La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

買い物メモ

忙しいときは、細かいお買い物が数少ない楽しみだったりする物です。
でも、そう言うときに限って金欠だったりするわけです。
ま、いっか( ´∀`)
ファイルコピーが終わらないよヽ(`Д´)ノなので。

プラチナサライ(小学館)
なんか、休刊号らしいですね( ´∀`)
で、万年筆が付いてくると。
なんか、スリム&コンパクトな物を目指したそうで。
でも……タッシェの方が一回りコンパクトだよね( ´∀`)
(追記:でもタッシェよりスリムでした。びっくり。ま、リクルート万年筆には及ばないけどwでもあれは細過ぎかなぁ……)
まあ、雑誌代を引けばほんのり安いという事で。
(あ、あとちょっと重い。キャップするとかなりリアヘビーな気が……)
タッシェのペン先がちょっと外れだった気がするので、少しは期待しているのですが……
過度な期待は禁物かな。
でも、インクを通すべきかどうか……うむむ、悩む。

スポンサーサイト

PageTop

万年筆と暖房

最近はインクを通した万年筆でローテを組んでメモ書きに使っているのですが、
今日は10日振りのリクルート万年筆だったのです。
が。
うわ、インク漏れ。
明けてみたら、カートリッジの中身がほとんどキャップにこぼれていたようです。
(まだ半分も使ってなかったよなぁ……)

て、別にセーラーさんが悪い訳じゃなくて、この席、暖房が直風で当たるんですよね。放置してると。
(で、自分が来たときにフィンの向きを変えてるw)
35度って……(机の上の温度計曰く)
こういう場所ではちゃんとキャップを上向きにしておかないとまずいですね。

そう言えば、最近Petit1をズボンのポケットに忍ばせてるのですが(忘れた時用の保険で、実はあまり使ってない)
こないだ見てみたら、インクが漏れててびっくり。
数年放置しても平気な気密性なのに……てか、それとは関係ないか。

と言うわけで、万年筆って温度変化にもデリケートですね。
(まあ、寒いところで使うと、体温で空気が膨張して……なんて話も聞きますが)
家だと暖房器具が当たる場所に机がないので全然気にしていなかったのですが。
この辺は、カートリッジ式である限り、解決は難しいのかな。

PageTop

信号機のブラインドって安全なの?

最近、近くでブラインドの信号機を見かけるようになりました。
でも、あれって……安全なんでしょうか?

五日市街道の、田無に近い辺りの交差点で、ブラインドがあるんですが……あれ、信号の位置が解らないんですよね。
自転車で通ると。
注意して周囲を見てると、横断歩道の直前辺りで見えるようになるんですが……
いや、どうやって走れと。
作った人は、横断歩道の直前で一時停止させるつもりで作ったのかもしれませんが。

そもそも、車用のそれも、徐行させる狙いらしい、という話を見かけましたが。
でも、車の場合……むやみに徐行するのは危険、と教習所で習った記憶も。
(交差点で、青だったら、勝手に徐行しちゃいけませんよ~的な)

というかですね。
最近……小金井橋の工事がようやく終わって(何年やってるんだよ!)
晴れて信号機が付いたんですよ。
前は裏道(何通りだっけ?つい忘れるw)は一通の入り口で信号がなかったので、歩行者や自転車は渡るのが大変だったのです。
(隣の信号が、青だと直進車が通るし、赤だと右左折車が来る)
で、信号が付いて安全……かと思いきや。

ブラインドなので正確に確認できないのですがw右左折の車が、赤なのに突っ込んでくるんですよ。
横断歩道の信号が青なのに、ですよ?
まあ、前の習慣で信号が付いたのを知らないで突っ切ってるのかな……とも思ったのですが。
考えてみると、ブラインドの信号で、左折直後じゃ……どこに信号があるか解らないですよね?運転手の視線で行くと。
となると、なまじ信号が付いた分……余計危険になってしまったんじゃ?(普通、信号は信用してしまうので)
もっとも、ブラインドなので、こっちが気がつかないタイミングで青になっている可能性もありますけどね。
でも、その場合、横断歩道と直交してる車の信号を青にするのはちょっと殺人的行為に感じます。

平日はともかく、休日はここのところ、通る度に信号無視を見ている気がします。
効率よく信号を流そう、という努力は解らなくもないですが、あまり小細工はしない方が良いんじゃないかなぁ……と
その交差点を通る度に思う訳です。

PageTop

会社のリスクとモチベーション

遅ればせながら「公開会社法」について  -前田拓生
時々不思議には思うのですが。会社の利益って誰のものなんでしょうね。

ここでは「社員はリスクがないから、分配をするのはおかしい」となっていますが、それは極論な感じがします。
というか、社員にも業績悪化の場合のリスクはありますよね。
だって、リストラされるかもしれませんし。
リストラされても収入が0になるだけ、(マイナスじゃない)というかもしれませんが、
職を失っても生きていくのにはお金が必要な訳で。
収入0は明らかにネガティブな領域になるはずです。

というか、社員はお金を稼ぐために時間を拘束されてますよね。
そして、職を失っても時間は流れていく。
要するに、「会社のため(だけじゃないけど)に費やす時間」の有無が、このリスク計算には入ってない感じがするのです。

それは、逆に……株主にとっても、投機(短期)か投資(長期)かで、少し意味合いが変わってくるでしょう。
まあ、この辺は掘り下げると訳わかんない感じもしますが。

結局、じゃあ何を基準に考えるべきなのか、となると、「会社の存続には何が大事か?」で決まってくるんでしょうね。
株主がお金を持ち寄ってくれれば何とかなるのか。
社員がモチベーションを上げてくれないことには始まらないのか。
まあ、両方必要なのは解っていますが、
妥当な配分はどうなの?と言われると……やっぱり難しいのかな。



PageTop

おお、懐かしい

パソじゃないか。
iPhoneにフルサイズキーボードを追加する iType
昔を知る人間には、ちょっと涙腺を刺激するデザインです。
あまり便利じゃないらしいのが残念ですが。
この手のデザインは今じゃ出てきませんね。電子辞書とかTRONのテストモデルで見た気はしますが。

PageTop

買い物メモ

昨年末辺りに、会社近くに文房具屋を見つけたんですよ。
大通り?だけど、ちょっと駅から離れてて。
あー、行ってみるか……と一昨日行ったら開いて無くて。
で、驚異ったら開いてたので軽い気持ちで入ったのですよ。
そしたら……面食らいましたね。
入って直ぐにニューマンの棚って……
しかも、そこに古いプラチナとセーラーの万年筆が。
あああ、こないだ買った銀のポケット万年筆が3本置いてあるよ、びっくり!
とまあ、万年筆も結構置いてあったんだけど……
シャーペンもそれなりにあって。(ニューマンの、あったのかなぁ?)
で、目に止まった一本を。

名称不明のシャーペン(プラチナ)
えっと、定価1200円。そのまま購入。
デザインは黒金で、普通の古い感じのシャープなのですが……
短いんですよ。ちょっぴり。12cmくらい?ケリーより数ミリ短いです。
なので、0.5mmシャープだけど購入。
いや、良いですね。先細りの古き良きなバランスなのですが、短いので手にすっぽり感というか、可愛い感じです。
このシャープが10本近く並べてありましたね。半分くらいは真ん中の金のリングのデザインが違いましたが。
そうそう、最初に手に取ったのはパッキンがいかれていたので……まあ、なかなか厳しい状態かも。

お店がまた……古き良き昭和の感じで、小学校の頃の近所の店を思い出しましたね。
最近のお店はバラで売ってくれないから……とか、半紙を枚単位で買っていた記憶がよみがえったり。
でも、レジにはパソコン(古いアプティバ(たぶん)だけどw)置いてあったり。
あー、話によると、これでもコレクターがさんざん在庫を荒らした後らしいのですが。
あ、自分は入門したてなので、今の在庫でも十分目が回ってしまいます。
今度はポケット万年筆(なんか白いのがあった)行きたいかな。

PageTop

買い物メモ

久米川の文房具屋にボーテックスのBPがあったかな、と。
3日なので閉まってるの覚悟で行ったのですが、開いてました。
本屋と文房具屋は開いてるところ多いですね。
行きがけの所なんて昨日から開いててびっくりしたり。寄らなかったけどw

で、ついでに万年筆売り場を覗いたら、短い奴がいたんですよ。
見せてください、って言ったら「それ、ミュージックですよ」とか。ちょっw
いや、だから残っていたのか……
でも、短いのあります?って言ったら二本出てきて……
5000円の中字金ペンと、3000円細字。
どっち選んでも散財ですが……5000円は今月無理かなと3000円に。
いや、そっちでもアウトなのでw

ポケット系な万年筆(PLATINUM)
ポケットとはいえ、こないだ買った1500円のより少し大きいです。ボーテックスと同じくらい?
でも、軸の寸詰まりなバランスはポケットと同等です。
軸はつや有りの銀に、四角い縦長の黒線。(目、を横に倒して縦に引き延ばした模様です。なんじゃそりゃ?)
こないだのがピンクだったから、こっちは人前で使っても抵抗ないかな。
いや、かなりレトロなデザインですが。(というかスーツ向けというかなんというか)
ペン先は残念ながらステンレスでしょうかね。(→よく見たら14KWGって書いてありました。あはは……)
あとクリップがプラなのが残念。
細字ですが、インクが潤沢なのであまり細い字は書けないかも。
でも、メモ書きには良い感じになるかな、と。
しかし、店主さんがカートリッジセットして、いきなりペン振りまくるのは焦ったw
わわ、インクこぼれてるよ、的な。
でも、それでぼた落ちとかチェックしてるんですね。うむむ。
補足:割とそっくりなデザインの万年筆をようやく発見。こっちは上位モデルっぽいですね。クリップも金属だし。
模様も彫り込みっぽいですが、今日買ったのは印刷です。さすがに滑り止めには。
でも、キャップのきつさはちょうど良いあんばいで、使い勝手良いです。

ボーテックスLVS-1SR-TOEF(PILOT)
で、こっちも一応捕獲。前の、塗装改造しちゃったので。
でも、万年筆はまだ一本しか持ってないんだよねw
まあ、こっちもOHTOリフィルが入るので、筆ペン化とか出来て楽しいので良いかな、と。

てか、また帰りに道に迷った。
新青梅を南に……と思ってたら思いっきり北に出てたよ。
なんだかなー。

PageTop

君が僕を2 私のどこが好き? (中里十・山田あこ、ガガガ文庫)

あけましたおめでとうございます。
あまり見てる人いないと思うけど、今年もよろしくお願いします。テヘ。
ま、明日からまた忙しいので、更新はぼちぼちだと思いますが。
というわけで、積んでた感想文を。

前作はあれで綺麗に終わりました、ちゃんちゃん。だと思っていたので、本屋で見かけた時はびっくりしました。
というか、忙しい時に、必要な本もなく、「たまには見てみるか、テヘ」と思ってラノベコーナー行ったら
発見しちゃうんだから運命感じちゃうね。
2巻だけれども。

まあ、でも今回は(前回からそうかもしれないけど)続ける気満々でしょうね。
今回も最後が「君が僕を」だったら悶絶する準備をしていたのですが、それはなかったようです。
ある意味ほっとしたり。

で、今回のテーマ?は「私のどこが好き?」だった訳ですが。
正直に言えば今回はあまりピンとこなかったかな、という気はします。
まあ、「空」と違って、子供のする質問じゃないですよね?あー、そうでもないか。
だけど、こっちはもっと簡単な模範解答もある感じがするので、無理にリアクションを作らなくても、と思わなくもないです。
が、考えてみれば……一頃のドラマによくあった模範解かもしれないし、
あるいは漫画のテーマになってるそれかもしれませんね。
人が人を好きになる理由は過去にあるかもしれませんが、人が人を好きになる意味は未来にある訳で、 そう言うことかもしれません。(ネタバレかもしれないので隠しておきますね)

と考えてみて、ふと因果関係とかを思い出してみたり。
通常、因果、といえば原因があって結果がある訳ですが、実際問題私たちは結果無しに原因を発見することは出来ません。
ずっと昔から不思議だったのですが、宇宙開闢の頃には数学はあったのだろうかとか。
数学(あるいは物理学)というある種の原因を見つけた私たちは、宇宙の創世のプロセスをその数式になぞらえて読み解くことが出来ますが、その数学は、(人類の発生から見ても)長い年月を経て、様々な数学的現象の結果を眺めて、初めて発見しうるものです。
要するに現象からすれば因→果ですが、考え方、概念としては因←果の順序で発生することになります。
何のことはない、考え方の世界から見れば数学はやっぱり後々発生する事象に過ぎない訳です。(当然だけど)
まあ、こんな事は鶏と卵のことを必死に悩むようなものかもしれませんが。

ずいぶん脱線した感じもしますが、この作品の中で生じる会話は、割とその原因と結果が逆さになってる感じがして、まあ実際に私たちは答えを用意して質問を投げかけたり、それを察してわざと意地の悪い答えを返したり。あるいは相手の聞きたいことが解りきっていても、字面に縛られて思うような答えを出来なかったり、売り言葉に買い言葉で……となってしまったり。
というか、主人公の淳子さんは時々のーてんきな発言をしてて結構微笑ましかったりする訳です。

あ、章のタイトルが「むずかし~」って感じでほったらかしです。あはは。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。