La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サクラ クリエートシャープ 0.5(SAKURA)

sakura create (1)
昔はこのサイズのペンが結構出てた様ですね。シャツのポケット様でしょうか。ポケット系万年筆と同じサイズだし。
検索すると(かっこいい)柄付きのとかもあったみたいですが、これは結構シンプルな柄無しです。

さて、短いシャープやろうかな……と思ったら、すでにやってるじゃんw
って事で、これはまだだったかな?
あれ、クリエートってどこかで聞いたような……って昨日やってるじゃんw

sakura create (2)
口金部。グリップに滑り止めの溝です。傾斜は途中で段差。スライド機構の都合?って感じの位置ですね。

ということで、サイズこそ違いますが、同じスライドスリーブ(シールにはスライド式の表記)、軸構造も同じ(まあ、これはこの年代のは……)といろいろ勘ぐってしまいますが。(検索すると、スライドスリーブの特許はサクラペンシルが持ってたとか?)

sakura create (3)
ノック部分。ここはシンプル。軸終端はそんなにエッジ立ってません。(トンボのに比べて)

sakura create (4)
口金内部。ちょっと明るくしてみた。スリーブ終端にパッキンが付いてますね。昔のってスリーブやパッキンが簡単にばらけない事が多かったような。チャックは金属三分割。ねじにたぶんゆるみ防止のゴムパッキンが。

sakura create (5)
ケシ部。ここの処理が似てたので「あるぇ?OEM?」ってなったわけで。

sakura create (6)
てことで全パーツ。あ、芯が多めに入ってます。昔はこれくらい入ってることが多かったような。(そうでもない?)

で、使用感ですが……トンボのと太さはさほど変わらない気がするのですが、慣れたのか、バランスなのか、細くて握りにくいって印象が無かったです。もしかすると滑り止めの位置のせい?(握る部分はさほど変わらないはずですが)
あと、クリップの全部がやや傾斜を強めに付けてあって、トンボのよりも当たりが気になりませんでした。このクリップはありがちな構造で、たぶん楽に外せるんじゃないかな、と。(アーチを押して、浮いた後部に爪をかければ外れる……はず)トンボのは(丁寧に)内部中央に爪が仕込んであって、とれにくそうでしたが。
まあ、でもやっぱりボディが短いので、長時間筆記だとやや疲れます。あと、質感のせいか、短いせいか、ややずっしりした感触ですね。まあ、手帳に仕込むには悪くないシャープだと思います。ややボディ中央は太さがありますが。

sakura create (7)
シール。許可番号は商標?特許?

sakura create (8)
長さ比較。トンボのよりワンランク短いボディです。下のはプラチナのポケット万年筆。これは、同じデザインのシャープがあったはず。

長さは約11.8cm。(スライド収納時)、スライドは最大約3mm。軸径はグリップ部で約6.8~8.6mm。
重心は中央よりやや前。5mmくらい?軸中央の分割部より1mmほど前です。
重さは約14.3g。長さの割に重さがありますね。まあ重い部類まで行きませんが。

スポンサーサイト
FC2タグ : シャープペンシル シャープ0.5

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。