La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

その後……

P1000001_20101231182247.jpg
ばっさり。後ろは砕いちゃったけど、ネジ部分くらい残すんだったかな?シャーペンのノックキャップがぴったりなのがちょっと愛嬌。(ジムメカだったかな?)

胴軸は一瞬でした。(切るだけだし)
あとは、カバーをどうしようかと。
径が8.4~8.6mmなんだけど、内径9mmってあまりないんだよね。
1)内径1cmのを買ってきて外側を削る
2)内径8mmのを買ってきて内側を削る
3)内径8mmのを買ってきて分割してパテでごまかす
4)放置w
う~ん。
というか、インク何入れよ?色で言うと山葡萄一択なんだけど、最近プラチナインクのぬらぬら感に嵌ってるんだよな……

P1000002_20101231182247.jpg
キャップはちゃんと後ろに嵌ります。胴軸作ればビッグボーテックス!とか商品化できそうですよねwあ、首軸も削らないといけないんだけど……

スポンサーサイト

PageTop

ネタ写真。

ついでなので撮ってみますた。

P1000011_20101231042859.jpg
なんかかわいいですよね。ネジが蛇足ですが。長さはヴォーテックスよりほんのり短い。

P1000014.jpg
でも、ちゃんとキャップが後ろに挿せます。

P1000012_20101231042859.jpg
con-70を挿せるように改造。ずいぶん長いことやすりまくったお。疲れたお。

P1000013_20101231042859.jpg
でも、まだボディ改造が待ってる件。(通らない)
てか、買ってきた方の胴軸の尻の飾りが固くてとれない……orz

つづきを表示

PageTop

デスクペンペンジEF DPP-100-B(PILOT)in竹取物語 ナチュラルCB-T10A(OHTO)+インクBLUEBLACK(PLATINUM)

dpp-100-b (1)
ペンジは本当は本体黒だったのですが、改造してしまったため……これで。オートはリフィルが豊富で楽しいですよね。筆ペンリフィルとかw

前に、竹取物語に嵌るオートの万年筆無いかな~、なんて話を書いたと思うのですが、
ふと、デスクペンペンジってサイズ近くね?と思って入れてみたら、ぴったり。
う……今まで何で気がつかなかったんだという。
1000円+1000円=2000円で竹軸万年筆が完成しましたとさ、というお話。

dpp-100-b (2)
一見似てもにつかないペンですが……

パイロットのEFにプラチナインク入れたらどんな感じになるだろ?と実験。
で、こんなフランケンシュタインな構成になりました。
あ、ペンジのペン軸は簡単にばらせるので(簡単過ぎとも言う)万一詰まっても安心かな、とか。

つづきを表示

PageTop

妖しいページ更新

今回はちょっと短いですが。さらにエロ成分無いですが。
まあ、主人公の勘違いっぷりとゆっくり楽しんでみてくださいw

PageTop

リクルート万年筆(Sailor)+色彩雫山葡萄(Pilot)

recruit (1)
ださいださい言ってすみません^^でも、あんまり好きでないのです。この色。
サイズ比較で、タッシェとプレラ置いてみました。細いですよね。

ネタつきたなーと、セーラーのデスクペン改造を出す予定だったのですが、
セーラーといえば、これがあるのを忘れてました。
確か、パイロットのデスクペンの次くらいに買ったかな。
ヨドバシに置いてあって、安くて、妙に細い万年筆だったのでつい手が伸びたのでした。
いや、実は色がダサイなと思って躊躇したのですが。
青系は好きなんだけどね。う~ん。

recruit (2)
これもついでに比較写真で。細長いって感じです。

つづきを表示

PageTop

デスクペン 極細 DP-1000AN#1(PLATINUM)+純正黒カートリッジ

dp-1000an#1 (1)
1000円のモデルです。軸には山字型の妖しいマークとDESK PLATINUMの刻印。
キャップがてかってるのは、磁石仕込んで黒テープで固定してるため。

プラチナのデスクペンです。
グレードがいくつかありますが、今回使ったのはあまり見かけない1000円のモデルです。
生産終了では無いはずですが、買ったお店でもちょっと埃かぶって白くなってましたw

dp-1000an#1 (2)
で、普段使用のバージョン。DPQ-700の軸をカットしてあったので、交換。
検索してみると、デスクペンのカット改造してる人って結構いるみたいですね。まあ、考えることは同じかw

で、実は軸を短くして使ってます。
というか、1000円の軸はちょっともったいない感があるので(尻の金属部分とか)
700円モデルのカット済みのを移植(貸し出し)してます。

つづきを表示

PageTop

Sailor21ショート太軸万年筆(Sailor)+色彩雫山葡萄(Pilot)

sailor21 (1)
えっと、軸は塗装してあります。ガンダムマーカーでw
マーカーはさすがに純色じゃないとむらむらになりますな。(下手だからともいうけど)
あ、塗装はプラを痛めるようなので注意。(割っちゃったのがあったり……)
というか塗り直しがまずいんでしょうね。シンナー(原液)使うので。
でも、缶々買って綺麗に塗り直したいところ。

ネタが尽きかかってきたので、ちょっとヴィンテージモノで。
名前は検索してそれっぽく書いてるだけで、正式名称は解りません。

sailor21 (2)
キャップ状態。比較置いておけばよかったですね。タッシェとほぼ同じ長さですが、太いです。
さすがにヴォーテックスには負けますが。
最初は細身が好きだったのですが。最近は太めが好きになったり。やっぱ楽に握れるので。

てか、買ったのはつい最近ですが。割と近くの文房具屋で、一本1000円でポケット万年筆が……
でも、こういうのってほとんどピンクしか残ってないんですよね。
で、プラチナばっかり。パイロットはほとんど見かけません。
そこで、よく探したらセーラーが少し混じっていたので捕獲してみたのです。
これは、ショートにしては妙に太い、21kのもの。

つづきを表示

PageTop

妖しいページ更新

一日目が終わっても淡々と続くのです。
二日目は3分割予定。あまりエロ分は無かったかな?
まあ、のんびりおつきあいください。

PageTop

薄型クリップ

最近、システム手帳でスケジュールチェック(管理じゃなくてw)してるのですが、
こう頻繁に……ページの開け閉めをすると、しおりが欲しくなるわけです。
まあ、標準でスケール兼のしおりがあるのですが、これは真ん中に入ってるので開け閉めの時は不便なんですよね。

usu-kuri (1)
左がどこかから肖像権訴えられそうなクリップ。右はダブルクリップの極小の。(小さくてかわいいω)
左のって、うちにはあと鍋ぶたの取っ手にいて、案外、機能的なデザインなのかと思わされたり。
検索して知ったのですが、この手のテクニックは割と常識らしいですね。(普通はしおりが書くのに邪魔なのでこうするらしい)

で、ゼムクリップを使っていたのですが、耳付きのがあってこれが便利なのです。
開けるときに指が引っかかるので、一発で目的のページが開くという……
(思いっきりミ○キーですがwまあ、動物系のクリップでもいけますね)
しかし、これにも欠点があって……挟むのが面倒なんですよ、案外。
これは普通のゼムクリップと形が違うのでなおさら、ですが……まあ、動物系もそんな感じのような。

で、ダブルクリップとか便利かなと思ったのですが……
これはこれで厚みがあるし。(あ、でも極小のはあまり邪魔にならないか?)

で、(で三連発w)薄いクリップって作れないモノかなと考えてみたり。
でも、こういうの……探せばあるのかな?

usu-kuri (2)
考案したモノ。平行に開け閉めできるから、かさばらないかニャーと。
ああ、何十年かぶりにペン入れした気がするよ。(COPICMULTILINERSP0.03、案外ペン先しっかりしてるね、これ)

つづきを表示

PageTop

Plaisir PGB-1000#28(Platinum)+プラチナカートリッジ黒

plaisir (1)
ちょいと比較でプレピーと。プレジールってプレピー+シールで命名したのかと思ってましたが(それならスペルはPresealですね)フランス語の喜び、娯楽って意味の単語から取ってるんですね。フランス語の「悦び」か……w(偏見)

無改造、かつインク入れてる万年筆はあまりなかったりするのですがw
ということで今日はプラチナのプレジール。
プレピーは全部使い切っちゃっててねぇ。
しかし、この辺、価格評価しにくいペンですよね。なんというか。

つづきを表示

PageTop

それを言っちゃお終いよ、なのかな?

「火の鳥は近親相姦があるけど規制?」 猪瀬副知事「されません」「傑作であれば、条例なんてないも同然」
まあ、言ってることは間違っていないと思います。
全裸の肖像画が芸術的評価されるのだって、まあ、「傑作だから評価される」のでしょう。
世の中そんなもの、って言うところまでは良いのですが、

>まずは傑作を書いてから心配すればよい。

前提として傑作が書けてしまうのなら、世の中のクリエイター誰も苦労しません。

PageTop

Tasche FF-10T(OHTO)+色彩雫松露(PILOT)

ff-10t (1) 長さ比較でラパ置いてみました。小さいですよね、うん。長さ10cm弱です。

えっと、最近買った松露を入れてるヤツで。
てか、いきなり改造モノ行くのもアレだしな……と思ったら、これ一択だった。
普通?に買える万年筆では、最小なのかな?


つづきを表示

PageTop

ノンナンセンス万年筆(SHEAFFER)+純正インク

nonnonsence (1) ま、形状としてはかなりシンプルです。キャップとボディの容赦ない段差とか。

吉祥寺東急のレジ横に置いてあったので。
1000円前後のプラ軸万年筆は気楽に改造できるから買っちゃえモードで。
開けてびっくり。
カートリッジが非汎用+ロングサイズじゃん。うわー。
ま、いっか。

つづきを表示

PageTop

妖しいページ更新

やっと1日目終了。ふう……
といいながら、まだ先は長かったり。
エロもあるのですが、かなり先だったりします。
まあ、この辺はノリとしては某姉ゲというか、純愛モノエロゲ的というか。

つづきを表示

PageTop

アルミ丸軸万年筆(無印良品)+色彩雫山葡萄(PILOT)

muji-marujiku (1) シンプルですね。ま、無印らしいというか。

万年筆ばっか使ってると、筆圧が下がりすぎて、シャープの時に困りそうな感じがしますが……でも、今日も万年筆。
今度は無印良品から。
結構昔に買ってますね。今売ってるのとは違うバージョンです。グリップがプラの。
当時はそんなに万年筆に興味がなかったと思うのですが……まあ、値段が手頃でついふら……っと買ったのでしょう。

つづきを表示

PageTop

TradioTRF/TRL(Pentel)+純正インク

tradiotrf (1) 下が元来万年筆が入っているボディ。で、上のと入れ替えしてます。今一下のボディは好きじゃなくて。
でも、一般的には下の方がウケいいでしょうね。でも、個人的にはボールペン用ボディなんだよなぁ……イメージ的に。

えっと、次はぺんてるで。
なんか変わり種から攻めてる気がしますね。
トラディオはシャープ、プラマン、ボールペン、万年筆とあるのですが、
実はボールペンのつや消しが一番好きで、両方買ってニコイチしてます。

ついでに、安い軸(=プラマン)もう一つ買って短軸改造する予定だったのですが……まだしてなかったり。
トラディオの万年筆は国内ではあまり売っていないらしいのですが、
吉祥寺Loftには海外逆輸入コーナーがあって……で、買ってみました。

つづきを表示

PageTop

F-Lapa FF-10B(OHTO)+純正?インク

いやー、万年筆を使うときもコクヨのノートで練習していたのですが(どこにでも売ってるし、罫の種類がぱ無いし)
どうも、インクの乗りが今一っぽいんですよね。
……いや、単に汗っかきだから、という気もするけど……
で、めぼしいノートを買ってたらちょっとストックがたまりすぎて(アホ
しばらく万年筆強化月間かなーと。

f-lapa (1) てかてかなので、すぐ手油つきます。普段使いなら気にしないんだけど、撮影だとちょっとね。(シャープの時はしょっちゅう付けてますがw)

いやね、インク入れた万年筆が10本超えてるってのもあるし。
で、最初はこれ。
えー、最初オート……?
でも、インクそろそろ使い切りそうなので。さくっと。……終わらなかったけど。

つづきを表示

PageTop

うは、CON-70はやっぱり最狂ですたw

いやー、長さ足りなきゃ軸足すとか何とかなるだろ、と思っていたのですが……
デスクペン系は細すぎで全滅ですなw
CON-50が最大径8mm、CON-70が9mm、たかだか1mmの差なのですが。
con-70 (1)
ペン習字ペンでアタリ取ってるところ。黒はCON-50最適化、透明はPetit1カートリッジ最適化してあります。既にw

つづきを表示

PageTop

:PRO:0.7mm(○☆sun-star)

:PRO: (1) グリップが半田ごて?いや、なんだろ……的な独特なふいんきです。

あれ?まだやってなかったっけ……
そっくりデザインのhi-fitはやってますね。
てか、上位バージョンでしょうか。あっちは350円、これは500円。

つづきを表示

PageTop

妖しいページ更新

淡々と更新しています。
ページデザインも何とかしたいところですが……どうもねぇ。
と何となくほったらかしになってしまうのでした。
う~む。

つづきを表示

PageTop

fff Fits Finger Finely 0.5 P115(Pentel)

P115 (1) 黒軸に緑グリップのモデル。検索で見ると赤グリップがちょっと裏山粋。
GRAPH1000で時々エフスリー(構造)って出てくるけど、これ(fff)の事でしょうかね?

どこで買ったかな……?三鷹の小さな文房具屋かな?
検索するとヘアラインの無塗装のが多く引っかかりますね。
これは、黒塗装のバージョンです。

つづきを表示

PageTop

triplus micro 0.5mm Art.Nr. 774 25(STAEDTLER)

77425 (1) 銀ピカボディーです。いや、光沢があるものの、暗めのマットシルバーって感じですが。

あ、まだやってなかったっけ。
吉祥寺にSmith屋が出来たときに買いに行ったので、かなり最近です。
てか、これ自体新しい商品かな?
なんか、妙な質感のペンです。

つづきを表示

PageTop

Sailor0.5ショート……気味のシャープ(Sailor)

sailormini (1) sailormini (2)
黒金のシャープです。このカラーリングだけでレトロって感じがしますね。まあ今でもこういうのはあるとは思いますが。

前もやりましたが、近所?の文房具屋でショートタイプのシャーペンが600円均一で。
で、見たらセーラーのがあったので拾ってみました。
見た目は、まるでプラチナのヤツとそっくり。てか、万年筆にあわせてるんでしょうね。
ただ、これは1cm程度長いです。(それでも普通のシャープよりは短い)

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。