La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

T100chiを買いますた。

実は年末になんですが、そろそろテキスト打ち用のノートは欲しいなーと思いまして。
前回から、もう4年たってますね。
ああ、その前もそれくらいか。ちょうど買い換えシーズンだったんですな。

写真撮影しようかと思ったんだけど、なんか作業時間が余り取れそうにないのでテケストオンリーで。

選択基準

一昔は、安いノートが結構あったんですが、最近は安いPC=タブレットになったせいか、あまりないですね。
しかし、今回の動機が……まあ、今のノート(ポジ)がWindPadなんですが……
・ファンがうるさい><(外れだったのかな……)
・キーボード選択に難儀する(ソフトキーボードだとやっぱり急場しのぎ以上にならないし)
・そもそも、外ではスタンドがないので……
って感じで、条件としては「キーボードを持つ軽いPC」って感じでした。

で、結局……ノートだとほぼx205taが一択だったのですが、ほぼ同じ値段でt90chi,t100chiがあるわけで……
大きさ的にはt90chiがかなり良さ気だったのですが、
・タッチパッドがない(Windpadにもポインタ付いてるし……で割と重要だったり)
・解像度がイマイチ
・なんかデジタイザがあるらしく……なら、少し大きい方が使いやすいじゃん(メモ書き的に)
ということで、t100chiに相成りました。
ただ、デジタイザ用のペンは未購入です。(ずっと品切れ……tc1100的に使えるので期待中なのですが)

第一印象と、最初にやっておかないと行けないこと

第一印象は……重いですね、これw
かなりコンパクトで薄いのですが、そのせいで鉄の塊を持ってる気分になりますw(ちょっと大げさ)
というか、キーボード込みで1.08kgなので、WindPadを超えますね。
(キーボード一体で、一回り小さい感じなので)
そりゃ……重く感じるか。

で、ちょっと失敗したかもしれないのが、やっすいモデル買ったので、ストレージ(eMMC)32GBのモデルを買っちゃったこと。
office要らないや……って感じで選んじゃったので、ちょっと盲点でした。
まあ、64GBのモデルは15k円くらい高いので微妙なところですが……交換できないし。
(この辺、WindPadは拡張面が緩くて良かったのですが……そうすると、このサイズじゃ作れませんよね)
テキストメインなので、あまり要らないのですが。
開発環境(VisualStudio)を入れたかったのですが、これの2015が、10GBオーバーを要求するので。
ああ、なんで今時の開発環境ってこんなディスク馬鹿食いなんだろ。

そうすると、リカバリの領域が馬鹿にならないのですが……(10GB喰ってる)
もう一つ失敗したのが、これのリカバリディスクを作る前にWindows10のアップグレードをしちゃったこと。
これやっちゃうと、リカバリディスク作れないので……(ASUSのユーティリティも、回復ドライブ作成もダメでした)
もし、待避を考えてる人は、先に作業するように!(ここ重要です)

そう言えば、デフォルト状態で、時計が狂いまくる症状がありまして……(1時間に15分……だっけ?)
個人的には、BIOSアップデートで直りました。
ASUSのページからwinflashをダウンロードして実行。
BIOSデータは勝手にツールが拾ってくるので、ダウンロードする必要はありません。(便利!)

ハード周り(てか、キーボード関係)

キーボードは、サイズ感は良い感じですね。タッチパッドがあってパームレストに出来る空間があるので、寝モバの時は楽です。
ただ、ヒンジがあまり開かないので……外した方が普段は便利でしょう。
(ヒンジは開けられるように改造できるようですが……)
あ、そう言えばキーボード設定がJPなので、USキーボードをつなぐと配列狂いますね。
デフォのキーボードがBlueToothなので、システムの設定をUSにして、ドライバでJPに設定した方が汎用性はあるかも。
(まだやってないけど……デスクトップとかはこんな感じ)

タッチパッドは少し窪んでるので、クリックが少し違和感ありますね。
LooxPの時も(ボタンで)やってたのですが、押す場所に少し厚みのある物を貼っておけば使いやすいかも。

キーボードはBlueToothなので、充電が必要です。
で、本体と別々に充電する感じになっています。
ちなみに、本体とキーボードをケーブルでつないだら、隠し機能で有線認識する……かと思ったらそんなことはなく、
単にキーボードを本体バッテリで充電しました。(意味なっ!)
充電は面倒ですが、キーボードはあまりバッテリ減らないので、普段は気にする必要はないです。

本体とキーボードは磁石で接続する感じです。
結構いい加減にくっつけても、割とすんなり入る感じです。ただ……ガラス面に擦り傷が出来ないか不安にはなりますがw
(接続部にフェルトが貼っていあるので、そうそう擦り傷は付けない感じみたいです)
ちなみに、磁石は接続部(3箇所)の他、反対側に二カ所、あと短編側中央くらいに一個ずつ入ってるようです。
閉めた時に安定して固定するためですかね。ヒンジの接続部は少し遊びがあるので。

細かいことですが、このキーボードはスイッチが付いてるので、
よくプログラマがしてる(他の人もやってる?)ノートの上にメカニカルなキーボードを置いて……って技を安心して使えます。
もっとも、キーボード重いので、ちょっと不条理感ありますが。(予備バッテリにもならないし)

ソフト他、画面表示

edge(Windows10のブラウザ)は使ってみたんだけど、反応が良くないのでスルー。
(タブの切り替えで反応が無くなったり……メモリが少なめだとダメなのかも)

ブラウザの表示は、全般的に線がかすれた感じで……
最初はWindows10の新しいフォント、游ゴシックのせいかと思ったのですが、
どうも、t100chiはドットピッチの都合で、dpiの拡大率が150%だったようで、結局100%にしました。
エロゲとかやるならwこの辺は必須設定でしょうね。
(解像度は2カ所変えた気が。こういうところ分かりにくいよね)
最近、老眼気味で小さい字は厳しいのですが……それでも、まだ見やすい感じ。
ただ、×(クローズ)ボタンを押すのはすごくきついです。
許容できないなら、逆に200%とかにすれば意外と見やすくなるかも。
(この辺は……xp辺りの方が設定は変えやすかったんですが。最近のOSは自由度をがんがんスポイルしてくる印象です)

総評

まあ、でもなんだかんだ言っていい感じですね。
ファンもないから図書館でも使えるでしょうし、atom系は初めてなのですが、特に重いって印象もないですし。(4コアだしな)
本体の重さが気になる時は、キーボードを外して運べばかなり軽い感じです。(テキスト入力がない時は、ですが)
あとは……デジタイザが使えるかどうか、ですね。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。