回した時はグリップの後ろが回っちゃいましたが。
スリーブはスライドです。これはクッション機構内蔵ですね。
スリーブは3mm程度。

中のチャックですが、しっかり金属、3分割です。
メカのカバーはプラですが。

グリップはラバーですね。横に〓状に凸凹があります。結構しっかりグリップしてくれますね。
軸はまっすぐな円筒です。
クリップはノック側になっていますね。なので少し浮いています。位置は十分高くてあまり当たりません。
ノックの上にキャップが更にあり、ケシが入っています。色は白。
芯は、ベースのノック部分を外すようになっています。まあ、チャックが金属なので安心。

重心はほぼ中央。若干前かも。PLATINUMのINの間くらい。

で、使用感ですが……軽いです。重心は気にならないでしょうね。
グリップがしっかりしてるので、筆圧は書けやすいですが、ちょっと疲れるかな。
柔らかい芯を入れるべきでしょうかね。デフォ(たぶん)のはHBだと思いますが、若干筆圧がいる感じです。
サスペンションがあってセミオート的に書けると思います。(あ、あまり試さなかったw)沈む量は1mm弱。スリーブの勝手に引っ込むのに任せて書こうとすると、ちょっと薄くなります。

まあ、変哲のないシャープですが、100円にしてはしっかり出来てる方かな。

スポンサーサイト

PageTop

備忘録:言語リスト

自分の脳内言語リストでも作っておくかw

順序はABC順……しかないよね。
系統別とかの方がいいんだろうけど、整理しきれないので。
結構書くの疲れるな。気がついたら書き足す方向性で。
あー、ここのWYSIWYGエディタ、タグ関係はちょっと弱いな。

おっと、参考ページ
プログラミング言語が車だったら
オブジェクト指向

アセンブラ
機械語を直訳したもの。データ記述を追加されている。かな?
個人的に最初にお世話になったのはZ80のザイログニモニック。
8086(186/V30かな?)はディレクティブが把握しきれなくてインラインアセンブラ使ってましたw
68000/030は良かったねえ。頭使わずに書けるし。(そうか?)
最近は大分使うことが減りました。あ、コード書いて無いせいかw

BASIC
今でも究極の入門言語って感じがします。
あれほど敷居の低い言語は未だに無いような。滅多にハングしないしwデバッグ環境が完全にシームレスだし。(ブレークして、そのまま任意の変数を表示できる)
いや、言語としての記述難易度の低い言語は他にあるはずですが。ベーマガみたいな環境が成立する言語(あるいはそう言う時代背景だったのかもしれませんが)は他にないでしょうね。強いて言って7行プログラミングぐらい。
あ、お世話になったBASIC……SHARP系ポケコン、S-BASIC(5030とかMZ-1500のとか)、MSX-BASIC、N88-BASIC(86)、X-BASIC(これもBASICと言い難い)など。店頭wで触っただけならLEVEL3-BASIC、F-BASICほか色々。懐いね、ほんま。

バッチファイル
使う……というほど使いませんが。忘れた頃使うと、若いプログラマに驚かれるという。
最近はWSHとかもあるしね。(いや……あれはどれくらい使われているのだ?)
アンインストール時に、自殺プログラム(この記述、犯罪性無いですよw)が書けずにお世話になったとゆー。

C
Windows時代になるまでずっとお世話になっていました。高級マクロアセンブラ。
当時は移植性の高さが売りだったんでしたっけ。……どこが?
まじめな人が書くソースは、逆に切ない気持ちになります。(defineだらけで)
というか、独自インデント作っちゃって先輩に怒られました。(あまりチーム開発はしませんでしたが)
まあ、独学だったしなぁ。
ああ、intを全部shortに書き換えていたあの頃が懐かすい。(というか、unsigned shortをUSってでファインしてそれ使ってた。当時は有符号になっただけでパフォーマンスが落ちたものです)

C++
今利用してます。
でも、Cから移行したので、(未だに)あまりオブジェクト指向してませんw
まあ、昔のライブラリを移行させたので、どうしてもそうなるよね。ね。(いや、おまえが不真面目なだけだってw)
STLも設計から直さないと、重くなりがちだよね。ってことで、やっぱり真面目に習得するなら、1からやらないとって感じです。何でも。

C#
なんだかんだでまだ使ってません。いや、これの上に環境構築すると、ゲイツに焼き印押されることになりそうでw(だから、ビルゲイツ氏は……)
といいつつ、DirectXべったりで開発してたり、すでにWinの呪縛に嵌ってるだろうに、といわれたらなにも言い返せないw
いろいろ、かいつまんで読んでると……結構へんてこな概念があるみたいで面白そうなのですが。

D
使おうかな……と思ったら、文字列がUNICODEで挫折したw
いや、既存プログラムの置き換えとか考えてたので、ちょっとね。
横着だなー。

FORTH
簡単な言語。習得がじゃなくて構造が。下手するとアセンブラ以上。(構文解析から含めると。brainf*ckには勝てないか?いやトータルなら勝ってるだろ)
FORTH「的」ってなりますが(サブセット)処理系を簡単に設計できますね。
昔、ゲーム用にコンパイラ+実行環境を一週間くらいで作った記憶が。もっともその後酷い目に遭いましたがw
開発ノウハウがないと、却って遠回りになると言う。世の中うまくいかないものですw
実は、総合的な意味でFORTHの全体像を把握したのは割と最近です。(immediateとpostponeのあたり)
実際は2スタック以外に(も)重要な要素があったり。(ストリームと辞書。これがないと構文解析のところが説明できない。のだけど……これを説明すると配列の説明以上にきな臭い感じ)でも、これのお陰で、FORTHはユーザー側に閉じた言語になってるんですよね。

HSP
HotSoupProcessorの略らしい。ゲーム用簡易言語。やっぱり使ったことない。

HTML
一応言語になるのかな。
真面目にHP作ったこと無いので、触ったことはないです。

Java
iアプリ作るので使用。一応テキストビューアは作った。
簡単な割に、微妙にわかりにくいところがあるよね。
オンラインでドキュメントに当たると、MEとかEEとか、その辺で嵌る。(うっかり使えない機能を探してしまったり)上下の互換性が高いのも考え物……というのは、明らかにドキュメントの当たり方が横着なせいw

JavaScript
7プロしかしてないw
いろいろルーズさがあるように思うけど、でもセキュリティは高い……の?

Lisp
使ってみたいんだけど……手を出しあぐねてます。
最大の敗因は、EMACS使ってなかったことか?(でも、使ってたら……Windowsでエディタ作ろうと思わなかっただろうなぁ……)

吉里吉里
(エロ)ゲーム用スクリプト言語。スクリプト限定じゃないか。
興味はあるのですが、使ったことはないです。
スクリプトとして使うならTJS限定で使わないと意味ないだろうし、真面目に使うと通常の言語習得とあんまり変わらないよね……的な。まあ、ゲーム用の強力ライブラリがあると思えばいいんでしょうけど。

Lua
おっと忘れてた。組み込みしやすいスクリプト言語らしい。ゲーム使用とか。
組み込んだことはないですが。
てか、G13で使えるので少しいじったのですが、G13のドライバがバグ状態であまり使用できてませんw
Logicoolって、あーみえてあーだよなぁ。

Modula-2
何か知らないけど、解説書持ってて。
コルーチンとか、パソコン用としてとらえると早すぎたのかな。(25年近く前の話)

Pascal
学生時代友人が嵌ってた気がする。(と言うか、安いから買えたって話かもwちなみにターパー)ナイコンには関係ねーぜw
あとあとDelphiは買ったけど使わなかったなぁ。
{}→BeginEndってだけで指が嫌がるらしいw
プログラマは横着なのです。偉い人にはそれが分からんのですw

Perl
使ったことないw
最近、文字列が強いって事はそれだけで重要な特徴(アーキテクチャ?レベルで)の一つになるのだ、と何となく理解してきた。だから受けたのかな、とかそう言う。

Prolog
特定用途にはやたら強そうですが……逐次実行処理には向かないのだろうか?あるいは理解が足りないだけ?良くも悪くも、ある程度の規模があるプログラムじゃないとありがたみがないような。(高速ソートアルゴリズムと同じで)
てか、麻雀ゲーとか作ると(やたら)楽だったりするんでしょうかね?

QuickBASIC
BASICじゃないよね。いろんな意味で。(主に行番号がない辺り)
VBの原型かと思ってたら、違う、って話を聞いたような気が。

Ruby
ちょろっと触った。FORTHもどき作ったw確かに簡単で便利。あったらいいな機能を整理してぺたぺたつけてある感じ。(最近の言語はそう言うの多い気がしますが)
でも、自分みたいなアセンブラたたき上げだと、参照と代入のルーズさは逆にわかりにくいのだとも思ったw
……説明読んでから使えよw

Scheme
Lispの方言だっけ?

Smalltalk
これも使ってみたい言語の一つ。
FORTH的な、システムの中を把握しやすい(標準エディタ上からすべてのライブラリをドキュメント的に参照できるんだっけ?)とか、色々魅力はあるのですが、いきなりは把握できないよね……

Squeak
Smalltalkの方言かな。

VisualBasic
電卓作っただけw

yacc
なんだかんだ使ってないんですよ。え?構文解析?ごり押しでw
ちゃんと基礎からお勉強するべきだと思うんですけどね。うーん。

PageTop

するぬら~

結局我慢しきれずにTradioTRFにインクを入れてしまいました。
何というか、これ、何とも言えない書き味ですね。
ぬらぬら……と言うよりするするって感じ。
滑りまくるような無抵抗感です。ガラスの上で棒を滑らすそれとは違いますが。
Bとか好きな人はこういうのに嵌るのか……と納得の感触です。
インクを入れなくてもつい紙を撫でてしまうくらい気持ちいいです。

しかし……字が太い!
Mより太いんじゃないかな?海外用のMって奴でしょうか?あるいはもっと太いのかな?
A罫ノート(の縦書き)でも字が潰れてしまいます。きつい……
これで字を書くときはそれこそUL罫の出番でしょうね。
それとかなりインクが出るので、書いた後はこんもりです。インク、すぐ無くなるだろうね。
たいてい乾かしてしまう自分には、その点では都合が良いかも。
でも、これ短軸改造しやすそうなのですが、メモ取りに使えませんね。太すぎて。
(太くて良いじゃないか、的に割り切る方法もありますが。どっちみちインクの持ちが……)

ただ……ちょっと外れなのか、書き出しにインクが載らないことがあります。
かすれる、と言うより空振りって感じ。
しかも、困ったことに……それでも引っかかりもなく気持ちよくペン進んじゃうんですよね。
なので、2~3画かいて「あれ?」ってなるような。
角度やインクの問題かも知れませんが……あるいはペン先を荒らさないとって奴なのかな?
でも、なまじ書き味が良いので諦めにくいですw
とはいえ、宛名書き以外使い道がなさそうな気もしますが。

ガワが400円そこそこで買えてしまうので、痛もうが気にならないし、塗装とかの改造も簡単にできそうで良いですよね。

PageTop

CAPPER 0.5(Tombow)

たまには安い、ありきたりシャープやらないと、最後にそればっかり残るぞと、物色しつつ。
あんまり平凡なのはやだぁ……と思って目に止まったのがこれ。
うーん、やっぱりありきたりなのが残りそう。

見るからに古いシャープなのですが、割と後(2000年回ってから)に買ったと思います。
デザインはどう見ても80年代(か前)でしょう。
バリエーションがあるみたい(ググったら違う配色のが出た)ですが、これはグレーにキャップと口金後ろが黄色です。この工事現場の出来損ない的配色がまた。

口金は金属円錐。リング状に溝が一本あります。昔良くあった感じですね。
スリーブは当然固定。長さは2mm程度。
口金は回すと……後ろの黄色い部分も一緒になっています。
チャックは金属。3分割です。

グリップ部分は、横方向に溝。それが2分割されてる感じ、というのでしょうか。まあ、3本指の2本はかかるだろう的設計。先端が細くテーパーかかっています。

シールには¥300とあります。なんかAUDEE(A_DEE?)と書かれてますね。キャップにも。なんだろ?
クリップは、キャップの一部が伸びてるだけのベロ状のものです。そこに突起状の筋があって……転がり防止になってる感じですね。

キャップはちょっと抜きにくくて、最初無理したら壊れるかとひやひやでした。まあ、金属チャックだし、と思いっきり。キャップと本体に溝があって、そこで固定ですね。なので、力むと逆効果だったかも。

ケシは青緑。金属の受けに、針が溶接されているタイプです。パイプとはちょっと緩くなってます。
重心は中央やや後ろ。5mm程度でしょうか。CAPPERの後ろのPの縦線辺り。

使用感ですが……疲れのせいかちょっと手首が痛くなりましたが、まあ古き良きシャープです。昔はだいたい総じて先端が細いんですよね。グリップタイプもいいのですが……野暮ったい気もするので、もう少しこんなタイプがあってもいいかなとも思いますが。やっぱ長時間筆記だと疲れるという人が多いのでしょうか。
でも、この地味な配色は……(黄色は目立つけどさ)樹脂の色の調合に制約があったのかな?と思ってしまいます。

PageTop


二つのスパコンが示す日本の二つの未来 - 池田信夫

あー、どうしても噛みたくなっちゃうな。
結局、「コスト優先」とか「スケールメリット」辺りで突き詰めてしまうと、「すでに成功した」既製品の組み立てになってしまうんですよ。10倍金掛けたら10倍の性能の物を、なんて話だと(これは実は効率が悪いですが)ブレークスルーは得られないでしょう?

長崎大学のスパコンが、と言ってますが使っているのがGPUって事はたぶんnVIDIAかAMDな訳で、結局アメリカの既成技術がベースな訳です。もっとも、それを応用する技術が必要なわけで、そうした研究が無駄(独自性の放棄)って事にはなりませんが。(勿論、そう言う研究も大事なのは確かです)

結局、この路線で突き進むと「既製品の利用が王道で、他のは行き詰まり」って話になっちゃうと思うのですが、でも個人的には……ま、たとえばCellとかもありますが、近い将来――とは言っても10~20年は掛かるでしょうが――アーキテクチャが革命的に変わって、その時にはまたいろいろバケツをひっくり返したような変革があるんじゃないかな、とちょっぴり期待しているのです。
(わかりやすい例なら量子コンピュータとかありますね。でもそれだけじゃないんじゃないかなとか)

少し脱線しますが、現状だとCPUが中心で、それにメモリが付き、HDD、そしてGPUが載って、ネットワークで接続、と。勿論規模やOSの差違などで細かく変わるのですが、周辺のパーツもそれに応じた産業構造になっていて……あ、メモリなら、GPUのメモリで付加価値があったりと思いますが……でも半導体メモリは付加価値などの差別化が難しくて、開発コストの回収が難しいとか慢性的に問題を抱えていて。
でも、アーキテクチャが変わると……この辺もちゃぶ台返しっ、ってならないかなと。
そんな、既存のコンピュータの構造をひっくり返してくれるような研究に期待して止まないわけです。
(その時は、悲鳴も随分あがるも知れませんが。……あ、この辺は笑えないなぁ)

だから、まあ……その時には先手取れるように頑張ろうね、と思うわけで、上の議論を進めていくと、脱落しちゃうんじゃない?って心配になるわけですね。
というか、最近のCPUの進化の仕方にちょっと閉塞感を感じるのです。この辺は、80年代から見てる人は共感してくれると思うのですが。

PageTop

その言葉の本当の意味を、その日、私は知りました

サンデー時評:「ヒトラー呼ばわり」をめぐって
何か今日は書くこと多いね。
というか溜めちゃってさ。
いや、さっさと書かないとダメだよ。Operaのタブが溜まっちゃってw

「色眼鏡」って言葉があるじゃないですか。
あれ、赤いめがねなら、世界がすべて赤く見えるという意味だと思っていたんですよ。
そうじゃなくて。
上の記事を見た時に、
「そうか、赤いめがねなら、赤いもの(色)は見えないんだ!」
と膝を叩いたという、それだけの話です。はい。
いや、本当に思い至らなかったし、そう言う意味じゃ上の記事に感謝しないとねw
いや、マヂで。

案外、自分は間抜けですね。はは。
いや、全然案外じゃないから。……orz

PageTop

移民の不思議

時々思う疑問なので。
移民がどうこう……って話題にはなるのですが、一つ疑問があるんですよ。
というのは「移民が何故、現状の日本(先進国)の問題を解決できるのか」が微妙にハッキリしない感じが。

いや、単純に少子高齢化が問題だから、というのはいいんですよ。一見、綺麗に解決できるような気がします。
でも、考えていくと、ちょっとおかしいことがありますよね。

1)それで、抜本的に問題は解決するのか?
えっと、移民を受け入れて(乗っ取りwは無いと仮定して)まあ、窮地は救われたとしましょう。
でも、もし少子高齢化の抜本的原因が解決しないなら、移民をさせ続けなければいけません。
だけど、それって他国から人的資源を吸い上げてることになりませんか?
それに、考えてみると……通常、そうした国は教育費などが安いことが多いと思われる(あ、印象?w)ので、結果的には体のいい教育費等の削減を押しつけてるだけ、とも取れます。
その視点で見ると、他国には不平等、迷惑な政策に見えるでしょう。まあ、見返り(乗っ取りw)があるなら笑って許してくれるかもしれませんが。

2)そもそも、将来的に……どうなの?
少子化が先進国病だとするなら、最終的にもし途上国との格差をなくす方向に世界が進んだ場合、全世界的にこの問題に直面します。単に問題の先送り、ってなりますね。

国の対立状況によっては乗っ取りになるとか、国の文化はどうなるんだとか、教育水準の一時的?低下になるとか色々問題があると思いますが……そもそも、それ以前に、周囲から歓迎されない結果になるんではないでしょうかね?
うかつな施策は、何十年も経って、国単位で恨みを買うことが結構ありますからw慎重に進めて貰いたいものです。

PageTop

仕分け人の選定条件って……なんだっけ?

事業仕分け人・金田康正教授「カラシニコフは1丁30ドルで買えるとインターネットに書いてあった」←何処の手抜き学生さん?
びっくり。ああ、SuperPIには結構お世話になりました。(最近はあまり使ってないかな?)

だから贔屓しますがwえっと……そもそも、この方、何故仕分け人に引きずり出されたんでしょうかね。
人となりにそんな詳しくないから憶測になっちゃうのですが、典型的な研究端の人間なのでは?

でもそうなると……そもそも短時間で、様々なジャンルの予算の仕分けをするわけで。
結局、広く浅く知識のある人を選ばないと全くもって無意味なのでは?
あるいは素人の意見を聞きたいとか?そんなの時間余ってる時にしないとまずいだろ。

と色々考えていくと……結局かなり破綻してるわけで。
だから、「事業仕分け」ってショーが開始した時点で、ほとんど結果ありきの出来レースって感じになりますよね。さもなければ……精度の悪い銃でウイリアムテルするような無茶な賭けというか。

まあ、マスコミにそれを流して、一般人にそれが可視化されたのは良かった、という考え方も否定はしませんが……それこそ費用対効果はどうなのよ?とか。
仕分け人だって、ボランティアでやってるの?

いや、そう言う究極の客観視で言えば……「民主の政策決定能力」の一端を可視化した、という意味で成果があったかもしれませんが。それこそ費用対効果……いや、その前に存在が……いや……うーん、よくわかんないw

PageTop

まあ、倫理観の変化?

重み付けと自己責任
産経「女の子が性犯罪に遭うのは、短いスカートや夜道を歩く自分の責任」
んー、自分が深夜自転車で帰ると、よく2人組の自転車の女子を見かけるんですよ。(毎回同じでもない)
なので「なんだかなー」とは思うのですが。

まあ、危険地帯に無防備な姿で突入すれば無謀、といわれるわけで。
深夜暗い道で、露出の高い姿で徘徊したり、あるいは埼京線乗る時にwというのはどうかなぁ、と思うわけです。
が、最近の東京なら、深夜でもそんなに犯罪遭遇率は高くないかもしれない。(まあ、街灯たくさんついテルしコンビニもあるし)なので、すでに「危険じゃない」のかもしれないし、そう言う意味では「犯罪に遭遇しないことを期待するのが自然」かもしれません。

そうなんだけど、でも絶対的な条件として、犯罪って「人目の付かないところの方が発生しやすい」はずなんですよね。たとえば昼間でも、人目に付かない家なら空き巣に入られやすいとか。
だから、その辺で絶対的に警戒する必要がない、とも言えないわけで。

ただ、そうなってくると……最近は男でも性犯罪のターゲットになることがあるとか言うし……というのは置いておいても、あるいは通り魔殺人とか、無差別殺人とかそっちの方が危険性は高いかもしれない。
そう言う意味ではまあ、女子の無防備な服装での性犯罪の誘発率は低いんでしょうか?想像の範疇は出てませんけどね。

まあ、どっちが悪い?という話になるとアレですが、少なくとも、どんなことをしていても犯罪は発生する方がpかしい、となる社会を目指してるのは確かでしょう。
というか、そもそも日本の場合……よく例に出ますが、タクシーに財布を忘れてもネコババされない社会な訳で。(いや、絶対成立する訳じゃ無いと思うけどさ)
まあ、犯罪者のつけ込む隙があっても、滅多に遭遇しない社会は、倫理観さえしっかりしてれば一応成立するわけで。だから、徐々にそう言う……犯罪が状況によらず絶対悪になる社会になりつつあるんだ、とは思います。
(そう考えると、移民とかは……やっぱり社会習慣が違う人が混ざるわけで色々逆行しないかい、と思うけどね)

脱線しますけど、もし、夜がそれくらい身近なものになるなら、夏、昼夜逆転させると、かなりの省エネになりませんかね?
まあ、夜活動するとなると、照明が要りますが……まあ、もともとたくさん点いてますし、建物の中は昼夜関係なく点いてるし、夜は電気代安いし、光はクーラーよりは電気喰わない気がしますし、案外とかなりの省エネになるのでは。
健康には悪いかもしれませんが、看護師にだって夜勤を共用してる以上、エネルギーのためなら、なんて流れになったりしないんですかね。
まあ、そうなると、どんな生活環境の変化が起きるかな、なんて妄想するのも悪くないですが。

とあほなことを考えながら夜道をちゃりをこぎながら帰宅するわけです。
夜は、道が空いていていいですよねw

PageTop

SACCO(ZEBRA)

シール残ってるんだけど、型番はないなー。
1000円モデルです。
こっちはいい状態保ってますね。値段なりだろうか?それとも偶然?

口金は紡錘型。スリーブは円錐になってますね。パイプ状になってるのは先端0.5mm弱ですね。
円錐の大きさは3mmほど。
中のメカは安心の真鍮製ですね。チャックは3分割。

ボディ全体にマティロ加工(塗装?)がされています。無いのは口金とクリップ、その付け根以降のリング状部分、ノックですね。ボディ形状は……これ全体で紡錘型というべきかな。
(口金で紡錘、といってるのは、弾丸型より遥かに緩い、紡錘の上半分の形状を差して言ってます)

グリップ部分はちょっと独特な……二カ所(表裏)、平たくえぐった形状になっています。
親指で握ると、丁度フィットする感じ。
書き方持ちに合わせてるとは思えませんが、相性が悪いと言うことはないと思います。

クリップは、軽く丸まった形状。上下左右に丸まっています。(要するに曲面)もっとも、真ん中に大きく穴が開いていますが。割とおしゃれな形状ではないでしょうか。加工としてはそんなに高級感無いのですが。
先端が低く纏めてあるので、ぎりぎり当たる位置ですが、気になりません。

キャップは弾丸型?ケシは白。針は無し。
重心は中央やや前。7~8mm程度でしょうか。グリップのえぐれの後端より、数ミリ手前。

で、使用感なのですが……なんだろう。凄く違和感のない筆記感です。バランスがいいのかな?あ、指の所に、動きの重心があるって感じでしょうか。なんか凄く安定感がいいです。まあ、重みがあるのもあると思うのですが、疲れる重さでもないですし。

握りのさらさら感も、ローレットのような存在感があるわけでもなく、劣化のペタペタもなく、いい感じですね。
300の様な個性はないですが、でもここまできちんとまとまってるのも珍しいような。
……いや、この価格帯の製図じゃないシャープはあまり買わないから、かもしれません。
うわ、でもバランスいいわ。一般使用ならかなりお勧めかもしれませんね。

PageTop

買い物メモ

サイクルエナジーの充電してない版って……扱い止めたのかな?
あれ、ちょっと(かなりかな)安くてお得だったのに。

Tradio TRF(Pentel)
あんまりたくさん万年筆買ってもなぁ……って感じだったのですが。
ふと思うことがあって購入。
青ラメの軸。
てか、まあ……忙しい時はこんな今年か楽しみ無いしね。
カードリッジはヨーロッパタイプ。てか、馬鹿でかくてワロタ。てか、ちょっと曲がってるw
ペン先は太いですね。Mかな?
ショートカートリッジ入れたらほとんど軸に埋まっちゃいますね。

Tradio PulaMan(Pentel)
こっちは青芯、黒軸。2000円のペンを改造するのは度胸が要りますが、400円(定価は500円かな?)で改造パーツが手に入るならそれもありかな、と。この辺、Vortexとノリ一緒。(あっちは勘合目当てでですが)
プラマンと言えば……学生の頃買ったんですよ。リフィルだけw
いやー、変なペンだな、てか、ネジむき出しで製図機器でアタッチメントあるのかなとか思ったり……気付けよw
でも、キャップまであるんだよ?デスクペンライクなちゃちなものですがw(このキャップ、万年筆にも使えますねw)
もしかして、軸が売り切れてたのかな?いや~、見落としだろ、単に。
でも、そのリフィル、まだいるのですが、普通に書けますね。凄い。
そう言えばヨドで買ったのですが、黒の芯が売り切れでした。売れてるのかな?
というか、軸が茶じゃなくて黒ですね……
で、軸を入れ替えると丁度良かったという。いや、山葡萄使うなら赤ラメの万年筆買うべきだったか?

PageTop

今日のATOK

さわがない→沢がない
うーん。どういう解釈だろう。破綻はしてないけどさ。

某ネタかいてるんだけど、「塗って」がすぐ「縫って」になる。
「縫って」→修正→「腕を縫って」→変換修正→「脚を縫って」→……うおー(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
何というか、おのおの覚えてるのは賢いかも知れないけど……微妙な気がする。
てかさ、「脚を丁寧に縫って」とか、間に修飾入ってもちゃんと判定するのね。
こっちがついて行けません。

あ、今「修飾は言って」とか。助詞省略すると誤判定しやすいね。
意味解釈が入るとこういうの無くなりそうだけど、その場合は細切れがもっと厳しくなるのかな。

PageTop

SACCO 300(ZEBRA)

メーカーページには情報無いですね。
えっと、新素材マティロを使用した云々……というシャープです。
これは上位機種がありますね。
更にボールペンもあるようです。

形状は何というか、結構尖ってますね。PASHには勝てませんが。
でも、後ろが膨らんでるDrawingSharpDと言えなく無いです。褒めすぎかな。

口金は円錐状ですね。(ふと……今まで円錐を三角錐と書いてる気がしてきた。でも……検索したら目が点になったので修正は止めた。うわ、馬鹿だ……)
先端が少し丸めてあって、そこに固定スリーブって感じです。
スリーブは約3mm。
チャックは……よりによってプラ。2分割です。

グリップが新素材……なんですが、ペタ付いてます。
たしか買ったばかりの時は紙のようなさらさら感だったと思いますが。
高い方のはあまり劣化してないんだけどなあ。保存状態?あるいは塗膜の厚みとかあるのでしょうか。
グリップは後ろもネジこみで外せます。

クリップは板状。プラの出っ張りに挟んであります。あと、先端もプラ側が出っ張ってますね。
デザイン的にはシンプルで嫌いじゃないです。

ノックは……怖いので今回は外しません。
重心は中央やや後ろ。1cm程度。中央くびれの数ミリ後ろくらいです。

とまあ、こんな感じで。
使用感ですが……握った感じはなかなかDrawingSharpDを彷彿とさせます。
あんな細くないですが、でもバランスは悪くないですね。後ろの出っ張り部分代わりと近いので、グリップの自由度が案外あるように思います。長時間筆記には向かないかもしれませんが。まあ、あと握ってて質感がないのもちょっと残念。
いや、なにより……安定してべたつくのがちょっとかな。油は浮いてないのですが。
これ、回復できるのかなぁ?塗料としてあるくらいだから、塗り直せって感じでしょうかね。
その前に、チャックがいつ死ぬかを心配するべきか。

最近はこういう形状のシャープってあるんでしょうかね?結構好きなのですが。
今度探してみるか。

PageTop

買い物メモ

遅刻ついでにw正育堂に寄って。
んー、あとはOHTO系の物が欲しくなったらで良いのかな。
ミドリのとかあるような無いようなって感じで。
製図コーナーにはなんか埋もれてる気もしますが。

ついでについつい丸善行っちゃうんだけど……あそこって個人的には本当に見るものないTT
うーん。メモ帳関係は妙に揃ってますが。
まあ、学生向けらしいし。あ、今日はジョシコーセーが結構いたような。

School-G セピアF(タチカワ)
なんか面白そうと言うか。万年筆カテゴリ?(違うか……)
うん。これ……開け方分からないね。材質違えばわかりやすいんだろうけど。
かろうじて、8角になってるのが(回転の)グリップなのか?と思わせてるくらい。
あと、矢印が「軸の廻す方向」で、思わず最初「ペン先(側)」を廻してました。
そりゃ開かないわ。てか、昔も書いた気がするけど……普通これ、どう解釈するのかなぁ。
……何となくインク色の面白そうな方買ったけど、ボディデザイン的にはちょっと眠かったかな。てか、見てると口の中にカフェオレ味してくるw

彼女が恋人を好きになった理由(MARUTA・富士見出版)
エロ本。しばらく買ってなかったね的に。
まあ、あまり探す時間が……orz

PageTop

techno・tone(MIDORI JAPAN)

ミドリの製図風シャープです。
サクラとかミドリとか、製図風のルックスでオスワーレなカラーリングのを出してくれるので好きです。
あ、これは青紫かな。

口金は、3段テーパー……とはちょっと違いますね。どっちかというと三角錐に段をつけたというか。ちなみにこれ、グリップまで一体です。要するにSMASH的な感じですね。
スリーブは固定。長さはほぼ3mm。

グリップはローレットです。かなり粗め。でも食いつきはそんなにしないです。多分先端は丸まっているのでしょう。でも、握り心地は結構いいです。滑ることはないでしょうね。たぶんセーラーのマルシャンほどはどぎつくないんじゃないかな。(実は同じくらいだったりして……)

ノックした時にイヤな予感はしたのですが……チャックはプラ二分割です。いやあ、キャップ(ケシの根本)を外さなくて良かったぁ……
重心は中央やや前。1.2mm程度。グリップとロゴの中間くらい。

クリップは、厚めの板金を曲げた、製図用のありがちなタイプ。残念なことに、バリの部分で少し錆びています。
クリップの嵌めるところに溝があって、外すとちょっと傷が付くでしょうね。

ノックはキノコ型で、ノック部にカバーがありケシが入ってます。針は無し。ケシは変色してますが……白ですね。内側は焼けてませんでした。
根本を外すのは危険だと思うのですが、ケシを外せば芯は補充できます。(いざとなれば先端から、って手もありますけどね)

筆記感ですが……悪くはないです。低重心なので、それなりに手に吸い付く感じですし。
まあ、ちょっとノックの感触が軽いので……でも静かとも言えますね。
でも、やっぱり……チャックは金属にして欲しかった。400円なんだしさ。(いや、100円分安くしたせいなのか?)

PageTop

スパコンは結局人気者なのかな?

スパコン・スーパーマン・透明性 - 北村隆司
うーん。なんだかんだ言って、スパコンネタはあちこちで取り上げられていますよね。
まあ、賛成反対ありますが。
でもさ、落ち着いて考えると……スパコン以外にも仕分けの憂き目にあった事業なんて(科学分野ですら)色々あったはずで、(でも、自分も覚えてないwww)いいのか悪いのか。

でも、やっぱり……皆さん、コンピュータに対する憧憬はまだ残っているのですかね。
自分くらいの世代の人間が、幼少期からその辺の影響というか、洗脳に近いものをずっと受けてますからね。

鉄腕アトム~ドラえもん~マジンガー・ガンダム辺りのアニメといい、SF小説といい、日本経済を牽引してきたソニーとか富士通とかNECとかといい、新幹線もそうかもしれない。
あの辺の「近未来を目指して驀進(ばくしん……自分が読めないw)する」的なものが、社会的にがっちりかみ合っていて。(本当は3種の神器(3Cでしたっけ?)辺りからでしょうけど)
自分とかは、「日本と言えば科学技術」って言うのは盤石であって、でも崩れてきてるかな(他にシフトしつつあるってこと)とか思っていましたが、まあ同じように考えてる(科学バンジャイな人)はなんだかんだで多いんですかね。嬉しいような、でも……これからどうなるかなぁ。

あー、そうそう。「スパコンはスーパーマン」で「東大出とかじゃなくて……」で「坂村教授!」と思ったのですが、慶応大出身だったんですね。あはは。
でも、あんまり関係ないんじゃない?限らないってだけで。
しかし坂村教授は凄いよね。スーパー301条で個人叩くなよ的な。大人げないなあアメリカめ。80年代からプロジェクトはスタートしていて、(国まで敵に回って)フルボッコなのに未だに精力的に活躍しているんですから。ああ、BTRONでエロゲ作ったら少しは普及の助けになるかなぁw……なるなら苦労しませんよね:P

あと、そうそう。費用対効果も、基準をどこにしてるかはちゃんと考えた方がいいですよね。アメリカの場合、イテルやAMDの既製CPU使ったって純国産な訳で。オリジナルなCPU(あー、CELLはどっちカウント?IBM?東芝?ソニー?)を使うとなるとなかなかハンデが大きいわけで。(GPUも厳しいですね。というか、この辺もNSとかかなり淘汰されてるなぁ……)ベンチャーが盛んって背景も影響がありそうだし。ちょっとずれるけど、費用対効果狙ってSPARCの改良とかするとパクリって叩かれるし(某掲示板でw)。色々大変です。(CPUそのまま買って使うより工夫してるじゃん!的な視点で)

そう言えば……今時CPUって個人でも(下手すると小学生でも)設計できる世の中なんですよね。怖い怖い。……ちょっぴりうらやましい。(でも、ちょっぴりだよ?w)あー、FR基板未だにいじってないよ。根性値下がってるなぁorz年率12%位でw

あー、思考をそのまま書き写すととりとめないね。困ったモンだ。
読みにくい駄文で済みません。
読んだ人がいないことを祈りますw

PageTop

買い物メモ

何か無いかなーとふらり文房具屋へ。
アメリカンテイストって安いから買おうかなと思いつつ……あれ、回転式でも3種あるのね。(もっと?)
で悩んで……止めちゃった。テヘ。

ああ、パワタンハイグレードもあったか。
デザインには惹かれたけど……あれ、1000円だよね?
微妙に1000円にしてはシンプルすぎかなぁ。というか、クリップ周りに少し解せなさを感じるというか。

で、収穫は全く明明後日なもので。

ポケットノギス(シンワ)
多機能ものやってる時に、リフィルを調べたいなーと思ってたんだけど、こう……どれを買おうか迷ってたら買ってなかったのです。小さいのはいいけど、ボールペンリフィルの全長を調べるのには……とか。あと、意外と高いよね。精度が必要だから当たり前だろうけど、そこまでの精度は要らないのも事実。うむう。
プラのノギスでもいいんだろうけど、エイヤと買ってしまいました。
1000円の小物買うのに清水している今日この頃。リアルフォースを清水していたあの頃が懐かしい(あはは)

未来日記9(えすのサカエ・角川コミックA)
あ、出てた的な。本当は他の本探していたような気がしなくもないのですが。
え?いい加減アマゾンで買え?
いや、この「ネット・アマゾンで見つける」→「頭にメモる」→「買いに行く」→「見つからない・忘れたら時の運」のこのプロセスが楽しいのですよ。きっと。

PageTop

単位の問題?

第二十七回 指標の罠(1/3)
言いたいことは分かるのですが……ちょっと難癖付け過ぎじゃないかなぁ。
そもそも、「だったらどうやって書けと?」と言われてしまう気がする。
(でも、昔はそうした書き方してなかったらしいですね。「速度換算(?)」してなかったのかな?)

単位を「%/四半期」→「%/年」にしただけな訳だし。
四半期よりは年の方が(全般的に見れば)一般的な単位だ、と思うので。
まあ、もっとも……こうした物は季節要因があるから、一年継続しない、瞬間風速だと言いたいのだと思いますが。

でも、瞬間最大風速20m/sとかと変わらないし。
あるいは、それを72km/hと言い換えると大げさなのか?とか。
(感覚的にはわかりにくいですけどね)

あー、だけど
>実質GDPマイナス12.7%!
は間違いで「実質GDPマイナス12.7%/年!」と書かなきゃいけないのかな?
うーん。

まあ、こういう指標を読むときに、そうした感覚を身につけないといけない、というのは確かでしょう。
そもそも……「率」の計算ってピンと来ませんよね。
「4乗」とか出てきて「なんで?」と思う人も多いのでは?

PageTop

SHARP-PENCIL/0.5 SP-505AG ラバーグリップ(OHTO)

メーカーページ
今更気づいたのですが、チタンシャープなんてあったんですね。3000円!買えねー。
というか、OHTOにも高級路線があった?とかそう言う。

あ、このシャープにもメタルグリップなんてあったんですね。
ま、いっか。

なんというか、凄く特徴がないようなあるような。
個人的にはA.G.SPALDING&BLOS.を連想せずにいられません。
というか、どっちが先だ?
まあ、銀色一色の弾丸型シャープって感じです。

口金は……弾丸型ですかね。割と多機能っぽい形状です。つや消し銀。
スリーブは可動ですね。別にクッションは効いてないと思いますが。
長さは約3mm。
口金は真鍮製みたいですね。銀色のコーティングは裏側まで及んでます。例によってw

これも、メカの周囲の真鍮が太いです。(リングは普通)グリップ外すと……毒々しい緑が。
ふきゃいいんでしょうけど。

グリップは合成ラバーっぽいです。縦に蒲鉾状に盛り上がったストライプ。
胴体とあまり変わらない太さです。

クリップは製図用っぽい感じのもの。外すのは容易でしょう。
ちょっと板が抑え方向に丸みを帯びてます。成型が甘いと言うより、軽いアーチって感じでしょうか。

キャップが……なんでしょうね。鳴り防止のゴムは判るのですが、見えてる場所にもゴムが。
ノック時の緩衝用?
なんか、頭傑(名前わかんなくてググったw)を連想するというか。

中のパイプは黒ポリ、ケシは白で、金属の受けが嵌っています。
結構エッジ立ってますね→ケシ
針は無し。

重心は中央よりちょっと前。1.2cmほど。OHTOの少し前辺り。

使用感ですが……少々重いですね。ですが、バランスはいい感じで、手が滑って落ちるって事はないです。
ちょっと今日はお疲れで手が痛くなったのですが、握力抜いてだる~と書いていても、吸い付く感じというか。
なので、重めが好きな人はいいでしょうね。
グリップがラバーの割に、太くないので、握りは普通の細軸っぽい感じです。強くグリップする感じではないですが。縦に筋があるのでハンドクルトガも難無いって感じでしょうか。まあ、食いつく訳じゃ無いですが。

なんというか……値段の割に、単純なデザインですが……品がある感じです。
黒系はちょっと……という人には、悪くないチョイスではないでしょうか。
もっとも、これ……終わってるんでしょうかね?
(新しい方のメーカーページにはなかったような……)

PageTop

予定調和

聖剣の刀鍛冶見ててふと。
いや、どのアニメ、ってこと無く最近よく感じることなんですが。

たとえばこれの場合……リサが「みんなでお茶出来ればそれでいいんですけどね」って言う場面があるんですが。
なんだろう……「答えが先にある」感じをよく受けるんですよ。
(この受け答えは、それ自体そのままよく使われるフォーマットですよね?ARIA的な癒し要素というか)
あー、今期ならキディガーランドとか、よくあるって感じだったような。
(幽霊の声とか、最初見てて「?」って感じだった。音が小さいだけ?)

多分、時間を圧縮する技法として確立して、濫用してるのだと思うのですが。
適度に、先の答えを見せると、伏線みたいな効果がある、というのは判らなくもないんですが。
でも、時間が足りないならともかく……一言(ワンアクション)だけでも足すだけで印象は違うと思うんですけどね。
まあ、そらのおとしもの、みたいなネタものなら気にならないと思うんだけど。あー、でもあれだと却ってそう言うの感じないような。時間圧縮率が低いからかな?

まあ、こう言うのは他人事じゃなくて。エロゲでも注意してないとよくそう思われてるのかもね。
(あー、平均的クオリティでは遥かに下か……orz)
てか、自分の場合、それ以前の問題ですがorz
その前にプログラマーなんだってば!
その前に、ここ数年コード書いてない気がする……|||orz|||

PageTop

Teachy's1.3/Teachy's CHECHER 1.3(Pentel)

0.7以上は太くて字が書きにくいので避けていたのですが……
1.3mmです。
カラバリ……というか、色芯がありますね。
持ってたのは黒2本(ダブった)と赤・青、それと蛍光色の緑・黄・ピンク(CHECKER)です。

基本的にはCapletとコンパチですね。ま、メーカー同じだし。
違うのは口金くらいでしょうか。というか、スリーブ(形状)がないだけ。
あ、あと……色芯はケシがありません。まあ、消えにくいですけどね。でも消えなくはないような。

書き味は……芯が柔らかいのかな?いや、太いせいか……するする滑るような書き味です。
ちょっと太くて時が雑になるのですが、でもA罫ならぎりぎり書ける感じですね。「書」の字でも。
まあ、大きい字を書き殴るとか、英字とかあるいは落書き向きでしょうね。

個人的には落書きもノートやコピー紙隅に細い芯で書くのが好みですが。(0.4とかね)
でも、色芯があるので(蛍光色まで!)まあ、そう言うカラフルな絵を描いてみるとか。

PageTop

まだ終わってないけど、本当にお疲れ様です

はやぶさリンク:はやぶさ、帰還に向けてイオンエンジン再起動
SFネタには興味がある割に、こういう事にはあまりアンテナを張っていなかったり。

しかし、こういう記事を見ると……
今、予算の仕分けでスパコンが……なんてやってるけど、切ない気持ちになりますね。
まあ、エンジントラブルで帰還が遅れると、その期間の維持費が年1億かかるとかで、心ない人に言わせればそれが無駄になるからうんちゃらら……なんでしょうけど。
ああ、自分がそこの責任者にされて「あ、君。コンマ(,)とピリオド(.)(だったかな?)間違えたら1億飛ぶから」なんてレベルの仕事させられたら、心労で倒れますって。そう言う意味でも、本当にお疲れ様です。(まだまだ気を抜けないところですが)いや、記事とか見てても「こんな事もあろうかと」ばかりで、ついその辺を忘れてしまいますが。

しかしあれですね。
光が数分かかる距離(1億5000万キロ?)先の満身創痍の探査機に、細い通信回線でテストトライを繰り返しながら作業するのって……想像すると涙腺に来るものがありますね。
てか、はやぶさ擬人化してSFもの書いたらかなり泣けるんでは無かろうか。

人類が宇宙に出たり、探査機を飛ばせるようになって、それなりの期間が経ちましたが……
でも、まだまだ、こうしたローテクに近い創意工夫でやりくりしてるんですよね。
情報産業とか見てると、日進月歩が秒進分歩って感じてしまいますが……やっぱり人類の科学もまだまだ先が長いんだよな、と思うわけで。(だから、予算ケチらないでね!的な)

PageTop

やっぱり最近の言語は追いついていくのが難儀だよ……

rvalue reference 完全解説
うん、わかりやすいrvalueの解説だと思うのです。
なのですが……
読んでて、ムーブコンストラクタを実現するのに、こんな遠回りが必要なのか……と思わなくもないのです。
1+1を集合論で解説してるみたいな、というか。

まあ、でも確かに、引数の受け渡しの瞬間ってどういう扱いなの?なんて思うこともあるし、綺麗に簡潔に動作を定義するのはやっぱり難しいのでしょう。
でも、それでも……最適化も狂ったような進化をしていて、プロファイリングの自動反映とか変態的なことをしている割に、こんな基本的なことを(今まで)実現できないとか、世の中なかなかうまくいかないものです。

しかし、
>メタプログラミングの理解出来ないプログラマは、もはやC++プログラマとして認められないのである。
というのはなるほど、って言う気がしますね。
そもそもC++はそう言う設計思想で始まった訳じゃ無いと思うのですが、テンプレートを用意したのが運の尽き。
STLとかBoostとか。もう全然追いついていけません。
ええ、自分はC++プログラマーじゃないですとも。便利なCとしてしか使えないモン。

あ、あと。
>真のC++プログラマは、コンパイラを信用しないものである。
古いCプログラマは、別の意味でコンパイラを信用しませんけどねw

PageTop

Caplet 0.5(Pentel)

キャップは続くよどこまでも。うそ。そんな持ってません。
メーカーページでは検索にかかりませんね。
廃盤かな。

カラバリがかなり出てると思います。
手元にあるのは2色……と思ったら、少しあさったらもう2色出てきました。うひょ。
透明の橙、黄色、白(胴は完全透明)、あと白軸の水色が。かなり種類がありそうですね。7~8色×2くらいあるんじゃ無かろうか。

口金は三角錐です。スリーブも一体で、少し段差がありますが基本三角錐の延長上です。
内側のパッキンは若干素材が違うようですが、透明で統一されています。(少し白っぽい)
(追記:いや、整形からすると同じ素材かもしれませんね。逆向きにチャック状の整形をされています)
チャックはプラの2分割。嵌めたキャップを外すのは肝を冷やしました。

グリップは蒲鉾状の同心円と言いましょうか。_UUUUULって感じ?になっています。(ボキャが……orz)
ここがちょっとレンズ効果になっていて、中のバネが……狙ってやってる訳じゃ無いと思うのですが、ノックする時の動きの見え方が妙で面白いです。

中宿に色が付いていますね。所々、空気穴っぽいものが開いています。
外側には小さくPentel JAPANと書かれています。
ちなみに白軸は胴にロゴがありますね。透明のはキャップのクリップ部分です。

ノック部分には透明カバー内にケシが入ってます。チャック破損が怖いですが、キャップ根本は露出しているので、抑えておけば安全に外せます。ケシは白。針は無し。

キャップは透明。白軸は色つきの透明です。
空気穴はなさそうですね。
クリップは、突起が両側に付いています。少し浮いていますが、ミドリのあれよりはしっかりホールドするでしょう。

重心はほぼ中央。キャップを嵌めると1cmほど後ろでしょうか?もうちょい前かも。(実は怖くてぱちん、と嵌めてないw)

というわけで、使用感。
透明プラなので、ちょっと手に付かない感覚がありますね。滑ることはないのですが……軽いせいもあるかな。書いてて二度ほど取り落としました。でも、プラのくせに妙な剛性があります。透明軸で、硬いせいでしょうか。
後はまあ普通でしょうか。かなり軽い部類だと思うので軽い物好きな人にはいいでしょう。現行品なら気楽に使えるシャープだと思いますが……まあ、そんな感じです。

PageTop

MECANICAL PENCIL 0.5m/m CLシャープ(キャップ付き)(MIDORI JAPAN)

某巨大掲示板で、キャップ付きのシャープって……ってネタが出てたので。
あー、あれは製図シャープの話で、こういうものはカウントに入りませんか。
まあねえ。
といいつつ、一頃「キャップ付きシャープはねーかー」と文房具屋を徘徊していた時期がありました。(遠い目)

というわけで、ミドリです。200円です。安いですね。
例によってカラバリが出てるのですが、持ってるのは白ピンク青黄の4色でした。8色くらい出てるのかな?
(勘で)

口金は、ボディサイズの割に大きい金属製。重さの大半はここでしょうかね。
三角錐で、根本に勘合用の溝があります。
スリーブは可動式、約3mm。

初めて気がついたのですが、これのパッキンって、穴が3又というか、星状の形してるんですね。
合理的……なのかな?うむむ。
結構びっくり。

チャックは金属製です。この辺の構造は他のCLシャープと同じ。ちなみに長さ的には36686-006コンパチですが、ネジの大きさ、要するに入れ替え可能なのは36656-006ですね。これが入手できれば、カットして0.3キャップ版を作れますね。(もしかして、あったかな?)

ボディはトランスルーセント。白はここは乳白色です。ノック部は透明ですが。
そうそう、ロゴは白だけ文字が黒。他は文字は白いです。
梨地のラバーっぽいコーティングがしてあります。少しペタ付きのある素材ですが、劣化は感じませんね。ノック内にはケシはありません。

キャップは全色透明。使用時はノックにつけることが出来ます。そのままノックも可能。
誤飲防止用か、穴が斜面に2つ付いています。先端内側にゴムボールが付いてますね。
キャップした状態で、スリーブ最大長+1ノックくらい大丈夫なようです。
クリップが付いてますが……挟むところの出っ張りは浮いていますwまあ、そんなモンだよね。

重心はキャップありで中央より1.5cm程度前。(MECHANICALのMの字あたり)無しでも1.5cm程度前。かなり前に来ますね。低重心好きならたまらないかも。重さは知れてますが。

というわけで使用感ですが……軽いなぁ。まあ、携帯用でしょうから、それはまあ言わないって事で。
でも、細いけどストレートな軸で、無難な使用感です。
ちょっとキャップが太いのがアンバランスなシルエットですが……まあ、ミドリらしい安かろううまかろうで、わりと好きです。まあ、貴重なキャップものともなればなおさら。

PageTop

買い物メモ

Vortexのインクをようやく交換。
てか、大分減ってたんだけど……少し揮発してたせいで濃くなってた様で。少し水を入れたのですが……
入れすぎた。いや、濃さはいいんだけど、ちょっと筆の滑りが。ペン先傷みそー。
でも、なんとか大分使って……でも、あと数滴残ったところで洗いました。我慢できん。
で、ようやくブラックに入れ替え。しかし……ブラックも出が良すぎですね。
筆記後が、こんもり盛り上がってるんですが。

ジムメカ(ZEBRA)
コンビニで……パーツ取り用にw。
文房具屋で買いたかったのですが、ちょっと回る余裕無くて。
プラのチャックの補修は……サイズが合うなら金属でも可能だよね?的に。
前にプラのチャックは3種試して全部アウトでしたが、これは太さは問題なかったようです。
まあ、長さ的にダメなのとかありましたが……使えそうなのも。
あと、ダメな場合、元に戻せるのが。

Kis×sis 5(ぢたま某)
いつの間にか出てた……
最近貧乏なのでOVA無しの方w(てか、そこまでは……って感じなので)
あー、姉分補給も悪くないかな。
でも、もう佳境すぎてるしなぁ……>某ゲーム制作w
いや、でも、メインのシナリオがまだ残っているわけだがwww

PageTop

The Gripper SR-700(OHTO)

ということで、前に買っていた一本。
ぱっと見には、銀色のところが黒くなっただけですが……さて。

口金は円錐で、先端が丸まった、全く同じ形状です。が、黒くコーティングされています。
裏まで。正確にはネジの辺りまで。SG-5Nと同じ感じですね。

スリーブは可動。長さは2.5mm弱。若干短いですね。
口金は形大きさは完全に500とコンパチですが……ネジの太さも同じですが、入りません。
700の口金は500に嵌るのですが、機能しません。
その主要因は……700のチャックリングにあります。
てか、笑えます……これ。
厚みが……なんと2mm近く。
これは……最強のチャックリングでしょうね。
500のも折り返しがあって、結構頑強そうですが。

グリップも500と同じ形状。ゴムは……若干違うかもしれません。劣化具合が違うので。こっちは溝は変色していないのですが、若干表面が白くなってます。というか、ゴムが自然に(新品でも)噴いてそうな白、って感じですが。
商品名は逆向き、先端が右に向くように印刷されています。

重心は中央やや前。5mm程度。500と変わりませんね。
クリップは……ほぼ同形状ですが、若干大きいです。
先端の玉がは、更に一回り大きくて、金色(真鍮色?)しています。
あと、社ロゴは、こっちの方が刻印が眠い感じです。500はちょっと細すぎの感がありますが。

キャップは……黒いゴムを被せてあります。ちょっとやせてきてるかな。
キャップは外すと……ケシがあるのですが、がっっっっちり張り付いてました。
強引に取ろうとしたら……先端がもげたorz
針は有り。稲妻状?に折ってあります。(「す」、じゃない)

というわけで使用感。
だいたい……500と変わらないかな。今日は手が痛くならなかったのですが、体調だと思います。(or慣れ?)
スリーブが若干短いせいか、あるいは口金が黒いせいか、若干筆記面が見づらいです。1mmも差がないんですけどね。
あと、ノックはゴムの塑力のせいでハッキリしたノック感になっているようです。少し重いですが、こういうのが好きな人もいるかと。ときどきポクポク音がしますが。

まあ、500に比べて気持ち程度……の変化って気もしますが、スリーブが収まるのは安心感があるので、選ぶならその辺が決め手でしょうか。

PageTop

The Gripper SR-500(OHTO)

"The"の付くグリッパーです。
確か、これは……ボールペンBR-500とセットで買っていて、西友でみていた時に、2本で半額だったのかな?
グリッパーは持ってたなあ、と思いつつ、わりと好きだったので予備で買っちゃえ!的に買ったら、違うモデルだったという。むう。

とまあ、結構芋虫っぽいスタイリングですが……でも、妙に完成度が高いと思うんですよ。
レタリングのコントラストも個人的に好みだし、パーツの質のバランス(安っぽい、リッチっぽい)もあってて。
飽きが来ないというか。
ゴムが若干白噴きしてますけどね。これはしょうがないか。

口金は、ちょっと独特な、三角錐の先端が丸まった感じです。
で、スリーブが細いので、折ってしまいそうで怖いという。ああ、SR-500の唯一の欠点ですね。
ボールペンタイプはこれ無いわけだし。あ、でも……ニードルポイント仕込んだら似た感じになりそうw
長さは3mm。

中のメカは真鍮製。チャックも金属3分割です。ネジ部が結構太くてごついです。
グリップは単純に太目のリング状の溝です。2.7mm間隔で10本かな?
溝の奥が白くなってますw
形状としては、先細り。というか、ボディ全体で葉巻型、ですね。

重心は中央やや後ろ前。5mm程度でしょうか。※前でした。うわ、寝てるなぁ……
握った時の指の付け根よりはやや前です。

クリップもちょっと面白い形状ですね。板バネの先端に丸いパーツが付いているのですが、表裏両方に付いています。まあ、ネジ止めの意匠でしょうけど。
位置的にはちょっと手に当たるのですが、そんなに厚みがないので気にならないかも。いや……丸いところはちょっと気になるか。
あと、根本にOHTOと書いてありますw

あ、ロゴは正方向。(先端が左に向きます)

キャップを取ると、ケシが張り付いていました。ケシは橙、針はあり。「す」ってなってます。
ノックは硬いですが、SG-5Nほどの固さではないです。これくらいならしっかりしてるって感じではないでしょうか。まあ、真鍮の摩擦感でしょうけど。

筆記感ですが……グリップは妙に握りやすいです。先細りのせいでしょうか。
でも、その代わり……若干後ろに力がかかるようで、付け根が痛くなりやすいです。
まあ、ちょっと夜更かしして書いてたせいもありますが。(体調がロー気味)あ、でも重心後ろだしなぁ……

ちょっとボディが太目なので、ペンケースの収まりは悪いかもしれないし、これはスリーブが若干怖いのですが。
でも、OHTOの中でも、良くできたデザインの一品だと思います。

PageTop

スパコンの行方

卒業アルバムの……おっと違った。

池田信夫 対 西和彦
この辺見てると……まあなんというか、一般の人ってこういう意識だよなって言うのが何となく判ります。
というか、今の時代、判らないことはググれば直ぐ判る……と錯覚してしまうのですが。
じゃあ、スパコンってなんなの?って時に、出てくる答えなんて、こんな感じだと思うのです。
(ここでは、池田さんね)

自分はやっぱりコンピューターが好きだし、偶然こんなページを読んでたので(偶然でもない)スパコンの話が出てくるとその裾野の広さをある程度予想できるのですが。
(そう考えると……ネットでの素人さんの情報発信は凄いですよね。個人的にはこの辺とか(2005年4月25日とか。テレビ報道よりずっと早かったのが……))
でも、知らない人が「スパコンてなに?」とか「何が出来るの?」とか言っても調べても判らないし。
というか……インターコネクトって何よ?でしょうし。(いや、これは判るかな……アウトラインくらいは)

考えてみれば、最近のスカラー型のクラスタで構成されたスパコンは素人に請求しやすいですよね。
だから、余計叩かれやすいんでしょうけどね。
(まあ、方向転換しろと言うのは一理あるかもしれませんが)

やっぱりコンピューターには得手不得手があるし、その上で動くソフトのノウハウも密接に関係するし、そもそも、作るのだってノウハウな訳です。
まあ、こんな事はどのジャンルでも言えますけどね。たとえばダムですら。(必要が少ない→作らないとなると、その技術が失われるって事)まあ、それが時代の流れ、と覚悟するのなら切り捨てるのも一つの選択でしょうけれどね。

個人的にコンピュータに思い入れがあるのは……やっぱり70年代あたりからこっち、高度成長を担いつつ、SF的近未来像を描いてくれた、まあ当時の感覚で言えば「夢の産業」だったからだと思うのです。
コンピュータの夢は形になり、(キャッチにあったなぁ……)今では大分地面に降りてしまった分野になってしまったわけで……そう言う意味では、未来図としてはあまり期待(わくわく感として)出来ないものになってしまったかもしれません。

でも、そう考えると……今、必要な次の未来像ってなんでしょうね。
あ、環境が~みたいな「今しなくちゃいけないこと」じゃなくて「したいこと」とか、「夢が持てること」とか。
そうしたことが見つからないのが……案外と、今の閉塞感の根底にあるのかな……なんて感じはします。

と、上の記事みて思いついたこと適当に書いてたら……まとまらなくなっちゃったよ。

PageTop

Gripper SG-5N(OHTO)

あれ、最近までグリッパーって現行品だった気がするのですが。
西友とかにもつるされてたし。
ということで、グリッパー系を。
とはいえ、グリッパーって結構種類があるみたいですね。古いのとか。
というか、すでにやってますね。
あと、V-とかもあるし。

黒いタイプです。ぐぐったら銀のとかもあるみたいですね。
口金は三角錐。かなり急な角度です。
視界が悪くなるから敬遠されるのかな?でも30度近いコーンも気持ちいいものがありますね。
ピクト的?というか。
肉厚の金属製で、黒く塗られています。というか焼き付け処理とかかな?かなり丈夫なので。というより、裏まで黒いですw
スリーブは固定。3mm。

チャックは安心の金属製。3分割。
ノックはハッキリしてる、というより……ちょっと渋く感じますね。
嫌いじゃないのですが、しつこく感じる人もいるでしょう。
うるさくないけど、ちょっと力がいる感じ。リングの摩擦が強いのでしょう。

グリップはラバー製です。前3/5程度、リング状に出っ張りがあります。2mm感覚程度。
グリップ感はまあまあ。
というか、ちょっとこの感触が苦手な人もいるかもしれませんね。

ロゴが、前のGripper303の様に逆さまです。ロゴ通りに置くと先端が右を向きます。
あ、というかGripperはそう言うの多いみたいですね。
V-は縦wですが。

クリップはちょっと低い位置です。キャップのノックに干渉するせいでしょうね。ちょっと当たりやすいです。
重心は中央やや前。7mm程度。
グリップ後ろの、もう一段段差がありますが、その数ミリ後ろ。

ノックのキャップはキノコ状?パイプに嵌る部分が絞ってある形状です。
絞る直前で、ボディに合うサイズに一旦膨らませてありますね。
オート得意のゴムリングは使っていません。
ここ(とスリーブ)だけ、銀色ですね。

ケシは橙。針はあり。埋まらないように、途中が「す」の字状になってます。(○がある)

というわけで、書き味ですが……ちょっと重いです。時々指から滑り落ちたのは今日疲れ気味なのと、クリップがちょっと邪魔だったせいでしょうかね。
あとはまあ、キャップですりあわせしているとはいえ、振るとちょっと音がします。
でも、他は……剛性感もあっていい感じです。これ、そんな高くなかったと思いますが……値段の割にいい感じ、というのがオートのいいところですね。

ボディも細く纏めてるのでいいのではないでしょうか。
一つだけデザイン的に難点を言うなら……ロゴはもう少し薄い方がいいかな。
まあ、ほんとそれくらいで、シンプルでいい感じだと思います。

PageTop