La.系ぶろぐ

個人的いろいろメモ。シャープペンのメモにちょっぴりゲ○ツの悪口が混じってるただのチラ裏。

FITCURVE PS-300(KOKUYO)

ps-300.jpg
紺に白グリップ。ポップな色ならmidoriやsuntarなシャープって感じですが、これは濃い紺です。

メーカーページ
あ、ゴムデルのペンが残ってると思って使ってみたのですが、前に0.9をやってる見たいですね。
でも、0.9のが見つからない。どこやった……
比較しようと思ったのに。

ps-300 (1)
ゼロシンの分割は見えませんよね?スリーブはキノコ状で、ノック時以外は動きません。

口金は僅かに紡錘型。スリーブは特殊な形状……と思ったらZeroshinですね。(分割線見えなかった……歳じゃ)
なので、口金が開きませんでした。これ、どうなってるんだろうね?

グリップは樽型、山が少しペン先によってる感じです。よりによって毒栗系の真逆。
でも、書き方持ちでも使えますね。かろうじて。ただ、筆圧(握力じゃなく)が高い人は安定感がイマイチかも知れません。
まあ、0.5でそんな筆圧掛けたら芯が砕けると思いますが。

ps-300 (2)
ノック部。ケシは2mmほど窪むところまで収納できます。

ボディは僅かに中心がくびれています。
クリップはグラマーな形状。一体成型です。割と当たる位置のはずなんですが、あまり気になりませんでした。何でだろ?
キャップはキノコ型、とでも言いましょうか。ダイヤル状に溝が掘ってあります。
消しゴムは直径7mm。長さ約25mm。(出てきた長さです)色はライトブルー。ボディ色に合わせているのでしょう。
ボディ内部はすり鉢状になっていて、芯が真ん中に誘導される形状です。

重心は中央やや前。5mm程度。銀のリングの僅かに後ろです。
重さは約15.7g。それなりに重みがありますね。

ps-300 (3)
ケシユニット。この辺は汎用でしょうね。

という訳で使用感ですが、グリップがエラストマーらしいですが、少しべたつきますね。まあ、べたべたではないですが。
バランスはいいです。筆記中振られたりしませんし、指で転がしてもいい感じですね。
書き方持ちを意識していたので少し手が痛くなりましたが(握力かけ過ぎだと思)普通に慣れたグリップすれば疲れないと思います。

デザイン的に結構まとまっているので、ま、お勧めではないでしょうか。
ロゴがライトブルーのせいか、紺のボディでもあまり安っぽさがないんですよね。KOKUYOはこういうところがソツなくて好きです。
(ま、筆記具のブランドイメージとしてはいまいちなのですが。ノートメインというか)

スポンサーサイト
FC2タグ : シャープペンシル シャープ0.5

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これは割れてませんよ。

フィットカーブのゼロシンは先っぽわれてないですよ。
新ゼロシン機構ですね。トップチャックよりかなーり余ります。
初期の方は
先っぽわれてたんですがねぇ・・・。

サックー | URL | 2015年07月21日(Tue)15:14 [EDIT]


Re: これは割れてませんよ。

コメントありがとうございます&長期間放置で済みません……
(忙しい時期だったので、すっかり付け忘れてしまいました)

ちょっと調べてみたかったのですが、すぐ出てきませんでした。
(0.9のは出てきたんですが、こっちは普通の機構っぽいですね)
チャック割れのゼロシンはノック感がイマイチ好きでは無いのですが、
残り芯が少ないのは良いですよね。

La. | URL | 2016年01月11日(Mon)03:56 [EDIT]