FC2ブログ

La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

ZOOM 505sh(TOMBOW)

ZOOMシリーズ。
こちらによると23年前からあるようですね。
もっとも、これは……クリップ後ろに2001.5.って書かれてますな。
あれ?もうちょっと前に買ったかと思ったんだけど。
しかし、0.5の製図用でもないシャープに2000円使うとは……酔狂な。

いわゆるキャップタイプのシャープです。
キャップ時にノックが禁止されるわけでもないので、あらかじめ芯を出しておくことも出来ますね。
でも調子に乗ってノックすると3mm出るので注意。
まあ、1ノックしておけば、開けて直ぐ書けるとかそう言う。
キャップするときに芯をしまう必要もないのかな。

キャップ内側には、丁寧にインナーキャップが付いています。
うーん、ボールペンとかと共通なんですかね?
あるいは、これがないとしっかりホールドできないとか。
……よく考えたら、ノックをホールドさせるためですね。

口金は三角錐です。後ろがちょっとくびれてますね。キャップの保持用でしょうか?
三角錐の後部に筋が一本。
あ、これ……外れるのはこの純粋な三角錐(筋の後ろまで)だけですね。
ゴムがないとちょっと外せません。滑るので。
スリーブは2mm弱。
チャックも安心の金属製ですね。このペンはグリップ×2、ケシ、インナーキャップ……あ、あとキャップてっぺん(芯径が書いてある)以外は総金属です。

グリップはゴム。口金の後ろが鼓状、その後ろに付け足しで筒状の部分があります。
筒状の部分はキャップ時も露出しています。開けやすいようにでしょうか?
でも、ゴム表面は割とさらさらしていて……滑り止めには十分ですが、キャップの固さにはあまり効果的なグリップになっていないような。
グリップ前半部は、普通より若干太いって感じですが、後半部が太いので、握ったときは総じて太いグリップって感じになります。書き方持ちでも一応安定するのですが、本体が重いし、親指がグリップの境目辺りに当たるので、ついつい握ってしまいます。し、その方が楽でしょう。

重心は中央やや前より。(キャップを後ろにつけた場合)7mmほど前でしょうか?
外した場合は5mmほど前。筒状グリップの後ろの方です。

クリップはキャップに付いています。これ、キャップを差した場合はかなり胴体が長い(って言っても、404より1cmは長くない)のと、その胴体最後端に付いている格好になるので、まず当たりません。
それでも気になる人はキャップを外して使いましょう。それでもノックは出来ます。
あ、ちなみに……キャップを閉めた場合は、普通のシャープ並みの長さになります。(404よりほんの少し短い)

ノックはキャップ越しに出来ます。キャップが無くても出来ますが、ちょっとノック部分の露出が短いのと、二段ノックっぽい感触で(柔らかいバネ→チャックのバネって感触)いまいちです。キャップしてるとあきらめの製か、あまり悪く感じないのですが。キャップのせいで、動きが安定するのかな?

これ、中にケシが入っているのですが、ノック部分はそのまま外せないので、胴体後ろを回す必要があるみたいです。キャップしたままだとえらい使いにくいような。
胴体後部の筒も結構肉厚ですね。普通、こういうのはがらんどうとか内部はプラだったりとかなのですが。
ケシは白。受けは金属で、針金付きです。ケシと言うより、針金のためにつけてるのかな?
あ、ノックの感触悪いと思ったら……これ、バネの長さ、胴体後ろの部分と同じだけありませんか?
入り口からバネらしいものが見えてるような……w

というわけで、筆記感ですが……このペンはとにかく重いです。実測35gオーバー。スーパープロメカ真っ青です。(もう基準になってますね)
で、普通に書いているとすぐ親指が疲れてしまうのですが……案外と、握力が無くなっても安定しています。先端をコントロールするのにあまり力がいらないというか……まあ、なので慣れれば、握りを緩くして、自重で書く感じになるんでしょうか。
太くて、重いのも平気……とか、長く書かない場合(署名とか……はシャーペンじゃしないよなぁ)なら、まあ手応えを楽しみながら使えるのではないでしょうか。

でも、どっちかというと0.9に柔らかい芯を入れて書き殴る方が似合ってるかもしれませんね。
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する